Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 巣ごもり消費

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「宅配ロッカー」の関連銘柄を紹介! 新型コロナウ イルスの感染拡大に伴うネット通販の利用者急増と、 人との接触を避けられる安心感で注目のテーマ株に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「宅配ロッカー(宅配ボックス)」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、生活必需品などをはじめとした日用品やゲーム、書籍などの「巣ごもり消費」などで、世界中でネット通販の需要が急増しています。日本でも、米国ほど外出自粛規制が厳しくないものの、ネット通販が急増したことで、宅配便の配達員の負担が増加していることは間違いないでしょう。そんな状況を踏まえ、今回は「外出自粛の長期化可能性」「ネット通販需要の拡大」「感染への警戒感の高まり」という3つの観点から、「宅配ボックス(宅配ロッカー)」の関連銘柄に注目したいと思います。以前から、ネット通販の広がりにより配送業の現場における人員の不足が常態化し、業務の効率化が急務となっていたことから、その対策の一つである「宅配ボックス」は注目を集めていました。

“外出自粛”で株価上昇が期待できる「家ナカサービス」 の注目株を紹介! ネット教育関連のチエル(3933)、 電子マンガのビーグリー(3981)は増収増益で業績好調 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“外出自粛”で注目度が上がりそうな「家ナカサービス」関連株を2銘柄紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の株式市場が大パニックに見舞われていることはご存じのとおり。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、アナリストなどの相場のプロ68人に、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて解説してもらってる。先行きが見通せず、投資の方針を決めかねて途方に暮れている人には参考になるはずだ。今回は特集の中から、新型コロナウイルスが猛威を振るう今だからこそ、アナリストなどの相場のプロが値上がりに期待する「家ナカサービス」の注目株を紹介! 銘柄選びの参考にしてほしい。

「ゲーム」関連のおすすめ株を7銘柄紹介! 新型コロ ナの感染が拡大する中、データ使用量が75%も増加し た「ゲーム」の関連銘柄は、売上アップ間違いなし! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ゲーム」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。東京都は3月23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて新たな対応方針を公表しました。さらに3月24日には、2020年東京五輪についても延期が決定しました。米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズのCEOであるハンス・ベストバーグ(Hans Vestberg)氏は、一部経済番組の中で、「データ使用量が4カテゴリーで2ケタ増加した」と語ったそうです。具体的には、週比較で、ストリーミング需要が12%増、Webトラフィックが20%増、仮想プライベートネットワーク(VPN)は30%増、そしてゲームが75%増だったことを明らかにしています。

来週(2/25~28)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万4000円! 引き続き「テレワーク」や 「アニメ」関連銘柄、「高配当株」を要チェック! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/25〜28)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月25日〜28日)の日経平均株価は、2万3000〜2万4000円レベルでの「レンジ相場」が続きそうです。引き続き新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めの進展が注目されます。また、2月22日〜23日に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、新型肺炎を巡る成長リスクが議論さるので、財政支援など各国の姿勢が注目されそうです。

“巣ごもり消費”関連銘柄の「ビーグリー(3981)」や 「ネクソン(3659)」に注目! 新型肺炎の影響でゲー ムやマンガなど、自宅で楽しめるサービスが人気に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「巣ごもり消費」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。いったんは新型コロナウイルスへの警戒感が和らぐ局面も見られた株式市場でしたが、足元では再び下落しています。今後、感染者数がピークアウトしたタイミングで、ヘッジファンドなどが押し目買いの好機と見て買いポジションを積み上げてくる可能性はあるものの、一方で、新型コロナウイリスの企業業績への影響が顕在化してきたことが警戒されます。そうした状況の中で、新型コロナウイルスの感染拡大によって需要が見込まれる新たな関連銘柄に物色が広がっています。

日経平均株価が急落中の今こそ絶好の“仕込み好機”! 直接的な新型コロナウイルス関連銘柄に加え、「テレ ワーク」「巣ごもり消費」などのテーマ株が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 足元の日本の景気鈍化が鮮明です。2月17日に発表された2019年10~12月期の実質GDP速報値は、年率換算で6.3%減と、前回の消費税率引き上げ直後の2014年4~6月期の同7.4%減以来の大きさに達しました。そして、年明けの1~3月期以降も、中国で発生した新型コロナウイルス感染拡大が大きく経済の足を引っ張ることが懸念されてきています。インバウンド(訪日外国人客)も大幅に減少していることでしょう。特に今年は、中国政府が新型肺炎の拡大を理由に国内外の団体旅行を禁止したため、訪日中国人観光客が急減しています。このため、1~3月期の実質GDPもマイナス成長となる可能性が高まっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.