投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


買ってもいい「毎月分配型」投資信託は“2つの条件”で 見極めよう! 長期&安定的に分配金を受け取れる「毎月 分配型」投信を探すには“実績”と“適正分配度”に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:買ってもいい「毎月分配型」投資信託の特徴とは? 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「分配の【実績】と【適正度】のダブルでチェック! 長期で安心の【分配型投信】11本」を掲載。長期で安心して保有できる分配型の投資信託を11本紹介している。今回は、11本の分配型の投資信託を選別した基準を解説。自分で投資信託を選ぶ際にも応用できるので、投資信託での資産運用を考える人は、ぜひチェックを!

日経平均は1万9816~2万1000円のボックス相場に! 今は内需株を中心に売買し、外部環境改善の兆しが 見えたら、リバウンド狙いで外需株へ移行しよう!  - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や日本市場について、アナリストの藤井英敏さんが解説! 東京株式市場の地合いが悪い状況が継続しています。6月3日の日経平均株価は4日続落し、前週末比190.31円安の2万410.88円と、終値ベースで2月8日の2万333.17円以来、ほぼ4カ月ぶりの安値に沈みました。トランプ米大統領が5月5日に中国への制裁関税引き上げをツイッターで突然表明して以降、米中貿易戦争が激化しています。これに加え、不法移民流入へのメキシコの対策が不十分だとして、6月10日よりメキシコからのすべての輸入品に5%の関税を課すと、5月30日になって、こちらも突然、トランプ政権が発表しました

cisさんは、なぜ株で230億円もの資産を築けたのか? “長期で投資”⇒“短期で戦って勝つ”スタイルへの転換 こそ「日経平均を動かせる男」になれたカギだった! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:伝説の投資家・cisさんは、なぜ230億円もの資産を築くことができたのか? cisさん本人に聞いてみた!新生活をスタートさせる人も多い新年度は、まさに株の始めどき。そこで3月20日発売のダイヤモンド・ザイ5月号では、巻頭特集「億を作った勝ち組から学ぶ 株入門!」を掲載! 株で「億」の資産を築いた”勝ち組個人投資家”が先生となり、「株価の上がるネタ探し」や「高配当株の安値買い」「チャートで簡単に儲ける方法」など、実際に先生たちが株式投資で勝ってきた手法から、初心者にもマネしやすいやり方をわかりやすく解説している。今回はその中から、株式投資だけで資産を230億円に増やした伝説の投資家・cisさんへのインタビューの前半部分を抜粋して紹介しよう!

日経平均株価は2万円~2万1000円のレンジ相場に! 「サンバイオ暴落」の影響を考え、今は短期スタンス の個人投資家の関与率が低い「大型株」を狙おう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株式市場を分析! 堅調な米国株式市場に加え、外国為替市場でのドル高・円安を受け、日経平均株価は底堅い動きを続けています。ただし、上値も重いため、上にも下にも放れることがない、「トレンドレス」・「保ち合い相場」となっています。一方、国内では、3月決算の主力企業の第3四半期決算が本格化しています。ですが、中国経済の減速などで、通期業績予想を下方修正する企業が相次いでおり、業績の先行きに対する警戒感が強まっています。それにしても、サンバイオ(4592)は酷かったですね。

2019年のマイナス金利再来で、住宅ローンの変動金利はもっと下がるのか? 千日太郎が解説! - 住宅ローンの選び方[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年に入り、長期金利が再びマイナスになる日が出てきました。皆さんの中には「これで、住宅ローンの変動金利はもっと下がるんじゃないか…?」と期待している人がいるかもしれません。実際、ネット銀行の好業績を見ると、その余地はあるのですが、別の理由で変動金利はこれ以上下がらないと予想しています。

シンガポール国債が日本国債より高格付けな理由は? 日本に住む人でも、シンガポールなどの海外の金融 商品に資産を振り分け、リスクヘッジをしておこう! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポール国債の格付けが「AAA(トリプルエー)」と最高レベルと評価されている理由を、シンガポール在住のファイナンシャル・プランナー花輪陽子さんが解説! シンガポールの国債の評価は「AAA」なのに、日本の国債の評価は「A+(エープラス)」とシンガポールよりも4段階も低いという結果になっている。その理由を分析していくと、日本の未来はあまり明るくないとの見通しに……。国債の評価に基づいて、私たちが対策すべきこととは?

毎月分配型投信の保有者は「資金の逆流」に要注意! ブラジル・レアルやトルコ・リラなどの毎月分配型に 関連する「新興国の通貨」が急落している理由を解説 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:毎月分配型の投資信託の多くの銘柄に組み入れられているブラジル・レアルやトルコ・リラなど、新興国の通貨が2018年に入って大幅に下落している。その理由は米国の金利上昇に伴う「世界のマネーの逆流」だが、これから日本の個人投資家が注意すべきポイントは? ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号2本紹介している。今回はその中からダイヤモンド・ザイ8月号で掲載された「高利回りの新興国資産」に関する記事をピックアップ! かつては高金利で人気だった新興国債券や、新興国債券型の投資信託などを保有している人も多いはず。しかし、最近は新興国市場からの資金流出が目立っている。ここでは、その背景や投資する上でのポイントを紹介するので、参考にしてみてほしい。

香港で購入できる金融商品の魅力とは? 外国債券が 充実している香港の金融機関なら、長期的な資産形成 や老後の定期的な収入の確保も可能になって魅力的! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:香港の金融機関「Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB、ニッポンウエルスリミテッド、ア・リストリクテッドライセンスバンク)」のセミナーでFP・花輪陽子さんが実感した、香港の金融商品の魅力とは? シンガポール在住のFP・花輪陽子さんが、シンガポールから香港に遠征し、現地の金融機関NWBのセミナーに参加。今回はそのNWBのセミナーで知った、日本人にとっても魅力的な香港の金融商品についてレポート。日本と違い、当局が厳しく管理している香港の金融商品のラインナップや、老後に向けて保有を検討したい外国債券の魅力なども紹介する!

シンガポールや香港など、海外の金融機関に口座を 開設して投資するメリットとは? 日本で取り扱って いない高利回りの債券など、海外投資の魅力を紹介! - FP花輪陽子のシンガポール移住日記

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シンガポールや香港などの海外の金融機関でしか投資できない金融商品の魅力と、日本から海外の金融商品に投資する方法を紹介! 資産の大半を現金・預金で持っている人が多い日本と違い、海外では株や債券などをポートフォリオに組み込むことが一般的。富裕層も、高利回りの社債などで運用するケースが多いというが、彼らの投資対象には日本から投資できない場合も多い。そこで今回は、シンガポール在住のFP・花輪陽子さんに、海外の金融商品の魅力と、日本在住でも海外の金融商品に投資できる方法を解説してもらった。

米国市場にくらべ「戻り」が鈍い日経平均株価は 今こそ絶好の「押し目買い」の好機! 短期スタンス の銘柄は避け、指数連動ETFや優良大型株を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2月26日のNYダウは、大幅に3日続伸し、前週末比399.28ドル高の25709.27ドルと2月1日以来、約3週間ぶりの高値で取引を終えています。VIX急騰の直接のきっかけとなった米長期金利は足元で上昇が一服しているとはいえ、高値圏で推移しています。2月26日の米10年物国債利回りは、前週末終値と同じ2.86%でした。米10年物国債利回りは21日に2.95%と、2014年1月上旬以来、およそ4年1カ月ぶりの高水準に上昇しました。市場は「VIXショック」で、米長期金利の3%乗せはほぼ織り込んだと考えます。ですが、円が対ドルで強いので、米国株などが大きく上昇しても日本株が追随しきれず、日経平均株価の戻りは鈍いです。

米国株式市場が急反発し「ベア・マーケット入り」を 回避! 株式市場が平常運転に戻ったことにより、 3月21日のFOMCにおける利上げ確率が80%以上に! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週の米国株式市場は、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が+4.24%、S&P500指数が+4.3%、ナスダック総合指数が+5.3%と急反発しました。これらの主要株価指数は全て50日移動平均線より上で引けています。そのことは今回の調整局面が「ベア・マーケット(下落相場)入り」では無かったことを示唆しています。今後の相場のシナリオ的にも、基本、強気で臨んでOKだと思います。具体的には、先週パフォーマンスが良かったセクターである、ハイテク(+4.8%)、工業(+4.7%)、ヘルスケア(+4.3%)などになります。一方、米国10年債利回りは、いよいよ2.9%に乗せてきました。2.9%という水準は、過去をずっとさかのぼってみると、まだまだ低い水準です。つまり、株高の基本要件が崩れてしまったわけでは決してないということです。

日経平均株価に「ダブルボトム」形成の兆しが! マクロ環境は良好で値幅的にも十分に調整したので、 直近の決算内容が良かった銘柄を拾って行こう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:乱高下した米国株式市場ですが、ようやく落ち着きを取り戻しつつあります。まず、前週末2月9日のNYダウは、3日ぶりに反発、前日比330.44ドル高の2万4190.90ドルでした。週明け12日のNYダウは続伸し、前週末比410.37ドル高の2万4601.27ドルでした。VIX指数は前週末比3.45(11.87%)安の25.61と、続落しました。このように、NYダウの安値圏での強力な買い、VIX指数の低下から、投資家の不安心理は和らぎつつあると評価してよいでしょう。ただし、今回の急落の震源地の米国長期金利については、2月12日の米10年物国債利回りが時間外取引で一時2.90%に上昇し、依然として高止まりしています。

米国債券の利回り上昇で米国株が久しぶりに急落! 各企業の業績は絶好調なので、債券市場が落ち着けば 株式市場に「バーゲン・ハンティング」が入る!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週の米国株式市場は、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が-4.17%、S&P500指数が-3.9%、ナスダック総合指数が-3.52%でした。ダウ工業株価平均指数の週間ベースでの下げ幅は、過去2年で最大でした。2018年に入ってから、米国株式市場は快調に飛ばしてきました。年初から18立会日でS&P500指数は+7.5%と上出来のスタートを切りました。しかし、長期金利の上昇がだんだんボディ・ブローのように効いてきて、先週はついにそれに敬意を表するカタチで株式が崩れたのです。先週、市場参加者の間で最も話題になったのは、米国10年債利回りが2.8%台に乗せたことです。また、先週金曜日に発表された1月の平均時給が、前月比+9セント上昇したのが嫌気されました。

3月後半までの1カ月間は「リスク回避」を徹底せよ! 「円高」「決算対策売り」「持ち合い解消売り」など しばらくは日本市場の需給は良くない状況が続く!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元の世界の株式市場では、世界的な景気回復というポジティブ材料と、景気回復が顕著だから世界的に金利が上昇するというネガティブ材料が綱引きしている感じです。1月29日の10年物の米国債利回りが、2014年4月下旬以来、3年9カ月ぶりの水準である2.72%まで一時上昇しました。また、黒田日銀総裁が1月26日のダボス会議で「ようやく2%の物価目標に近づきつつあると思う」と述べたことを受け、日銀の金融緩和政策の正常化が想定よりも早まるとの見方が強まっています。米国と日欧との早期の金利差縮小観測を受け、外国為替市場では、ドルが対ユーロ、対円で売られ易くなっています。

トランプ大統領が誕生してからの1年を振り返る! 「大型インフラ投資計画」や「大型減税」が不発でも 米国株式市場が右肩上がりで上昇を続ける理由とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年11月8日に米大統領選挙があり、ドナルド・トランプの勝利が判明しました。あれからほぼ一年が経過したので、これまでの軌跡を振り返ってみたいと思います。まず株式市場は、大統領選挙の後に急伸した後も、ずっと堅調に推移しています。現在、S&P500指数の向こう12カ月のEPSに基づいた株価収益率(PER)は、ちょうど18倍となっています。ちなみに、過去10年間の平均は14.1倍です。それは、言い換えれば「米国株は割高な水準まで買い進まれている」ことになります。

2017年上半期の成績No.1の投資信託のタイプを発表! 平均上昇率19%を記録した「日本中小型株型」や 成績のバラツキが小さい「新興国債券型」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年上半期に最も好成績だった投資信託のタイプを大公開!世界経済が回復を強め、円安も定着したことで、投資信託の成績は全般的に大きく改善してきている。そこで、現在発売中のダイヤモンド・ザイ9月号の「2017年上半期の投信上昇率ランキング!」特集では、2017年1月から6月までの投資信託の上昇率ランキングをタイプ別に紹介している。今回は、その中から「グローバル債券型」「日本・中小型株型」など投資信託の9つのタイプ別に「平均上昇率」を公開。2017年上半期、最も好成績だった投資信託の「タイプ」とは?

米国株は欧米の金利動向に敏感に反応する局面に! ネットフリックスやアルファベットなど、人気の ハイテク株が急落した原因は長期金利の上昇にあり! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週、各国の中央銀行総裁が揃ってタカ派のコメントをしました。こうした一連の発言を受けて、米国の10年債利回りは、先週2.149%から2.301%へ上昇、ドイツの10年債は0.256%から0.472%へ上昇、英国の10年債は1.040%から1.264%へと上昇しました。一般に、景気が強く、中央銀行が政策金利をぐいぐい引き上げる局面では、長期債ほど価格の下落幅が大きいです。先週は、世界の投資家がこの法則に従順にしたがったと言えるでしょう。先週は、突然、「景気は強いぞ」という見方が台頭したと言えます。

元本保証で、換金しやすく、金利も比較的高い、 投資初心者におすすめの「安全な金融商品」を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:絶対に資産を減らしたくないという人にピッタリの、元本保証の「安全な金融商品」をプロが伝授!ダイヤモンド・ザイ5月号では、投資の初心者に向けた特集「貯める&増やす投資入門」を掲載しているが、今回はその中から、「これならできる。『安全な商品』教えます」のパートを抜粋して紹介。お金を増やしたい気持ちはあっても、「元本が減ることは耐えられない」と感じる人は多いだろう。また、リスク耐性がある人も、運用資金の一部は、万一に備えて元本保証かつ換金しやすい状態で保持することが重要となる。そこで、可能な限り利回りの高い元本保証の商品を、その道のプロであるファイナンシャル・プランナー(FP)にアドバイスしてもらった。

米国債ショック(2011年)前後のダウ平均株価チャート

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:米国債ショック(べいこくさいショック)は、2011年8月8日に発生した世界同時株安です。米国債ショック前後のダウ平均株価チャートを作成しました。米国債ショックの後、米国株式相場はもみ合いの後、上昇しました。

「毎月分配型投信」人気30本すべて基準価額が下落! 分配金の払い過ぎで元本取り崩しのリスクがある中で 健全に分配しているおすすめ投資信託3本を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:あなたの毎月分配型投信は「健全」? それとも「問題アリ」? 現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号は、日本株の総力特集「2017年『株』全予測&正しい儲け方」を掲載。その中では株だけでなく、投資信託の儲け方のヒントも紹介している。そこで今回は、人気の毎月分配型投信の上位30銘柄をチェックし、各投資信託の「健全度」に焦点を当てた記事を抜粋して紹介。健全度が低い投資信託は、元本取り崩しのリスクがある。いわゆる“タコ足食い状態”を避けるためにも、毎月分配型投信を買っている人は必見だ!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.