投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


インターネットテレビ接続機器業界トップの「ロク」 を解説! ネットフリックスやAmazonプライム・ ビデオなど、幅広いコンテンツを楽しめるのが魅力! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネットフリックやアマゾンプライムビデオなどの、ストリーミング・コンテンツを楽しむための接続機器を提供するロクについて、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! ロクは、インターネットテレビ接続機器市場のトップ企業で、39%の市場占有率を誇ります。アマゾンの他にも、グーグルやアップルなどの大手企業がひしめくインターネットテレビ接続機器市場でロクが人気を博している理由としては、1)ロクのプレーヤーがシンプルで使いやすいこと、2)どのコンテンツからも中立な立場を取ることで、もっとも幅広いコンテンツを提供できていること、3)値段が安いこと、の3つが挙げられます。

【緊急寄稿】米国株式市場が暴落しても、すぐに保有 株を売る必要はない! 「逆イールド現象」が起きた 今こそ、コカコーラなどの好業績株を買うチャンス! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場の急落を受け、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが緊急寄稿! 8月14日(水)、米国株式市場が急落しました。ダウ工業株価平均指数とナスダック総合指数は約3%の下落、SP500指数ならびに小型株指数であるラッセル2000指数は-2.9%でした。急落の引き金になったのは、いわゆる「逆イールド」という現象です。つまり、10年債利回りから2年債利回りを引いた「金利差」が「0」以下になったということです。一般的に、このように長短金利差が逆転して「0」以下になるのは「不況の前兆」と捉えられます。しかし、過去の歴史を紐解くと逆イールドになったからといって、そこから株価が直滑降で下げたという例はありません。

ウーバー、リフト、ビヨンドミートなど、最近IPO した注目株の決算を総まとめ! 決算内容からわかる 「買うべき銘柄」と「売るべき銘柄」をズバリ解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国の第2四半期決算発表シーズンについて、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 第2四半期決算発表シーズンは、これまでにS&P500採用銘柄のうち90%が決算発表を終えました。これまでに発表された決算のうち、75%の会社が1株当たり利益(EPS)でコンセンサス予想を上回りました。過去5年の平均は72%なので、普段よりEPSは好調だということです。一方、売上高では57%の企業がコンセンサス予想を上回りました。ただ、過去5年間の平均は60%なので、普段より売上高は不調でした。なお、例年、決算発表シーズンは、大型株から始まり後半へ行くほど小型株が多くなりますので、いまちょうど小型株の決算発表が佳境を迎えているところです。

ウーバーなどのIPO(新規上場)により注目が集まる 10銘柄を解説! ドキュサインやロク、アトラシアン などの中から、未来のテンバガー(10倍株)を探せ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、アメリカ株式市場を分析。今年はリフト(ティッカーシンボル:LYFT)、ウーバー(Uber)など、注目企業が続々と株式公開(IPO)します。その関係で近年IPOした銘柄に注目が集まっています。今回は、ドキュサイン(ティッカーシンボル:DOCU)、ドーモ(ティッカーシンボル:DOMO)、モンゴ・ディービー(ティッカーシンボル:MDB)、オクタ(ティッカーシンボル:OKTA)、プルーラルサイト(ティッカーシンボル:PS)、ロク(ティカーシンボル:ROKU)、トレードデスク(ティッカーシンボル:TDSK)、アトラシアン(ティッカーシンボル:TEAM)、トゥイリオ(ティッカーシンボル:TWLO)、ゼット・スケーラー(ティッカーシンボル:ZS)の10銘柄を紹介。

マイクロクレジットは"奇跡"を起こしたのではなく 貧しい国に「当たり前の世界」を作り出した [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新薬の実験などに使われるRCT(ランダム化比較試験Randomized Controlled Trial)は、科学的にもっとも強力な証拠だとされている。無作為に選んだ患者グループに新薬と偽薬を与え、どちらの薬なのか患者も医師もわからないようにしたうえで(二重盲検の条件で)効果を計測する。なぜこのような面倒なことをするかというと、偽薬でも治療効果が出る場合がしばしばあるからだ(プラシーボ効果)。いったん新薬が認可されれば多額の公費が投入されるのだから、偽薬以上に高い治療効果があることが厳密に証明されなければならない。

米国株の「高配当株ランキング」ベスト10を発表! P&Gやコカ・コーラなど、25年以上も連続増配中で、 業績も株価も安定している米国株は長期投資に最適! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:高配当&高成長が期待できる「米国株」を探すなら、「連続増配株の利回りランキング」を参考にして銘柄を探せ!発売中のダイヤモンド・ザイ1月号の特集「高配当&高成長の『買い』の米国株」では、いま絶好調の米国株の注目銘柄を紹介。また、プロの米国市場分析や「時価総額ランキング」「増収率ランキング」「連続増配株の利回りランキング」も掲載している。今回はその中から「連続増配株の利回りランキング」をピックアップ! ダイヤモンド・ザイ1月号では20位まで掲載しているが、ここでは上位10銘柄を抜粋して紹介しよう!

RCTにより明らかになった マイクロクレジットの“奇跡の物語”と不都合な真実 [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:政策を考えるうえでは、「誰がなにをしたのか?」ではなく、「どれくらいのひとがそれをするのか?」を知ることの方が重要なことがよくある。人間は弱い生き物だから、悪いことだと知りながらも、ルールを破って目の前の機会に飛びついてしまう。それを一切許さないとすると、ものすごく窮屈な社会(ファシズム管理国家)になってしまうだろう。これが問題になるのは、たとえば生活保護の制度設計だ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.