投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ハピネス・アンド・ディ(3174)、株主優待を変更も、 配当+優待利回りは4%超を維持! 優待回数が年1回⇒ 年2回になるが、優待券などの優待内容はほぼ変わらず - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ハピネス・アンド・ディ(3174)が株主優待を変更すると、2019年10月10日に発表した。この株主優待の変更は、2020年8月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。ハピネス・アンド・ディの株主優待は、毎年8月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に『優待商品』を贈呈するほか、保有株式数に応じた枚数の『割引券』(10%)や『優待券』(2000円分)を贈呈」というのものだった。今後も、「優待商品」「割引券」「優待券」が贈呈されることに変わりがないが、株主優待の基準日が年1回⇒年2回になり、毎年2月末時点と8月末時点の株主を対象として株主優待が行われるほか、配布内容が変更される。(ハピネス・アンド・ディ、コード:3174、市場:JASDAQスタンダード)

大森屋、株主優待を変更! 優待品の自社製品の額面が 20%アップ、優待利回り1.2倍に! 優待の実施回数は 年2回⇒年1回に減るが、額面は5000円⇒6000円に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大森屋(2917)が株主優待を変更すると、2019年10月8日に発表した。この株主優待の変更は、2020年9月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。大森屋の株主優待は、毎年3月末時点と9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「3月末時点で1000株以上を保有する株主に『自社製品』(2000円相当)を、9月末時点で1000株以上を保有する株主に『自社製品』(3000円相当)を贈呈」というものだった。今後は、「9月末時点で1000株以上を保有する株主に、『自社製品』(6000円相当)を贈呈」に変更される。(大森屋、コード:2917、市場:JASDAQスタンダード)

NSD(9759)、記念株主優待+増配を同時に発表して 優待利回りが最大1.5倍に! 食品や日用品など好きな 商品と交換できるポイントを500~1000ポイント増額 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソフト開発会社のNSD(9759)が、2018年9月末の株主を対象に実施する株主優待の内容を、2018年7月30日に発表した。NSDは毎年9月末時点の株主を対象に株主優待を実施しており、内容は「100株以上保有する株主を対象に、保有株数と継続保有期間に応じて、好きな商品と交換できる株主優待ポイントを贈呈」というもの。2018年度もこの点に変更はなく、株主優待ポイントが贈呈される。(NSD、コード:9759、市場:東証1部)

犬や猫などの「ペット」にかかるお金の目安を紹介! 医療費は人間以上に高くつく場合があるので「ペット 保険」なども検討し、計画的にお金を準備しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:犬や猫などのペットを飼ったときにかかるお金の目安を、ファイナンシャル・プランナーが解説! 気になる「ペット保険」の選び方も伝授! 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ11月号に掲載中のノンフィクションマンガ連載「どこから来てどこへ行くのか日本国(作画:西アズナブル)」を紹介! この連載では、お金に関連した多様なテーマを取り上げているが、ダイヤモンド・ザイ11月号に掲載中のテーマは「第2の家族、ペットにかかるお金とできる備えとは?」。ペット事情に詳しいファイナンシャル・プランナーの平野敦之さんによると、ペットに関しては「かかるお金」と「かけるお金」があり、ペットかわいさに、年間で数十万円ものお金をかける例も珍しくないという。そこで、今回は犬や猫を飼った場合の各種費用や、家計への影響をマンガで解説!「ペットを飼いたいが、お金の不安がある」という人は、ぜひチェックを!

米国株の中で「株価10倍」が期待できるのは「ピンタ レスト」と「ビヨンド・ミート」の2銘柄! 事業内容が ユニークで、他社にはない強みを持つ銘柄が狙い目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株の中で、次の「10倍株」が狙えるのは「ピンタレスト(PINS)」と「ビヨンド・ミート(BYND)」!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、別冊付録「いま買いの『米国株』100」が付いてくる! この付録では、米国株の強みを紹介するほか、「大型優良株」「高配当株」「10倍株」などのジャンル別に、注目銘柄を合計100種類も取り上げているので、米国株に投資したい人は必見だ。今回は別冊付録の中から、将来の「10倍株」になる可能性を秘めている米国株2銘柄を抜粋! 他社にはない強みを持っていて、事業の急成長&株価の急上昇が期待できる銘柄をピックアップしている。今回紹介する2銘柄も、ユニークな事業内容が注目されている企業なので、ぜひチェックしてほしい!

日本フイルコン(5942)、「QUOカード」や「ワイン」が もらえる株主優待を改悪へ! 2020年11月実施分から 「1年以上の継続保有」が権利獲得の必須条件に変更! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本フイルコン(5942)が、「QUOカード」などがもらえる株主優待の配布基準を変更すると、2019年10月1日に発表した。この株主優待の配布基準の変更は、2020年11月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。日本フイルコンの株主優待は、毎年11月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を1年未満保有する株主に『QUOカード』(500円分)を、1年以上保有する株主に『ワイン(1本)』を贈呈。1000株以上を1年未満保有する株主に『QUOカード』(1000円分)を、1年以上保有する株主に『ワイン(限定品・1本)』を贈呈」というものだった。今後も「QUOカード」、「ワイン」などが贈呈される点に変わりはないが、新たに1年以上の継続保有が必須になるなど、配布基準が全体的に見直される。(日本フイルコン、コード:5942、市場:東証1部)

トーセイ(8923)、QUOカードの株主優待を新設し、 配当+優待利回りが3.5%超にアップ! 毎年11月末の 100株以上の株主に1000円分のQUOカードを贈呈! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トーセイ(8923)が「QUOカード」の株主優待を新設することを、2019年10月7日の15時に発表した。トーセイの株主優待は、毎年11月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上を保有する株主に、『QUOカード』1000円分を贈呈」というもの。また、同社はシンガポール市場にも上場しているが、シンガポール市場の株主には、シンガポール国内において利用できる1000円相当の商品券(CapitaVoucher)を贈呈する。この株主優待は、2019年11月末の株主名簿に記載または記録された株主から実施される。(トーセイ、コード:8923、市場:東証1部)

米国株の中で“連続増配が10年以上”で、業績も好調な 「高配当株」2銘柄を紹介! 連続増配57年目の「コカ・コ ーラ」、連続増配13年目の「デーク・エナジー」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株の高配当株のうち、「安定した収益を出している大企業」で、「10年以上も連続増配中」の2大条件を満たす注目株は「コカ・コーラ(KO)」と「デューク・エナジー(DUK)」!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、別冊付録「いま買いの『米国株』100」が付いてくる! この付録では、米国株の強みを紹介するほか、「大型優良株」「高配当株」「10倍株」などのジャンル別に、注目銘柄を合計100種類も取り上げているので、日本株だけでなく米国株にも投資したい人は必見だ。今回は別冊付録の中から、「高配当株」と位置付けられる米国株で、特に注目の2銘柄を抜粋! 株主還元に積極的な銘柄の多い米国株市場には、10年以上増配を続けている銘柄も多い。今回紹介する2銘柄も連続増配中で、なおかつ業績も安定しているので、長期で配当収入を狙っていきたい人は、ぜひチェックしてほしい。

“最強のiDeCo口座”は「SBI証券(セレクトプラン)」! 全世界株型インデックス投信の「低コストランキング」 1位&2位の銘柄に投資できるのは「SBI証券」だけ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)で買える「全世界株型(インデックス型)」の投資信託を、“信託報酬の安さ”で比較したランキングを公開! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、特集「iDeCoで買う投資信託は“これ1本”でOK!」を掲載! 老後不安が取り沙汰されるなか、不安解消の一助となりそうなのがiDeCoだ。この特集では、iDeCoの金融機関や運用商品の選び方をわかりやすく解説。iDeCo向きの投資信託をランキング形式で紹介するほか、ファイナンシャルプランナーが「悩んだら“この1本”さえ買っておけばOK!」と太鼓判を押した、おすすめの投資信託も取り上げているので、とにかく早く始めたい人なら必見だ。今回は特集の中から、「全世界株型(インデックス型)」と呼ばれる投資信託のランキングを抜粋。まだ取り扱っている金融機関が少ないものの、投資対象が幅広くて分散効果が高いため、まさに“1本買うだけでOK”な投資信託だ。「全世界株型(インデックス型)」の投資信託でiDeCoを始めたい人は、ぜひチェックを!

iDeCo口座で積立投資できる「バランス型投資信託」の 低コストランキング! 信託報酬0.154%の「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」など3銘柄が同率1位に! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)で買える「バランス型」投資信託を、“信託報酬の安さ”で比較したランキングを紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、特集「iDeCoで買う投資信託は“これ1本”でOK!」を掲載! 老後不安が取り沙汰されるなか、不安解消の一助となりそうなのがiDeCoだ。この特集では、iDeCoの金融機関や運用商品の選び方をわかりやすく解説。iDeCo向きの投資信託をランキング形式で紹介するほか、ファイナンシャルプランナーが「悩んだら“この1本”さえ買っておけばOK!」と太鼓判を押した、おすすめの投資信託も取り上げているので、とにかく早く始めたい人なら必見だ。今回は特集の中から、「バランス型」と呼ばれる投資信託のランキングを一部抜粋。「バランス型」の投資信託の魅力は、投資対象が幅広くて分散効果が高いため、まさに“1本買うだけでOK”な点だ。「バランス型」の投資信託でiDeCoを始めたい人は、ぜひチェックを!

稲畑産業、株主優待を変更も、100株保有時の配当+ 優待利回りは4%超を維持!「QUOカード」の優待の 見直しで、長期&複数単元保有の株主の優遇を拡大! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:稲畑産業(8098)が「QUOカード」の株主優待の配布基準を変更すると、2019年9月30日に発表した。この株主優待の配布基準の変更は、2020年9月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。稲畑産業の株主優待は、毎年9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を3年未満保有する株主に『QUOカード』(1000円分)を、3年以上保有する株主に『QUOカード』(2000円分)を贈呈」というものだった。今後も「QUOカード」が贈呈される点に変わりはないが、配布基準が全体的に見直される。(稲畑産業、コード:8098、市場:東証1部)

「iDeCo口座」で“優秀”なインデックスファンドに投資 するなら「SBI証券(セレクトプラン)」がおすすめ! コストや成績が優秀な投信がある金融機関はココだ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo口座」は投資信託の取扱銘柄で選ぶな!「iDeCo口座」を、低コストや高成績など“優秀”な投資信託の有無で選べば「SBI証券(セレクトプラン)」がおすすめ! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、特集「iDeCoで買う投資信託は“この1本”でOK!」を掲載! 老後不安が取り沙汰されるなか、不安解消の一助となりそうなのがiDeCoだ。ただ、興味は持ち始めたものの、「仕組みがよくわからない」「どの金融機関を選べばいいかわからない」「どの金融商品で運用すればいいかわからない」などと、壁に直面している人もいるはず。そこで、この特集では、iDeCoの金融機関や運用商品の選び方をわかりやすく解説。iDeCo向きの投資信託をランキング形式で紹介するほか、ファイナンシャルプランナーが「悩んだら“この1本”さえ買っておけばOK!」と太鼓判を押した、おすすめの投資信託も取り上げているので、とにかく早く始めたい人なら必見だ。今回は特集の中から、ネット証券を中心とする主要な金融機関が、iDeCo口座で取り扱っている投資信託のタイプ・本数を比較できる一覧表を抜粋! 各金融機関の特徴もチェックできるので、iDeCoの口座選びの参考にしてほしい!

泉州電業、株主優待に長期保有優遇制度を導入して、 「QUOカード」が倍増! 100株以上を1年以上保有する と、「QUOカード」の額面が1000円分⇒2000円分に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:泉州電業(9824)が「QUOカード」の株主優待を一部変更することを、2019年9月27日に発表した。この株主優待の変更は、2019年10月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。泉州電業の株主優待は、毎年10月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、『QUOカード』1000円分を贈呈」というものだった。今後は、新たに長期保有の優遇制度が導入され、「100株以上を1年未満保有する株主に、『QUOカード』1000円分を贈呈。100株以上を1年以上保有する株主に、『QUOカード』2000円分を贈呈」と変更される。(泉州電業、コード:9824、市場:東証1部)

“1株単位”で株が買える「5つのサービス」を比較! S株・プチ株・ワン株・ネオモバなど“1株単位”で株を 買えるサービスの手数料や銘柄数、注文時間を解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“1株単位”で株が買える「5つの証券会社」の手数料や取扱銘柄数、注文時間などを比較! ネット証券大手のSBI証券(S株)、カブドットコム証券(プチ株)、マネックス証券(ワン株)、に加えて、手数料が激安のSBIネオモバイル証券(ネオモバ)や、LINE証券も登場! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、株主優待名人の桐谷広人さんに加え、連載「AKB48 株ガチバトル」でおなじみのAKB48メンバー(武藤十夢・中西智代梨・武藤小麟)も登場する特集「月3000円からできる『投資デビュー』大作戦」を掲載! 少額の資金で投資できる金融商品の種類や、取り扱い金融機関を紹介するほか、初心者向けにわかりやすく、「投資」をする際の注意点なども解説している。今回はその中から、1株単位で株が買える「1株投資」におすすめの証券会社を紹介した記事を抜粋! 各社のサービス内容も比較できるようになっているので、自分に合ったところを探してみてほしい。

オイシックス・ラ・大地(3182)、株主優待の詳細を 発表! 2019年9月末の株主には、大人気の「Oisixクラ フトマーケット」の商品(1500~2000円相当)を贈呈 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:オイスックス・ラ・大地(3182)が、2019年9月末に実施する株主優待の内容を、2019年9月25日に発表した。オイスックス・ラ・大地の株主優待は、9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上の株主に、保有株式数に応じて自社商品などを贈呈(あるいは寄付も選択可)」というもの。2019年9月末もこの内容に変わりはないが、今回は内容の詳細が発表され、「100株以上の株主に、保有株式数に応じて、『Oisixクラフトマーケット』で取り扱う国内外のスタートアップ企業の商品を贈呈(あるいは『令和元年台風第15号千葉県災害義援金』への寄付も選択可)」となることがわかった。(オイシックス・ラ・大地、コード:3182、市場:東証マザーズ)

株は「1株=数百円」の資金で始められる! 株初心者に おすすめの“少額投資できる2つの方法”と、優待名人・ 桐谷さんが語る「少額で株を始めるメリット」を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「株」をたった数百円で始められる2つの投資方法と、「少額投資」の3つのメリットを紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、株主優待名人の桐谷広人さんに加え、連載「AKB48 株ガチバトル」でおなじみのAKB48メンバー(武藤十夢・中西智代梨・武藤小麟)も登場する特集「3000円からできる『投資デビュー』大作戦」を掲載! 少額資金で投資できる金融商品の種類や、取り扱い金融機関を紹介するほか、初心者向けにわかりやすく、投資をする際の注意点なども解説している。今回はその中から、少額資金で投資する魅力や、少額資金で株を買う方法を解説した記事を抜粋! 指南役として桐谷さんも登場するので、これから株を買ってみたい人は、ぜひチェックを!

日経平均株価が軟調なときに買いたい「大型株」2銘柄! 業績の上方修正が期待される「アンリツ」、業績を下方 修正もアナリストは“強気”の「ブリヂストン」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の値動きが軟調なときこそ、有望な「大型株」の仕込み時!「大型株」の中で、アナリストが“強気”と診断した「ブリヂストン(5108)」と「アンリツ(6754)」の2銘柄に注目! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・秋版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄+Jリート14銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。さらに、特集内では「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」「大型株」「新興株」のカテゴリー別で、注目すべきおすすめ銘柄を取り上げている。今回は「新興株」の中から、注目の2銘柄を紹介しよう!

マネックスグループ、株主優待を変更し、500円分の 「ビットコイン」を贈呈! 2019年9月末時点の株主で、 子会社・コインチェックの口座を保有すればもらえる! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マネックスグループ(8698)が、株主優待を一部変更すると、2019年9月24日に発表した。株主優待の変更は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。マネックスグループの株主優待は、3月末時点と9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「マネックス証券の証券口座で、マネックスグループの株式を100株以上保有する株主を対象に、対象期間中の現物株式の売買手数料に応じて、『マネックスポイント』を贈呈(ポイント付与率は保有株数に応じて決定)」という内容だった。今後もこの点に変わりはないが、2019年9月末の株主でCoincheckの口座を保有しているマネックスグループの株主には、追加で500円相当の『仮想通貨BTC』が付与される。(マネックスグループ、コード:8698、市場:東証1部)

“年金額”を予測する「財政検証(2019年版)」によると、 所得代替率の低下で、生活水準も低下するのは確実!? [60歳ザイ編集部員・定年退職までのロードマップ(9)] - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今後の“年金支給額”はどうなる? 将来の年金の給付水準を示した「財政検証(2019年版)」の中身を徹底検証すると、「年金支給額」はそれほど変わらなくても「生活水準」は低下する可能性が! 今回は発売中のダイヤモンド・ザイ10月号から、連載「本誌60歳部員の同時進行ドキュメント 定年退職までのロードマップ」の第9回<特別編>を紹介! この連載では、2020年3月に定年退職となるダイヤモンド・ザイ編集部の「ハラダ部員(2020年3月末に定年を迎える60歳)」が、老後のお金の不安を解消すべく奔走する様子を同時進行で赤裸々に公開している。第9回は「『2019年財政検証』を検証! オレらの年金どうなっちゃうの?」。将来の年金の給付水準を示した「財政検証」を、 法政大学教授の小黒一正さんとハラダ部員が徹底検証する!

株価&業績が“大化け”すると、アナリストが太鼓判を 押す「新興株」2銘柄を紹介! 情報セキュリティーの 「ラック」、障がい者就労支援の「ウェルビー」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ジャスダックやマザーズに上場する「新興株」の中で、業績&株価の大化け期待があり、アナリストが“買い”と診断したのは「ラック(3875)」と「ウィルビー(6556)」の2銘柄!
 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・秋版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄+Jリート14銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。さらに、特集内では「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」「大型株」「新興株」のカテゴリー別で、注目すべきおすすめ銘柄を取り上げている。今回は「新興株」の中から、注目の2銘柄を紹介しよう!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.