Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: リバウンド

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(4/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 1万9500~2万1500円! 米国の「経済活動再開」の 流れや、アマゾンなどのハイテク株の株価上昇に期待 - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/20〜24)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 最近の日経平均株価は、値動きの少ない“こう着感”が強い相場展開ながら少しずつに水準を切り上げてきており、来週(4月20日〜24日)の日経平均株価も、その流れが継続する見通しです。米国ではトランプ米大統領が、経済活動再開に向けた連邦政府のガイドラインの概要を発表しました。感染拡大による景気悪化への警戒から、出口戦略へ向けた流れにシフトしてきたと言えます。

米国株は順調にリバウンドし、年内には過去最高値を 更新する可能性も!? ただし実体経済は悪く、一時的な 下落局面も予想されるので、今は「押し目」を待とう - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週の米国株式市場は急伸しました。S&P500指数は、週間ベースで+13%上昇し、3月23日の安値からは+25%となっています。この上昇によりS&P500指数は、「半値(600.83)戻し」の水準である2792.69に肉薄しています。「半値戻し」をほぼ達成したということは、米国株には反発力があることを示唆しており、いずれニューヨーク市場は過去最高値を更新する、それも年内に実現する可能性が未だ十分残っていることを意味します。その反面、米国株のこれまでの上げピッチは「少し性急すぎる」観があります。それというのも、経済指標のデータに米国経済の悪さがハッキリと反映されはじめているからです。

来週(4/13~17)の日経平均株価の予想レンジは、 1万8500~2万500円! 個人投資家の「押し目買い」 意欲が高まる中、低迷していた「直近IPO銘柄」に注目 - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/13~17)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週の株式市場ですが、出来高が大きく膨らむ展開は期待しづらく、先物に絡んだインデックス売買の影響を受けやすい状況が続きそうです。ただ、薄商いの中では、日銀のETF買い入れのインパクトが大きくなりますので、底堅さが意識されやすいでしょう。また、3月以降、多くの企業がIPOを取りやめました。その影響で行き場の失った資金のシフト先として、「直近IPO銘柄」を見直す流れが強まりやすいでしょう。

日経平均株価は「6月のメジャーSQ」まで上昇基調!? その後、7~8月にかけて「二番底」を目指すが、新型 コロナの感染状況次第では下落が早まるので要注意! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 欧米で、新型コロナウイルスの感染拡大の勢いが鈍っているとの見方が強まっています。こうしたコロナ情勢の改善期待を背景に、4月6日のNYダウは急反発し、前週末比1627.46ドル(7.73%)高の2万2679.99ドルでした。東京株式市場は、週明けの4月6日から好調です。週末に新型コロナ感染拡大の鈍化期待が高まっていたことから、6日の日経平均株価は前週末比756.11円高の1万8576.30円でした。前日の米国株の大幅高と、安倍首相の表明した大型経済対策、そして円安が好感された結果です。円相場に関しては、株高を受けて、世界で運用リスクをとる動きが広がっているため、安全資産の円が売られているようです。

日経平均株価が終値で「25日移動平均線」を超えれば、 2万237円まで上昇する可能性も! ただし東京がロッ クダウンするリスクもあるので、慎重なスタンスで! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株がようやく落ち着きを取り戻しつつあります。やはりこれは、大型経済対策で、トランプ米政権と議会が合意したことが大きいでしょう。ご存じの通り、トランプ米大統領は3月27日、議会が可決した2.2兆ドルの新型コロナウイルスの経済対策法案に署名し、同法は同日成立しました。対策の規模は米国のGDPのほぼ1割に相当し、まさに大盤振る舞いです。当面の日経平均株価に関しては、1月17日の2万4115.95円から3月19日の1万6358.19円までの下落幅は7757.76円、下落率が32.17%でした。

来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジは、 1万7500~2万500円! “ロックダウン”が実行されて 東京が封鎖されれば、株価は二番底を目指す展開も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月30日〜4月3日)の株式相場については、慎重な見方が大勢のようです。3月27日が3月決算企業の権利付き最終日なので、配当落ち分を先物でカバーする“配当再投資”による需給が、27日から週明けの30日辺りで終了します。期末にともなうGPIFの買いが一部で見られそうですが、今週のような強い押し上げ要因にはなりづらいでしょう。さらに、この週末に感染者が爆発的に増えるようだと、週明けの波乱展開が警戒されます。

日経平均株価のリバウンドが本格化すると2万542円 まで上昇する可能性も!? 日本独自の「好需給要因」 により、日本株は米国株の下落に連動しない相場に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株は相変わらず下落に歯止めが掛かっていませんが、日本株はここにきて下げ渋っています。日本では、日銀とGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による官製相場の様相が強まり、米国株が下がってもほとんど影響を受けない状況になっています。さらに、TOPIXや日経平均株価に連動した運用を目指すパッシブファンドが、3月の権利付き最終売買日である3月27日以降にファンドが将来受け取る配当金の分だけ、TOPIXや日経平均株価の先物などに買いを入れる、「配当金の再投資の先物買い」が今週末から来週初にかけて買いが入る見通しです。市場推計では約8000億円で、これも短期的な好需給要因です。

今年のマザーズ市場は、暴落してもすぐに反発する? 東証マザーズ指数先物を使った「売りヘッジ」が、 大幅安のマザーズ市場を回復させるエネルギーに! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東証マザーズ指数がこのところ冴えません。6月27日のザラバ高値1204.80ポイントが今のところ指数のピーク。7月末までは1150ポイント辺りを維持していたのですが、8月に入った途端、今年最大の下落率「3.95%安」を記録。そして週初14日(月)に、安値で1053ポイントまで下げました。とはいえ、今年の東証マザーズ指数は上昇しています。年初からで見れば、8月14日時点で13.23%上昇。日経平均株価の2.21%、TOPIXの5.30%をアウトパフォームしているため、好調な市場といえます。

日本株がこれ以上下落しづらい3つの外部要因とは? 日経平均株価が「52週移動平均線」を上抜ければ、 本格的なリバウンド相場突入となる可能性も! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元で、外部環境が改善し、日本株は下がり難くなっています。主因としては、(1)外国為替市場において対ドルでの円高が一服していること、(2)米大統領選挙で共和党のトランプ氏の苦戦が伝わっていること、そして、(3)原油先物相場が堅調なこと、などが挙げられます。テクニカル的に、日経平均株価に関しては、今後52週移動平均線を上抜けるかに注目です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.