投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は“3~4月”が底! コロナ・ショック後の 2020年の株価予測は、年末2万円超の“年末高”派と、 戻っても1万8500円前後の“一進一退”派に真っ二つ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の「2020年の値動き予測」の最新版を公開! 2月25日~3月19日の4週間で6000円超も暴落した「日経平均株価」の今後の値動きを大予測! 3月21日発売のダイヤモンド・ザイ5月号は、新型コロナウイルスの感染拡大による経済や企業への影響を予測した「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! この特集では、アナリストなどのプロ68人への緊急アンケートの内容を紹介しているが、状況は刻々と変化しており、米国の景気対策など、アンケートを行った後から新しく出てきた情報もある。そこで今回は、7人のアナリストに追加取材を実施し、日経平均株価の予測の「アップデート版」を紹介! 日経平均株価はこの3週間で6000円超下落し、足元では1万7000円台割れで推移している。急落で深い傷を負った投資家も多いかもしれないが、いったん相場が落ち着きを見せる今こそ、相場予測を踏まえて次の手を打とう!

米国株は“3月が底”とアナリストが予測する理由とは? 米国政府とFRBの対策強化で、コロナ・ショックによる 乱高下が終われば、米国株は年末にかけて急上昇へ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で“歴史的な急落”が続くも、アナリスト5人が「3月が底」と予測! 3月21日発売のダイヤモンド・ザイ5月号は、特集「今こそ“買い”の【米国株】100」を掲載! この特集では、この先大幅上昇しそうな期待の米国株を紹介。また、米国株の主要指数である「S&P500」と「ナスダック指数」の今後の動きについても、米国株のプロ5人に予測してもらっている。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、米国株を巡る状況は刻一刻と変化している。そこで、ダイヤモンド・ザイではプロ5人に再取材を敢行。ここでは、その内容をまとめた、米国株予測の「アップデート版」を公開する! 歴史的な急落が続く米国株の“下げ止まりの時期”や、悲観的なムードの相場に立ち向かい、“大きく儲けるための買い方”などを取り上げているので、ぜひチェックしてほしい!

就活 それでもリクナビ使う訳

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:就職ポータルサイト大手のリクナビは、2019年の内定辞退率販売で大学・学生からの不信を招いた。学生や企業にとって欠かせないといっても過言ではなかったリクナビはその後どのような存在に変化したのだろうか。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 内定辞退予測の販売問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6350511
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/02/07 13:24:04 投稿番号: 42405

辞退率販売 なお強いリクナビ

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:就職ポータルサイト大手のリクナビは、2019年の内定辞退率販売で大学・学生からの不信を招いた。学生や企業にとって欠かせないといっても過言ではなかったリクナビはその後どのような存在に変化したのだろうか。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 内定辞退予測の販売問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6350498
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/02/07 11:53:14 投稿番号: 42402

2020年の日経平均株価は「高値2万6000円⇔安値2万 1500円」で推移!? 強気派は堅調な米国経済を重視する 一方、弱気派は中東情勢や米中貿易協議の行方を懸念 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2020年の日経平均株価の「高値」と「安値」をアナリストなど専門家25人が予測! 2020年の日経平均株価は何を材料にして、どのように動くのか? ダイヤモンド・ザイ3月号の大特集は「2020年の【最強日本株】」! 2020年に値上がりしそうな注目株を「5万円株」「高配当株」「10倍株」「株主優待株」「大型安定株」「IPO株」といった部門別に紹介するほか、アナリストなどのプロ25人による日経平均株価の値動き予測や、2020年の注目イベントを考慮した、投資戦略の立て方も取り上げている。今回は、この特集から「アナリストなどのプロ25人による日経平均株価の値動き予測」を抜粋! 投資の計画を立てる際の参考にしてほしい!

2020年にIPOが予想されるのは「スカイマーク」や 「ハウステンボス」! 2020年のIPO市場の予測と、 初値騰落率など「2019年IPOランキング」も発表! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2020年にIPO(新規上場)する注目銘柄を専門家が予想! 2020年に入り、早くもコーユーレンティア(7081)、ジモティー(7082)と2つのIPOが予定されているが、IPO投資を行う個人投資家にとって、2020年のIPO市場の動向は気になるところだろう。今回は、投資情報サービス会社・フィスコで長年IPO銘柄の分析を行っている小林大純(こばやし・ひろずみ)さんに、2019年のIPO市場を総括してもらうとともに、2020年のIPO市場の動向を分析し、今年IPOが期待できる銘柄をズバリ予想してもらった。

日経平均株価が2万4091円を突破したら、そのまま 2万9947円まで上昇する!? 日米欧の中央銀行が金利 引き締めに動くまで、上昇トレンドに乗り続けろ! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 2020年の年始相場は、米国とイランとの対立激化を受け、波乱のスタートとなりました。週後半にかけて落ち着いたのは、米国とイランとの緊張が緩和したからです。ご存じの通り、米国防総省は1月2日、イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官を空爆で殺害したと発表しました。その後、イランは、米国への報復として、イラクにある米軍の駐留基地に十数発の弾道ミサイルを撃ち込みました。これを受け、多くの投資家は、米国とイランとの大規模な軍事衝突の発生を危惧したため、リスクオフムードが強まったのです。

日経平均株価の上昇基調は、2020年に入っても継続! 仮に米中貿易協議で揉めても、12月に閣議決定した 「大型経済対策」の効果により、下落余地は限定的! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 2019年の日本株は、終わってみればいい相場でした。日経平均株価は、2018年12月26日の1万8948.58円で底打ち、年初からこれを1回も割り込むことなく推移しました。その後、4月24日の2万2362.92円でいったんピークアウトし、調整入りしました。この調整は8月まで続き、8月6日の2万0110.76円でようやく底打ちしました。その後、8月中は冴えない動きでしたが、9月に入ると上昇ピッチが加速し、10月29日には遂に2万3000円大台を回復するにいたったのです。そして、12月17日は年初来高値の2万4091.12円をつけ、2万4000円大台をも回復する場面がありました。

米国株は2020年も上昇トレンドが継続! 「PER+ インフレ率」で見ると、今は「バブル相場の入り口」 に過ぎず、これからさらなる上昇相場が期待できる! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 2019年10月以降、米国株式市場は息もつかせぬ上昇をしてきました。このため、「ひょっとして、今のアメリカ株はバブルではないの?」という声が聞こえ始めています。今日はこの問題を検証したいと思います。2020年のS&P500の1株当たり利益(EPS)は、178.21ドルだと予想されています。12月27日現在のS&P500指数は3240ですので、これを178.21で割り算することで求められる株価収益率(PER)は18.18倍になります。過去5年間の向こう12カ月のEPS予想に基づいた平均PERは16.6倍です。すると、現在のPER18.18倍という数字は、やや割高と言えます。

2020年の日経平均株価の予想レンジは、2万~2万 6000円! 市場全体の上昇機運が高まる中、「5G」 「国土強靭化」「東証再編」などのテーマ株に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来年2020年の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 2020年の日本市場は、引き続き米中貿易問題の進展を見極めながらの相場展開が続きそうです。一方、国内では東京オリンピック・パラリンピックという一大イベントが開催されます。お祭りムードになりますが、過去の株価動向から、五輪閉幕後には景気減速からの下落が警戒されています。また、キャッシュレス還元終了後の消費増税の景気への影響も改めて警戒されてきます

日経平均株価の2020年の値動きをアナリストが予想! 2020年の高値は2万5600円、安値は2万1500円で、 五輪前の5月と米大統領選後の12月に最高値を記録か - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2020年の「日経平均株価」の値動きをアナリスト100人が大予測! 2020年の注目イベントと、それに関連して株価がどう動くかも解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年2月号の大特集は、「2020年 株&投資信託【全予測】」! 日本株全体やドル・円の動きのほか、個別に上がる株やテーマ、米国・中国の株式相場や投資信託の動きに至るまで、アナリストなどの投資のプロ100人に予測してもらっている。今回は、この特集から「2020年の日経平均株価の高値&安値」の予測を抜粋! 東京オリンピックや米国の大統領選挙、5G(第5世代移動通信システム)の商用サービスの開始など、注目すべきイベントを反映して日経平均株価がどう動くのか、アナリストの見方を学び、投資の参考にしよう!

内定辞退率 利用側も行政指導

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:個人情報保護委員会は4日、リクルートキャリア社が提供したサービス「リクナビDMPフォロー」で提供した学生の内定辞退率データの利用企業にも指導や勧告を行うと発表した。35社に行政指導した。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 内定辞退予測の販売問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6344392
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/12/04 19:19:58 投稿番号: 41350

就活生4割 リクナビ利用抑制

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:リクナビが内定辞退率の予測データを企業に販売していた問題を受け、就活生の間では利用法について模索が続く。日経新聞が大学生にアンケート調査を実施したところ、4割が「リクナビの利用は抑える」と答えた。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 内定辞退予測の販売問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6339132
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/10/11 09:10:06 投稿番号: 40499

2020年・夏までに「日経平均株価」は2万3000~4500 円まで上がる! 日本株に影響を与える「6つのリスク」 と、2020年・夏までの「日経平均株価」の動きを予測! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年・秋~2020年・夏の日経平均株価の値動きを予測するとともに、今後の日本株市場に影響を与える「6つのリスク」を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、特集「6つのリスクから読み解く 日本株の新投資戦略」を掲載! 米中貿易摩擦や消費税の増税、英国のEU離脱問題など、先行きが不安になるようなニュースが多い今、どう行動すべきか頭を悩ませている人も少なくないはず。そこで、この特集では、いま日本株に投資するうえで注意しておきたい点を「6つのリスク」として整理。さらに、そのリスクを踏まえたうえでの、ストラテジストなどによる「日経平均株価の予測」や、リスクを逆手に取った投資戦略も紹介している。今回は、2020年・夏までの日経平均株価の見通しと、投資戦略を考えるときに注意しなければならない「6つのリスク」を解説!

厚労省 リクナビに行政指導へ

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが就職活動中の学生の内定辞退率の予測データの販売した問題で、厚労省が近く同社に行政指導を行う方針を固めたことが判明。販売先38社については今後も調査を継続。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 内定辞退予測の販売問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6335421
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/09/03 21:06:44 投稿番号: 39908

リクルート1.2億株売り出しへ

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:リクルートホールディングスは28日、最大1億2150万株の(発行済株式数の約7.16)の株式売り出しを決議したと発表した。売り出し価格は未定。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 内定辞退予測の販売問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6334812
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/08/28 21:44:36 投稿番号: 39801

内定辞退予測の販売 社長謝罪

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、内定辞退率を予測したデータを販売した問題に関して記者会見を行い、社長が謝罪。問題発覚後、同社が会見するのは初めて。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 内定辞退予測の販売問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6334582
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/08/26 20:25:40 投稿番号: 39759

内定辞退予測購入 20社超公表

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:リクナビが就職活動中の学生の内定辞退率を予測したデータを企業に販売していた問題で、20社超が購入していたことを自主的に明らかにした。各社はいずれも採用の合否判定にデータを活用していないとしている。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 内定辞退予測の販売問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6334479
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/08/25 20:34:42 投稿番号: 39736

リクナビ、学生に謝罪メール

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが就職活動中の学生の内定辞退率を予測したデータを企業に販売していた問題で、同社が学生に謝罪のメールを送信していたことが判明。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 内定辞退予測の販売問題
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6334299
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/08/23 22:05:23 投稿番号: 39717

2020年・夏までの日経平均株価の値動き予想を公開! “2万3000~4000円に上昇”がプロの共通見解だが、 消費増税や米中貿易摩擦で一時的には“2万円割れ”も!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年秋から2020年夏までの日経平均株価の予測と、2019年秋以降の株式市場のリスク要因・シナリオを、ストラテジストやエコノミストなど、相場のプロが分析! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 米中貿易摩擦の影響などで、日本株は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を取り上げている。今回はその中から、ストラテジストやエコノミストによる2019年秋以降の株価予測や、これからの相場の不安要因の分析を抜粋。投資をするうえでは、今後の相場にどんな不安要因があるのか、あるいは相場の方向感などを、ある程度認識しておくことが重要だ。記事では、4人のプロに聞いた、今後の相場で考えられるシナリオを詳しく紹介するので、投資の参考にしてほしい!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.