投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ウーバー、リフト、ビヨンドミートなど、最近IPO した注目株の決算を総まとめ! 決算内容からわかる 「買うべき銘柄」と「売るべき銘柄」をズバリ解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国の第2四半期決算発表シーズンについて、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 第2四半期決算発表シーズンは、これまでにS&P500採用銘柄のうち90%が決算発表を終えました。これまでに発表された決算のうち、75%の会社が1株当たり利益(EPS)でコンセンサス予想を上回りました。過去5年の平均は72%なので、普段よりEPSは好調だということです。一方、売上高では57%の企業がコンセンサス予想を上回りました。ただ、過去5年間の平均は60%なので、普段より売上高は不調でした。なお、例年、決算発表シーズンは、大型株から始まり後半へ行くほど小型株が多くなりますので、いまちょうど小型株の決算発表が佳境を迎えているところです。

ウーバー、リフト、ピンタレストなど、注目の小型 成長株の決算内容を総まとめ! 決算で注目すべき 3つのポイントと「買うべき銘柄」をズバリ解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場で注目すべき小型成長株の決算発表を、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説し、「買い」か「売り」をズバリ判別! 今回取り上げるのは、ドキュサイン(DOCU)、ドーモ(DOMO)、ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)、リフト(LYFT)、モンゴDB(MDB)、オクタ(OKTA)、ピンタレスト(PINS)、プルーラルサイト(PS)、シルクロード(SILK)、アトラシアン(TEAM) 、トレードデスク(TTD)、トゥイリオ(TWLO)、ウーバー(UBER)、ズーム(ZM )、ズィースケーラー(ZS)の15銘柄。

「ウーバー」のIPOは、注目を集めたものの失敗! “ライドシェアリング銘柄”の成長性に期待するなら、 業界2位の「リフト」のほうが成長性が高くて有望! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:注目を集めたウーバーのIPOと競合のリフトの業績について、米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが鋭く分析! 先週金曜日(5月10日)、ウーバー(ティッカーシンボル:UBER)がニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)されました。値決めは45ドルで行われたものの、上場初値は42ドルと、いきなり公募価格割れで取引が開始されました。期待とは裏腹に、「ふがいない!」としか形容のしようがないデビューだったのです。ウーバーのIPOに人気が出なかった理由として、ライバルのリフト(ティッカーシンボル:LYFT)が、上場初日、寄付いた直後から一本調子に株価を下げたことを指摘する向きがあります。

「ピンタレスト」と「ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ」がIPO(新規上場)! リーバイスやリフト に続く注目ベンチャー企業のIPOは成功するのか!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住の広瀬隆雄さんが、米国市場やグローバルマーケットの最新トピックスを紹介! 米国ではIPO(新規上場)ラッシュが続いています。過去に本コラムで紹介したリーバイ・ストラウス(ティッカーシンボル:LEVI)、リフト(ティッカーシンボル:LYFT)、ジュミア・テクノロジーズ(ティッカーシンボル:JMIA)に加え、今週はピンタレスト(ティッカーシンボル:PINS)とズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ティッカーシンボル:ZM)がデビューします。ピンタレスト(ティッカーシンボル:PINS)は、旅行や家の改装、結婚式、ファッション、料理など、自分の興味分野のアイデアや情報を画像で整理するサービスです。

ライドシェアリング企業の「リフト(Lyft)」が IPO(新規上場)! ライバルであるウーバーより 成長性が高くバリュエーションが割安な要注目銘柄! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、グローバル経済のホットなネタを解説! ウーバー(Uber)のライバル企業であるリフト(Lyft)がIPO(新規株式公開)します。リフトは、スマホからカンタンにクルマを呼べるライドシェアリング企業です。米国のライドシェア市場は、ウーバーとリフトがほぼ独占しています。今回の売出し株数は3077万株で、売出し価格は62〜68ドルです。値決めは3月28日引け後で、取引開始は29日の予定です。売出し価格の中値で計算すれば、約20億ドルを調達することになります。ディール後の発行済み株式数は2.84億株で、時価総額は185億ドルです。

ウーバーなどのIPO(新規上場)により注目が集まる 10銘柄を解説! ドキュサインやロク、アトラシアン などの中から、未来のテンバガー(10倍株)を探せ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、アメリカ株式市場を分析。今年はリフト(ティッカーシンボル:LYFT)、ウーバー(Uber)など、注目企業が続々と株式公開(IPO)します。その関係で近年IPOした銘柄に注目が集まっています。今回は、ドキュサイン(ティッカーシンボル:DOCU)、ドーモ(ティッカーシンボル:DOMO)、モンゴ・ディービー(ティッカーシンボル:MDB)、オクタ(ティッカーシンボル:OKTA)、プルーラルサイト(ティッカーシンボル:PS)、ロク(ティカーシンボル:ROKU)、トレードデスク(ティッカーシンボル:TDSK)、アトラシアン(ティッカーシンボル:TEAM)、トゥイリオ(ティッカーシンボル:TWLO)、ゼット・スケーラー(ティッカーシンボル:ZS)の10銘柄を紹介。

日本スキー場開発(6040)、株主優待を「拡充」で、 従来の半額で優待がもらえる! 1株⇒2株の分割後も 優待内容が据え置きで、スキー好きなら超お得に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本スキー場開発(6040)が、株主優待の内容を実質的に拡充することを、2018年9月7日に発表した。株主優待の拡充は、2019年7月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。日本スキー場開発の株主優待は、毎年7月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有の株主に、『自社グループ運営スキー場割引券』など、各種割引券を贈呈」というものだった。今後は、2018年10月31日を基準日、11月1日を効力発生日として、「1株⇒2株」の株式分割が予定されているが、分割後も割引券は従来どおり「100株以上の株主」を対象として贈呈されるため、以前の半額の投資で株主優待が受けられるようになる(※一部優待のみ配布基準が変更される)。(日本スキー場開発、コード:6040、市場:東証マザーズ)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.