投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「米国株高」「香港情勢の改善」「円安」「大型補正 予算」など日本株に強力な追い風が! 新興市場にも 資金が流入し始め、千載一遇の投資チャンスが到来! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株式市場は、相変わらず強い動きを続けており、NYダウ、ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数の主要な3株価指数は揃って絶好調です。11月25日は、中国政府が24日、「知的財産権の侵害に対する罰則を強化する」と発表したことや、週末にオブライエン米大統領補佐官が年内の貿易合意について「まだ可能」と述べたと伝わったことが買い材料になりました。ところで、大規模デモの混乱が続く香港では、11月24日の香港の区議会選挙で、民主派が全452議席の8割超を獲得し、全18選挙区のうち17区で民主派が過半数を得る圧勝となりました。

日経平均株価は7日連続で「年初来高値」を更新し、 約1年ぶりに「2万3000円台」を回復! 今のような 相場では「トレンドフォローの順張り買い」で狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日米の株式市場が非常に強い動きとなっています。10月28日の米国株式市場では、多くの機関投資家が運用指数とするS&P500種株価指数が前週末比16.87ポイント高の3039.42ポイントと、3カ月ぶりに過去最高値を更新しました。一方、日本は、10月28日まで日経平均株価が6日続伸し、6日連続で年初来高値を更新しました。そして、29日前場の日経平均株価は続伸し、ザラ場中としては昨年10月11日以来、約1年ぶりに2万3000円大台を回復する場面がありました。

2019年の「米ドル/円」の値動きをプロが大予想! 前半は「円安ドル高」継続も、米国の利上げ次第では 年末に1米ドル=105円の「円高ドル安」の可能性も!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年の「米ドル/円」相場は「円安」か「円高」かを大胆予想! 2019年の「米ドル/円」レートのアナリストによる予想を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ2019年2月号は、年末年始の恒例企画「2019年『株』大予測&儲け方」を大特集! 投資のプロ100人が日経平均株価、マザーズ指数、NYダウなどの主な株価指数やドル円、ユーロ円などの為替レートの値動きを大予測しているほか、2019年に投資で儲けるための「勝ち戦略」&株価が上がる株や投資信託を掲載している。今回はその中の「2019年の為替はどうなる?」から、「米ドル/円」の為替レートの値動きについての記事を抜粋して紹介しよう!

日経平均の急落は「チャイナショック」再来の兆し? 米中貿易摩擦の激化が懸念される今、日経平均が 5日平均線を超えるまで、大型株は買わないのが吉! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、日本株を鋭く分析する好評連載。7月2日の日経平均は前週末比492.58円(2.21%)安と大幅に反落。こうなってしまった主因は、やはり、金融市場での、米中貿易摩擦激化懸念の強まりなのだと思います。このままでは、米中は7月6日にまず340億ドル分の追加関税を発動する予定です。このため、市場では、この米中貿易摩擦が世界経済、とりわけ中国経済への悪影響が大きいことへの警戒感が強まっているのです。ところで、7月2日発表の日銀短観6月調査では、大企業製造業DIは、前回3月調査から3ポイント悪化し、プラス21と2四半期連続で悪化しました。

想定為替レートが「1米ドル=100円」の「コマツ」や 「日立建機」が狙い目! 専門家が予想する「1米ドル =115円」まで円安になれば業績&株価が大幅アップ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本企業の多くが2019年3月期の想定為替レートを「円高」と見込むなか、専門家75人は2019年6月まで「円安」が続くと予測! 今後の円安の進行で業績の「上方修正」が期待できる株をに投資して、株価上昇を狙え!発売中のダイヤモンド・ザイ8月号では「人気の株500激辛診断&2018年後半の勝ち戦略」を大特集! 投資のプロ100人による日経平均株価の「高値」と「安値」の予測に加え、2018年後半の勝ち戦略を公開。お馴染みの人気株500の激辛診断では、2019年3月期の最新予想を分析している。今回は、この先1年間、円安が進行すると言われるなかで、業績予想の想定為替レートが円高のため「上方修正」が期待できる銘柄に投資する方法を、抜粋して紹介しよう!

日経平均株価がいよいよ2万3000円の大台を突破! 長らく低迷していた新興市場にも資金が戻りはじめ、 積極的に「小型株の値幅取り」ができる相場に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:5月21日の日経平均株価は、前週末比72.01円高の2万3002.37円と、2月2日以来およそ3カ月半ぶりに大台を回復しました。日米株式市場が上昇した主因は、前週末にかけて開かれた米中の貿易協議で、中国が米国製品の輸入を増やし、双方が追加関税の発動を保留することとなったため、米中貿易摩擦への懸念が後退したからです。また、日本については、ドル高・円安も追い風になっています。国内政局が一段と混迷したり、米朝会談がご破算にならない限り、日経平均株価は上を目指すでしょう。心配していた新興市場を中心とした小型株ですが、ここにきてようやく明るさが戻りつつあります。

為替レート(円安・円高)が株価に与える影響を、 株初心者にわかりやすく解説! 円高で儲かる業種、 業績が悪化する業種、影響されない業種を知ろう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:為替が株価に影響を及ぼす理由と、円高で恩恵を受ける業種、受けない業種を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号では、特集「桐谷さんが教える、株主優待で始める『株』入門」を掲載。株主優待名人・桐谷広人さんが、初心者向けに株主優待株の買い方をわかりやすくレクチャーしてくれている。特集内では、「株主優待株はどう選んでどう買えばいいですか?」「株価が上下する理由っていったい何ですか?」「株主優待株の具体的な買い方を教えてください!」というよくある疑問に桐谷さんが回答。ここではその中から、株価が上下する理由について一部抜粋するので、参考にしてみてほしい。

日経平均株価はすでにバブル状態で、2018年末には 1万9500円に下落!? 弱気派のアナリストが解説する 「世界の株価上昇がまもなく終わる」根拠とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株式市場のバブルは、すでに始まっている!? 株価上昇の終わりが近い根拠を、専門家が分析!日経平均株価はどこまで上がるのか?「1年後に3万円」を予想する声が出る一方で、「すでにバブルが始まっている」と2018年内の株価急落を懸念する声も。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、強気派、弱気派それぞれのアナリストに、その根拠と2018年の株価予想を徹底取材している。今回は、弱気派のアナリスト3名の中から、智剣・OskarグループCEOの大川智宏さんの主張を抜粋して紹介しよう!

日経平均は強いものの、急激な上昇トレンドは期待薄 今は、短期マネーが流入している小型株市場で 短期の回転売買を回し、利益を積み上げる時期! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月27日前場の日経平均株価は、続伸しています。始値は前日比75.77円高の2万229.12円でしたが、その後、上げ幅を拡大して一時2万250.10円と、20日に付けた終値ベースの年初来高値の2万230.41 円を上回る場面がありました。6月27日の上昇の背景は、前日26日の米国株高と円安です。また、27日は6月や12月が決算期末の企業の中間配当などの権利を得る最終売買日ですから、権利取りの買いも入ったことでしょう。

再び「2万円台回復」を果たした日経平均株価は、 堅調に推移するも力強いトレンドの見えない状態! 今は上昇トレンドを描く「マザーズ市場」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月13日~14日のFOMC、15~16日に開かれた日銀金融政策決定会合という2大重要イベントを無事に通過したことで、イベントリスクが大幅に低下しました。この結果、多くの投資家が動きやすくなり、リスクオンになりました。FRBは6月13日~14日のFOMCで、0.25%の利上げを決めました。また、量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小にも着手することを表明しました。日銀は、長短金利操作付きの量的・質的金融緩和政策の維持を決めました。これら日米中央銀行の決定は、市場の事前予想通りでした。

日経平均株価の2017年7月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! アベノミクス後の高値、2万952円の突破なるか!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は6月に入り念願の2万円に到達! 米国のトランプ大統領による機密情報漏えい疑惑など政治面への警戒感は続く一方で、堅調な企業業績が株価上昇の下支えとなった。日経平均株価の次なる照準はどこなのか? 狙うは「アベノミクス後の高値更新」とアナリストは分析するが、その達成の時期についてはプロの見解も分かれている! 7月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

2017年末までの日経平均株価をプロ5人が大予測! 株式市場が不透明な今こそ狙い目のおすすめ銘柄と、 その買い時をスゴ腕ファンドマネジャーが伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、2017年後半にかけて2万円を大きく超えることができるか? 5人の「先読みの達人」が2017年末までの日経平均株価と日本株の行方を大予測!ダイヤモンド・ザイ7月号では、「2017年末までの日本株大予測」という特集の中で、株の買い時と投資戦略を徹底分析している。今回はその中から抜粋して、5人の「先読みの達人」の日経平均株価の予測と、達人の1人であるレオス・キャピタルワークスの藤野英人さんの投資戦略を紹介しよう!

日経平均株価の2017年6月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 2万円台へ回復するかどうかは、米FOMCも焦点に! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は悲願の2万1000円台に乗ることはできるのか!? フランス大統領選挙で中道系独立候補だったマクロン氏が当選した安堵感から、日経平均株価はゴールデンウィーク明けに急騰し、年初来高値を更新した。今後、日経平均株価は2万円に達し、1996年以来一度も突破できていない2万1000円台に乗ることはできるか?6月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

日経平均株価は年末までに2万2000円を目指す! 投資のプロは北朝鮮リスクで一時的に株価下落しても 好調な米国経済の影響で日経平均株価の高騰を予測! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ氏のアメリカ大統領当選後、日米でトランプ相場が到来したが、2017年以降の日経平均株価は一進一退の状態だ。為替が円高傾向となり、トランプ政権に失望する声も高まっている。そうしたなかで今後の相場はどう動くのか? 「トランプと仕事をした投資銀行家」ぐっちーこと山口正洋さんと、「トランプ相場を的中させた」マネックス証券チーフ・ストラテジストの広木隆さんという気鋭の2人がズバリ今後の株式市場の行方を先読みする!

4月だからこそ買うべき株の3つのタイプを大公開! 銘柄選びが難しい期変わり時には、12月決算銘柄や 一瞬で株価が割安になる可能性がある銘柄に注目を! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「4月」の今だからこそ買うべき割安株の選び方をプロが伝授!日本株は3月決算の銘柄が多く、期変わりの今の時期は銘柄選びが難しい。今回の記事は、そうした状況で短期の上昇を狙うなら、どんな点に注意して銘柄を選択すればいいか、プロが3つのポイントを挙げて解説しているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

日本株の4~5月の見通しを2人のプロがズバリ予測! トランプ&欧州の政治リスクが懸念されるなかで、 プロが選んだ「4月に買うべき本命株」4銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資のプロが、短期的な日本株の行方を予測&狙い目の本命株を大公開! ダイヤモンド・ザイ5月号では、「短期の出遅れ×長期での上昇継続・隠れ割安株ランキング」と題した大特集を掲載。さまざまな観点から有望な割安株を割り出し、ランキング形式でたっぷり紹介している。今回は、その特集から、証券会社のアナリストが読み解く短期の日本株予測と、狙い目の本命株を一部抜粋。記事では、相場のプロ達に、今後の日本株の方向感をどのように見ているか解説してもらっている。ダイヤモンド・ザイ5月号では、プロ4人の予測を掲載しているが、ここではそのうち2人分の予測を紹介していこう。

儲かる株が見つかる「3つのランキング」を紹介! 人気500銘柄から「利益が伸びる株」や「高配当株」 「3万円以下で買える株」の上位5銘柄を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:人気の500銘柄を徹底分析して、儲かる株が見つかる「3つのランキング」のベスト5を紹介!ダイヤモンド・ザイ5月号の特集「人気の株500激辛診断」では、人気株500銘柄を「来期の営業利益の伸び率が高い株」「配当利回りが高い株」「理論株価に比べて割安な株」など、注目すべき5つの視点でランキングを作成して掲載している。今回は特集記事から、3つのランキングをピックアップして、各ランキングのベスト5を紹介! 株初心者や少額投資家必見の3万円以下で買える株や2018年3月期の増益率が高い株、上値も狙える高配当株に注目だ!

10年以上も好業績の「連続増収増益株」ベスト15! リーマンショック前から増収増益を続けている、 地味でも変化に対応して成長する中小型3銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不況下でも株価と業績が上昇し続けている、「連続増収増益株」からおすすめの3銘柄を紹介!3月21日(火)発売のダイヤモンド・ザイ5月号は、「短期と長期で狙う割安株ランキング」を大特集! 今回はこの特集から、不況下でもしっかり稼ぐ!株価も業績も上昇中の「連続増収増益株」ベスト15を大公開! さらに、そのなかで今後も株価と業績の上昇が継続すると見込まれる有望な銘柄を抜粋して紹介しよう!

円安で株価上昇が期待できる輸出&外需株ベスト40! 想定レートが110円以下、しかも本業の業績も好調で 業績の上ブレが見込める、プロも注目の3銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:円安が進むほど増益になり、株価上昇も期待できる「円安増益株」ベスト10を大公開! 海外売上高の比率が年々上がり続けている日本企業だが、業績予想を出す際に、想定為替レートを保守的(円高寄り)に設定する企業はとても多い。つまり、これらの企業では実際の為替レートが想定レートよりも円安になれば、予想より大きく上ブレた業績になる可能性が高いのだ。そこで今回は、円安が進むほど増益になりやすい「円安増益株」ベスト10を公開! さらに、投資のプロがおすすめする狙い目の銘柄を3つ紹介しよう!

ダイヤモンド・ザイ5月号は隠れ割安株ランキング! 円安で増益確実の株や7年で配当6倍の連続増配株など 短期と長期で狙える割安株をランキングで紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:『ダイヤモンド・ザイ5月号』は、「隠れ割安株ランキング」を大特集でお届け! オランダ総選挙での極右政党の敗北やFOMC(連邦公開市場委員会)の利上げ決定でも日本株が動かない今、銘柄選びで重要なのは上がる要素を持った「割安株」を狙うこと! そこで『ダイヤモンド・ザイ5月号』は、短期と長期で狙うべき「隠れ割安株」をランキング形式で紹介します。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.