投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「インテル」が事業戦略の見直しにより、再び成長 路線へ! 急成長をしている“データ中心”市場への 進出を試みている今こそ、絶好の投資チャンスだ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! インテル(ティッカーシンボル:INTC)は、1968年にボブ・ノイス、ゴードン・ムーアらによって設立された半導体企業です。近年、インテルは再び企業戦略を見直し、それまでのPC中心の会社からデータ中心の会社への脱皮を図っています。2018年には、PC中心の売上高とデータ中心の売上高がちょうど半々になりました。データ中心の新分野というと、具体的にはデータセンターで使用される人工知能、FPGA、オプテイン・メモリ、3D NAND、ネットワークで使用されるNFV、5G向けチップ、エッジ向けチップ、IoTで使用される人工知能、自動運転車向け半導体、ビデオ・チップ、MaaS/DATAなどを指します。
インテルの売上構成グラフ

日経平均株価は7日連続で「年初来高値」を更新し、 約1年ぶりに「2万3000円台」を回復! 今のような 相場では「トレンドフォローの順張り買い」で狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日米の株式市場が非常に強い動きとなっています。10月28日の米国株式市場では、多くの機関投資家が運用指数とするS&P500種株価指数が前週末比16.87ポイント高の3039.42ポイントと、3カ月ぶりに過去最高値を更新しました。一方、日本は、10月28日まで日経平均株価が6日続伸し、6日連続で年初来高値を更新しました。そして、29日前場の日経平均株価は続伸し、ザラ場中としては昨年10月11日以来、約1年ぶりに2万3000円大台を回復する場面がありました。

日経平均株価は2万4448円までの上昇を期待できる 状況に! 今は小型株に集中投資をするのを止め、 大型株にも資金を回す「ハイブリッド投資」が正解! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価は、非常に強い動きとなっています。この上方ブレイクの主因は、米中貿易協議の部分合意が市場の緊張を和らげたことによる中国関連株の上昇、アップルの新型「iPhone」効果による電子部品株の上昇、そして、半導体市況に対する底入れ期待の高まりを背景にした半導体関連株の上昇です。これら3つのテーマ性のある銘柄群の上昇が、日経平均株価を力強く押し上げました。

業績悪化 ルネサス社長が辞任

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:車載向け半導体大手のルネサスエレクトロニクスは、呉文精社長兼最高経営責任者(CEO)が6月末に辞任し、後任に柴田英利最高財務責任者(CFO)が就任すると発表。事実上の引責辞任。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 半導体
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6327978
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/06/25 17:44:32 投稿番号: 38803

日経平均株価は3月に入り、昨年末からの上昇がピーク アウト! ルネサスエレクトロニクスなど半導体株や 景気敏感株は、今後も上値での"売り圧力"が継続する! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は2019年3月4日に21860.39円でピークアウトして、11日には一時20938.00円まで下落する場面がありました。日経平均株価のピークアウトした主因は大きくは2つ、「米国株の下落」と「国内景気不安の強まり」です。足元でNYダウが目先の底入れしたことは、日本株への追い風ですが、国内景気はセクター別ではルネサスエレクトロニクスの工場操業停止をきっかけに、半導体・電子部品といったハイテク株のみならず、機械など景気敏感株に関しては、上値での売り圧力が強い状況が継続することが危惧されます。日経平均株価は、現時点では、11日の20938.00円~4日の21860.39円のレンジ相場がメインシナリオです。そして、3月のSQ値(特別清算数値)21348.40円が、「強気」「弱気」の分水嶺です。このため、今後、SQ値を再び下回るようなら下方向を警戒するべきです。逆に、上回っている限り、基本的に「リスクオン」でオッケーでしょう。

ルネサス 最大2カ月操業停止

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、国内外の工場で2019年4~9月に一定期間の帰休を実施。中国向けの需要が急激に減少したため、異例の減産によって在庫の調整を図る。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 半導体
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6316220
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/03/07 02:11:49 投稿番号: 36941

ルネサスのしかかる1兆円買収

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:半導体大手・ルネサスエレクトロニクスの2018年12月期決算は減収減益に沈んだ。総資産が1兆円程度で1兆円を超える巨額買収案件に踏み切る動きは、大きな転換期になるとの見方。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 半導体
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6314375
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/02/19 08:58:44 投稿番号: 36619

「株価10倍」が狙える、今から買いの“7大テーマ”を 公開! 7大テーマの注目株は、インバウンドの「THE グローバル社」、半導体の「RSテクノロジーズ」だ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「インバウンド」や「半導体」など、次世代ニーズを捉えた、長期成長が見込める「10倍株」の有力候補を2銘柄紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ2019年1月号の大特集は「今から狙う10倍株ベスト67」! 景気に関係なく伸びる強い株を、中長期で保有して大きな値上がり益を狙うのは株式投資の王道だ。 実際、直近10年では株価が10倍以上になった「10倍株」が160銘柄以上も誕生! 誌面では「小売りや外食など身近な株」「大きなテーマに乗った株」「ニッチ市場の高収益株」「時価総額が小さい株」「業績不振からの復活株」という条件別に、中長期で保有して株価10倍が狙える全67銘柄を掲載している。今回はその中から、「大きなテーマに乗った株」を2銘柄抜粋。最旬テーマの解説とともに、注目のテーマ株を2銘柄取り上げるので、投資先選びの参考にしてみてほしい。

ルネサスが攻勢 米企業買収へ

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:半導体大手ルネサスエレクトロニクスが、7千億円超を投じて米国の同業メーカーを買収する。大型買収で技術力を強化し、急成長が見込める車の自動運転向けで攻勢をかける狙いだ。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 半導体
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6296620
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2018/09/12 05:48:17 投稿番号: 33641

東芝(6502)が4年ぶり黒字で最高益更新も 半導体メモリ事業の売却を止めない不思議 - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東芝が2018年3月期の決算短信を珍しく期限内に発表しました。4年ぶりの黒字で7年ぶりに最高益を更新しましたが、稼ぎ頭の半導体メモリ事業の売却が決まるなど先行きが明るくなったとは言えない状況です。

東芝は「半導体事業の売却中止」でも 物言う株主の支配で将来不安はまだまだ続く - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年3月期までに債務超過を解消しなければ上場廃止という瀬戸際にあった東芝が「半導体事業の売却中止を決めた」という報道がありました。6000億円の第三者割当増資で債務超過状態を脱出できたためですが、それにより東芝はさらなる火種を抱え込むことに…。

2018年に爆上げする「大化け株」をアナリスト4人が 大胆予測!昨年、株価が好調だった外食株の中では 「一家ダイニングプロジェクト(9266)」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:半導体や外食株の株価は、2018年も上がる? それとも下がる? プロ4人が注目する銘柄を明言!1月20日発売のダイヤモンド・ザイ3月号の巻頭特集は「最強 日本株番付」! 精鋭アナリスト30人に徹底取材して「5万円株」番付や「高配当株」番付、「新興株」番付など注目の7大番付を決定し、最強の103銘柄を大公開している。今回はその中から、大化け株の発掘に定評のある独立系アナリスト4人の座談会企画を抜粋。2017年に大幅上昇した半導体や外食株などは2018年も上がるのか? 4氏の予測を紹介しよう! 

2017年の大型株「上昇率」&「下落率」ランキング! 株価上昇率の高かった半導体、ロボット関連株など 2017年の傾向から2018年に「買い」の銘柄を探せ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年の大型株「株価上昇率ベスト10」&「株価下落率ワースト10」を発表!12月21日に発売するダイヤモンド・ザイ2月号の特集「2018年『株』全予測」では、今後の日本株の動きをプロ100人が大予測! 為替や注目業種、投資信託についても徹底分析し、2018年に「買い」の株&投資信託を大公開している。今回はその中から、大型株の2018年の狙い目株をピックアップ! 2017年に上がった株、下がった株から2018年の「買い」の銘柄を探してみよう!

機械関連の経済指標(国内)

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:機械関連の経済指標を、日本国内の指標に限定してまとめます。景気敏感な機械関連株の株価は、各種経済指標の動向から大きな影響を受ける事がありますので、短期売買を行う投資家にとって、これらの指標の確認は重要です。

東芝が債務超過回避のため大型増資を検討。 半導体事業売却の強行は「犯罪になるかも」 - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:上場廃止回避のため利益の9割を稼ぎ出す「虎の子」半導体事業を日米韓連合に売却することを決定している東芝(6502)ですが、ここへきて売却完了が期日(2018年3月末)に間に合わなかった場合に備え「6000億~8000億円の増資の検討に入った」と報道されています。増資で上場維持できるのに半導体事業売却を中止しない愚を、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が痛烈に批判しています。

EV(電気自動車)などのハイテク関連のテーマ株は、 最終製品よりも部品や素材、製造装置の銘柄を狙え! EV向けの電池素材を手掛ける「新日本電工」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「第4次産業革命」の関連銘柄を吟味して、資産の倍増を目指そう!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の巻頭特集「株で資産倍増計画」では、資産が億超えの投資家が伝授する株の「買い方」「売り方」を詳細に大公開! さらに、「1年で株価2倍」を繰り返して資産1億円を実現するための「2018年の2倍株」厳選56銘柄を紹介している。今回は「2018年の2倍株」の中から、「第4次産業革命」の土台を支える独自技術を持った株に注目。おすすめの1銘柄も紹介するので、銘柄選びの参考にしてみてほしい。

「第二の東芝か?」あのハゲタカファンドが 今度はアサツーDKの非上場化で暗躍!? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:国内3位の広告会社であるアサツーディ・ケイ(9747)が、ベインキャピタルによるTOBに応じて非上場になると発表しました。ベインキャピタルと言えば東芝の半導体事業売却でも「日米韓連合」の主軸として名の上がったファンドですが、彼らがアサツーディ・ケイに手をかける理由とは……

半導体製造の巨大企業、タイワン・セミコンダクター ・マニュファクチャリングは、技術力も業績も抜群! 社会のデジタル化が業績の追い風となる有望企業! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリング(ティッカーシンボル:TSM)は1987年に台湾で創業した世界有数の半導体ファウンドリです。半導体業界では分業が進んでいます。すなわち、回路の設計に特化したデザイン企業と、それらの企業が持ち込むデザインに従って実際に半導体を製造するファウンドリに分かれているのです。半導体デザインは資本集約的(=参入するにあたり沢山の先行投資資金を必要とすること)ではありませんが、半導体ファウンドリのビジネスは資本集約的です。言い換えれば、半導体ファウンドリのビジネスは、敷居が高く、おいそれと始める事ができないのです。

東芝の半導体事業売却が底なし沼! 事態はもう壊滅的かつ修復不可能 - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東芝は半導体事業の売却先を「日米韓連合」とする方針を発表しました。半導体事業の売却を巡っては合弁相手の米ウェスタンデジタル(WD)が国際仲裁裁判所に提訴するなど難航し、紆余曲折を経て米系ファンドKKRとWDの「WD連合」への売却で、ほぼほぼ決まりかけていたはずですが……

株価10倍を狙える半導体、電気・電力関連銘柄は? 次世代の生活を向上させるAIやビッグデータ、 自動運転などの技術革新を支える2大分野に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今後10年間の社会の技術革新を支える、半導体、電気・電力関連銘柄から、株価アップが期待できる注目の「10倍株」を紹介!9月21日(木)発売のダイヤモンド・ザイ11月号の大特集「今買う10倍株 ベスト67」では、相場に負けない成長力を持った、個人投資家がいま本当に買うべき銘柄を厳選して紹介している。今回はその中から「技術革新に関わる株」をピックアップ! 私たちの生活の向上に貢献する技術革新、その関連株にこそ10倍株が眠っているはず! 今後10年の社会を進化させる技術とは何かを徹底的に探り、おすすめ銘柄を紹介する。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.