投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


トランプ大統領の発言で「世界同時株安&円高」が 進む今の市場で、買うべき銘柄はゴールドと新興国! 米国株式市場の現状と、今後のシナリオも解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米中貿易摩擦の影響で株安&円高に見舞われるなか、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが今後のシナリオと個人投資家の取るべき行動を解説! 先週の8月1日、トランプ大統領は米中貿易交渉に進展が見えないことに業を煮やし、対中関税第三ラウンドを9月1日付で発動すると発表しました。世界の株式市場は、これを嫌気して先週末にかけて軟調な展開となりました。S&P500指数は2750付近に下値支持線があるのですが、今回の下落ではそのレベルまで落ち込んでもおかしくありません。私の考えでは、この水準で米国市場は一度「コツン」と底打ちし、反発を試みると思います。

毎月分配型投信の保有者は「資金の逆流」に要注意! ブラジル・レアルやトルコ・リラなどの毎月分配型に 関連する「新興国の通貨」が急落している理由を解説 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:毎月分配型の投資信託の多くの銘柄に組み入れられているブラジル・レアルやトルコ・リラなど、新興国の通貨が2018年に入って大幅に下落している。その理由は米国の金利上昇に伴う「世界のマネーの逆流」だが、これから日本の個人投資家が注意すべきポイントは? ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号2本紹介している。今回はその中からダイヤモンド・ザイ8月号で掲載された「高利回りの新興国資産」に関する記事をピックアップ! かつては高金利で人気だった新興国債券や、新興国債券型の投資信託などを保有している人も多いはず。しかし、最近は新興国市場からの資金流出が目立っている。ここでは、その背景や投資する上でのポイントを紹介するので、参考にしてみてほしい。

香港で購入できる金融商品の魅力とは? 外国債券が 充実している香港の金融機関なら、長期的な資産形成 や老後の定期的な収入の確保も可能になって魅力的! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:香港の金融機関「Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB、ニッポンウエルスリミテッド、ア・リストリクテッドライセンスバンク)」のセミナーでFP・花輪陽子さんが実感した、香港の金融商品の魅力とは? シンガポール在住のFP・花輪陽子さんが、シンガポールから香港に遠征し、現地の金融機関NWBのセミナーに参加。今回はそのNWBのセミナーで知った、日本人にとっても魅力的な香港の金融商品についてレポート。日本と違い、当局が厳しく管理している香港の金融商品のラインナップや、老後に向けて保有を検討したい外国債券の魅力なども紹介する!

シンガポールや香港など、海外の金融機関に口座を 開設して投資するメリットとは? 日本で取り扱って いない高利回りの債券など、海外投資の魅力を紹介! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポールや香港などの海外の金融機関でしか投資できない金融商品の魅力と、日本から海外の金融商品に投資する方法を紹介! 資産の大半を現金・預金で持っている人が多い日本と違い、海外では株や債券などをポートフォリオに組み込むことが一般的。富裕層も、高利回りの社債などで運用するケースが多いというが、彼らの投資対象には日本から投資できない場合も多い。そこで今回は、シンガポール在住のFP・花輪陽子さんに、海外の金融商品の魅力と、日本在住でも海外の金融商品に投資できる方法を解説してもらった。

米国債券の利回り上昇で米国株が久しぶりに急落! 各企業の業績は絶好調なので、債券市場が落ち着けば 株式市場に「バーゲン・ハンティング」が入る!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週の米国株式市場は、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が-4.17%、S&P500指数が-3.9%、ナスダック総合指数が-3.52%でした。ダウ工業株価平均指数の週間ベースでの下げ幅は、過去2年で最大でした。2018年に入ってから、米国株式市場は快調に飛ばしてきました。年初から18立会日でS&P500指数は+7.5%と上出来のスタートを切りました。しかし、長期金利の上昇がだんだんボディ・ブローのように効いてきて、先週はついにそれに敬意を表するカタチで株式が崩れたのです。先週、市場参加者の間で最も話題になったのは、米国10年債利回りが2.8%台に乗せたことです。また、先週金曜日に発表された1月の平均時給が、前月比+9セント上昇したのが嫌気されました。

iDeCoで「株式型」以外の投信にも分散投資している 人の資産構成比と運用方針を紹介!「債券型」投信と 「元本保証型」でリスクを抑えている実例を紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(個人型確定拠出年金)でやや積極運用をして、利益を出している人の資産構成比や運用方針を公開!iDeCoで運用するとき、「株だけを運用する投資信託は値動きが大きくて怖い!」という人は多いだろう。そんなときは、値動きを抑えるため、債券などの低リスク投信を組み合わせて投資するのがおすすめだ。債券は低金利で上昇は見込めないが、相場下落時にクッションになってくれる。そこで今回は、ダイヤモンド・ザイ9月号に掲載した「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」の中から、iDeCoを活用して投資信託をやや積極運用をしている、読者2人の活用術を抜粋して紹介しよう。

2017年上半期の成績No.1の投資信託のタイプを発表! 平均上昇率19%を記録した「日本中小型株型」や 成績のバラツキが小さい「新興国債券型」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年上半期に最も好成績だった投資信託のタイプを大公開!世界経済が回復を強め、円安も定着したことで、投資信託の成績は全般的に大きく改善してきている。そこで、現在発売中のダイヤモンド・ザイ9月号の「2017年上半期の投信上昇率ランキング!」特集では、2017年1月から6月までの投資信託の上昇率ランキングをタイプ別に紹介している。今回は、その中から「グローバル債券型」「日本・中小型株型」など投資信託の9つのタイプ別に「平均上昇率」を公開。2017年上半期、最も好成績だった投資信託の「タイプ」とは?

【2017年 最新版】 「インデックスファンド」コスト比較ライキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは? - 投資信託おすすめ比較[2017]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最近、インデックスファンド(インデックス型投資信託)の「信託報酬引き下げ競争」が盛り上がっている。運用コストが下がるのは個人投資家にとって非常にありがたいのだが、「結局、どのインデクスファンドが一番お得なのか」が、よりわかりにくくなってしまった。また、投資信託の運用には、わずかだが売買委託手数料など、その他の「隠れたコスト」も発生している。本当にお得なインデックスファンドを選びたいなら、信託報酬以外のコストも加味した「実質コスト」も比較したい。そこで、超低コスト・インデックスファンドの「信託報酬」と、運用報告書などから計算した「実質コスト」を比較し、ランキングを作成した。

資産運用の出口戦略

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:資産運用は資産形成期、保守期、取り崩し期と推移しますが、この内、取り崩しに関する運用戦略が出口戦略です。アセット・アロケーションに関する手法として代表的な出口戦略には、債券シフト法と分散投資があります。売却手法としての出口戦略戦略には、定額売却と定率売却があります。この記事ではそれぞれ紹介します。

タグ: ブログ更新 kapok 債券シフト 出口戦略 分散投資 売却 定率売却 定額売却 資産運用 集中投資
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/exit-strategy/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2017/06/19 23:41:38 投稿番号: 22811

毎月分配型投信でおすすめは、グローバル債券型! 世界的な低金利下でも「MHAM USインカム」の ように高いリターンが期待できるプロ注目の2本を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:人気が高い「毎月分配型投資信託」のなかで、安定分配が期待できる「グローバル債券型」の投資信託を紹介!最近、これまで絶好調だった海外リート型の毎月分配型投資信託の人気が凋落。他の投資信託への乗り換えが進んでいるが、「人気があるもの=安定分配の投資信託」というわけではないため、乗り換える際も注意が必要だ。そこで、現在発売中のダイヤモンド・ザイ7月号では、「安定分配の投信12本」特集の中で、プロが教える「減配のリスクが低い毎月分配型投資信託」を紹介している。ここではその一部を抜粋し、乗り換え先として検討したいのはどんなジャンルか、実際にどんな商品が狙い目なのかを紹介していこう!

毎月分配型投資信託の失敗しない選び方を伝授! 安定分配を狙える「リート型」「債券型」のなかから 「本当の利回り」が高い実力のある投信を選ぼう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:毎月、分配金が受け取れる「毎月分配型の投資信託」の失敗しない選び方&おすすめの投資信託を紹介!毎月、分配金が受け取れるのは、リタイア世代にとってはうれしいもの。ただし、間違った選び方をすると元本を取り崩すことになるので要注意。ここでは、安定した分配金を受け取るための選び方や、オススメの投資信託をプロに教えてもらった。

「毎月分配型」投信で、本当に実力がある銘柄は? 人気ランキング上位の投信の実力を判定するほか、 「本当の利回り」が8%超のおすすめ銘柄を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「毎月分配型」ファンドのおすすめ銘柄を紹介! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、大特集「2017年の主役が勢揃い!最強日本株&投信番付」の中で、投資信託をいくつかのジャンルに分けて、番付形式のランキングを紹介している。今回はその中から、実際によく売れている「毎月分配型ファンド」の人気銘柄ランキングと、真のおすすめ銘柄(横綱)を紹介! 売れ筋銘柄と有望銘柄が必ずしも一致しないことがよくわかるので、比較してみるのも面白いはずだ。

2017年に注意すべき投資信託の最新トレンドを紹介! 海外リート型の減配は継続が予想されるので要注意! コスト競争が進むインデックス投信を活用しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年におすすめの実力派の投資信託を紹介!人気のリード型投信の健全度は? リスクが最も低いと言われる日本債券型投信は2017年、マイナス金利低下でどうなる? 低コスト競争が激化するインデックス型投信の今後の行方は?投資信託にまつわるこれらの疑問に答えるべく、ダイヤモンド・ザイ2月号から一部を抜粋し、2017年の投資信託5大トレンドを紹介! さらに2017年に買うべき実力派投資信託を公開する。

「日本債券型投信」の安全神話はもはや過去のもの! 日銀のマイナス金利政策の導入で最終利回りが 信託報酬を下回って成績が悪化するリスクに要注意! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「為替リスクがない債券型ファンド=安全」という認識はもう古い!? ダイヤモンド・ザイ1月号では、ザイ読者10人の保有する投資信託が「いい投資信託」なのか「悪い投資信託」なのか、プロに診断してもらう特集『行列ができる投信診断室』を掲載。診断してくれたのは、長年投資信託に携わってきた経験を活かし、投資信託を評価するデータベース「ファンド・ラボ」を開発した「投信の窓口」ファンド・リサーチセンター長の植村佳延さん。今回は、2種類の債券型ファンドを保有する読者への診断を抜粋して紹介しよう!

毎月分配型の投信は老後用の資産形成には不向き! 長期運用なら複利効果が期待できる「再投資型」の 先進国株式&債券の投信に分散投資をしよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ダイヤモンド・ザイ1月号では、ザイ読者10人の保有する投資信託が「いい投資信託」なのか「悪い投資信託」なのか、プロに診断してもらう特集『行列ができる投信診断室』を掲載。診断するのは、長年投資信託に携わってきた経験を活かし、投資信託を評価するデータベース「ファンド・ラボ」を開発した「投信の窓口」ファンド・リサーチセンター長の植村佳延さん。今回は、毎月分配型のハイイールド債を組み入れた商品などを保有する読者への診断を、抜粋して紹介しよう!

分配金額が多い毎月分配型投信の落とし穴に要注意! 安定運用を目指すはずが、高リスクな「リート型」に 投資先が偏ってしまった投資家へのアドバイスとは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資信託は、長期の資産作りを念頭に、安定運用目的で保有する人も多い。しかし、保有する投資信託の本当の実力やリスクがわからなければ、大きく損をしてしまう可能性も!。そこで、ザイ読者10人が保有している投資信託が「いい投資信託」なのか「悪い投資信託」なのか、投資信託の分析&評価の専門家・植村佳延さんにズバリ診断してもらった。 

過去1年間の「債券型」投資信託の上昇率1位は? グローバル、新興国、ハイ・イールドの3種類、 全208本の中から上昇率トップの銘柄を大公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「債券」で運用する投資信託の上層率ランキングを発表! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ12月号には、投資対象別の10タイプの投資信託の成績を調べて順位をつけた「投資信託上昇率ランキング」を掲載している。10タイプの上位の投資信託について、その好成績の理由から今後のポイントの解説とともに、販売手数料の安い証券会社や銀行の販売会社リストもついている。今回は、10タイプの中から「債券型」3タイプの投資信託のランキングを公開しよう。
なお、データは基準価格などのデータは8月末時点、調査対象としたのは「為替ヘッジ型」を除く、純資産10億円以上で、実績が1年以上のもの。

アメリカ長期債の下落に、株式市場の参加者が注目! 今週から始まる決算発表では、長期金利の上昇から 銀行の「利ざや拡大」の可能性に期待が集まる! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:広瀬隆雄・連載コラム「世界投資へのパスポート」。先週の米国株式市場はダウ工業株価平均指数が-0.38%、S&P500指数が-0.67%、ナスダック総合指数が-0.38%でした。米国の株式市場の参加者たちは、米国の長期債の動きに注目しています。債券が売られている一因として、原油価格の上昇が指摘できると思います。原油価格は、「石油輸出国機構(OPEC)が減産に合意するのではないか?」という期待から買われています。

投資家のシナリオになかった「金利の上昇」で 株式市場はまだまだ下がる可能性が大きい! 2016年10月半ばまでの投資家の注意点とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:9月8日(木)に欧州中央銀行(ECB)の政策金利会合があり、新しい事は何も出ませんでした。市場参加者はドラギ総裁がもう一段、踏み込んだ緩和策を打ち出すことを期待していたので、それが裏切られたわけです。これを受けて7月以来マイナス利回りとなっていたドイツ10年債の利回りが0.00%という心理的な節目を超えてプラス圏へ戻りました。利回りが上昇しているということは、債券価格は売られているということを意味します。

人気の毎月分配型投資信託100本の利回りは? リート、バランス型にはプラスのファンドもあったが ハイ・イールド債券型はすべてマイナスに!  - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:個人投資家の人気の毎月分配型投資信託100本の利回りをチェック!投資対象の資産別の8タイプにジャンル分けをし、利回りの上位5本を紹介。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.