投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


いま米国で最もイケてるブランド「ペロトン・インタ ラクティブ」がIPO! エクササイズ器具の販売だけ でなく、熱烈なユーザー・コミュニティーが強味! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ペロトン・インタラクティブ」のIPO(新規株式公開)について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 2012年にニューヨークで創業され、フィットネス事業を展開するペロトン・インタラクティブ(Peloton Interactive、ティッカーシンボル:PTON)が、近くナスダックに新規株式公開(IPO)します。今回の売出株数は4千万株、価格設定は26〜29ドル、ディール後の発行済み株式数は2.78億株、主幹事はゴールドマン・サックスとJPモルガンです。ペロトン・インタラクティブは、自宅にいながら、あたかもクラブ系フィットネスジムにいるのと同じような高揚感、連帯感、モチベーションを得られる環境を演出することで、顧客を長期ユーザーにする手法を編み出しました。

歯列矯正サービスの「スマイルディレクトクラブ」が ナスダックにIPO(新規上場)! 斬新なビジネス モデルで市場拡大に成功した注目ベンチャーを解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今週の米国でIPOするスマイルディレクトクラブ(Smile Direct Club)について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! インターネットを通じて歯列矯正サービスを提供するスマイルディレクトクラブ(Smile Direct Club/ティッカーシンボル:SDC)が、今週ナスダックに新規株式公開(IPO)します。値決めは9月11日、取引開始は9月12日の予定です。発行株数は5850万株で、価格設定は19ドルから22ドル、主幹事はJPモルガンとシティです。スマイルディレクトクラブのCEOを務めるデビッド・カズマンは、1980年代終盤に壁紙や窓のブラインドなどの建材を通信販売するビジネスを始めました。

「WeWork(ウィワーク)」がいよいよIPOを申請! ソフトバンクも出資するコワーキングスペース企業の ビジネスモデルから業績、将来の展望まで徹底解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:いよいよIPOするウィワーク(WeWork)について、が米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! ソフトバンク(9434)も出資しているウィワーク(WeWork)が、8月14日に米国証券取引委員会(SEC)に対して新規株式公開(IPO)の申請書類を提出しました。本稿を書いている8月31日現在で、上場先がニューヨーク証券取引所になるかナスダックになるかは未だ発表されていません。ウィワークは、IPOに先駆けて社名をウィ(The We Company)に変更しました。その理由は、将来、オフィスなどの仕事(Work)関係だけでなく、住居やその他の領域にも進出することを検討しているからです。

「ピンタレスト」と「ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ」がIPO(新規上場)! リーバイスやリフト に続く注目ベンチャー企業のIPOは成功するのか!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住の広瀬隆雄さんが、米国市場やグローバルマーケットの最新トピックスを紹介! 米国ではIPO(新規上場)ラッシュが続いています。過去に本コラムで紹介したリーバイ・ストラウス(ティッカーシンボル:LEVI)、リフト(ティッカーシンボル:LYFT)、ジュミア・テクノロジーズ(ティッカーシンボル:JMIA)に加え、今週はピンタレスト(ティッカーシンボル:PINS)とズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ティッカーシンボル:ZM)がデビューします。ピンタレスト(ティッカーシンボル:PINS)は、旅行や家の改装、結婚式、ファッション、料理など、自分の興味分野のアイデアや情報を画像で整理するサービスです。

アフリカ大陸でeコマースを展開する「ジュミア・ テクノロジーズ」がNYにIPO! 「アフリカ大陸の アリババ」と呼ばれるIT企業の新規上場に注目せよ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住の人気アナリスト・広瀬隆雄さんが、米国株式市場の最新トピックを解説! アフリカ大陸でeコマースならびにマイクロペイメント(少額決済)・サービスを展開しているジュミア・テクノロジーズ(ティッカーシンボル:JIMA)が、近々、ニューヨーク証券取引所にIPO(新規上場)します。値決め日は流動的ですが、おそらく今週中かと思われます。ジュミア・テクノロジーズのビジネス・モデルは、中国のアリババにそっくりです。アリババがやっているように、eコマースのマーケットプレースを運営していますし、独自のロジスティックス網を構築しています。アリババのアリペイに相当する「ジュミア・ペイ」という決済システムも展開しています。

ライドシェアリング企業の「リフト(Lyft)」が IPO(新規上場)! ライバルであるウーバーより 成長性が高くバリュエーションが割安な要注目銘柄! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、グローバル経済のホットなネタを解説! ウーバー(Uber)のライバル企業であるリフト(Lyft)がIPO(新規株式公開)します。リフトは、スマホからカンタンにクルマを呼べるライドシェアリング企業です。米国のライドシェア市場は、ウーバーとリフトがほぼ独占しています。今回の売出し株数は3077万株で、売出し価格は62〜68ドルです。値決めは3月28日引け後で、取引開始は29日の予定です。売出し価格の中値で計算すれば、約20億ドルを調達することになります。ディール後の発行済み株式数は2.84億株で、時価総額は185億ドルです。

リーバイスを展開するリーバイ・ストラウスが、今週 NY証券取引所にIPO(新規上場)! ファッションの カジュアル化のトレンドが、堅実な成長を後押し! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アメリカ在住のアナリスト広瀬隆雄さんが、グローバル投資の最新ネタを解説!  世界で最も有名なジーンズのブランド、「リーバイス(Levi’s)」を作っているリーバイ・ストラウス(ティッカーシンボル:LEVI)の株が、今週ニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)されます。リーバイスの投資ストーリーは極めてシンプルです。業績は安定していますし構造的な問題も見当たりません。IPOとしてはやや地味かも知れませんが、知っておくべき株だと思います。今日、リーバイ・ストラウスは、世界110か国で「リーバイス」、「ドッカーズ」などのブランドを販売しており、56億ドルの年商があります。リーバイ・ストラウスの製造拠点は、ポーランドと南アにあります。

【2017年1〜6月】IPO(新規上場)スケジュール 「ほぼ日」から一風堂やスシローの運営会社まで、 2017年上半期に上場したIPO銘柄を総まとめ! - IPOスケジュール一覧[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年にIPO(新規上場)したのは全90銘柄。そのうち上半期(1月〜6月)に上場した「ほぼ日」や一風堂の運営会社「力の源ホールディングス」、「スシローグローバルホールディングス」などを含めた39銘柄のスケジュールと基本情報をリストアップ。上場日や申込期間(ブックビルディング期間)などのスケジュールから、公開価格、主幹事証券会社、さらには初値と初値騰落率まで、IPO株の基本的な情報を網羅している。投資情報サービス会社・フィスコによる「市場注目度」も参考にしてほしい。

ギフト(9279)、ラーメンが無料で食べられる株主優待 を新設! 100株以上の株主に、4月と10月の年2回、 「町田商店」などで使える優待食事券を年間6枚贈呈! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ギフト(9279)が、株主優待を新設することを、2018年12月14日に発表した。ギフトの株主優待は、2019年4月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から対象となり、内容は「毎年4月末と10月末時点で100株以上保有する株主を対象に、『食事優待券』を3枚贈呈」となっている。(ギフト、コード:9279、市場:東証マザーズ)

ソフトバンクのIPOに「今から間に合う証券会社」を 紹介! 最短で口座開設申し込み翌日には取引できる 大和証券や野村證券、SBI証券でIPOに申し込もう! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソフトバンクのIPOの申し込み期限から、証券会社の口座開設にはいつまで申し込めば間に合うのか、さらには購入資金を用意するタイミングなど、ソフトバンクのIPOスケジュールに関する情報をまとめてみた。ソフトバンクは、想定発行価格1500円で計算すると、公開規模が2.64兆円、上場時の時価総額が7.18兆円という超大型IPOだ。【ソフトバンクのIPOに関する分析結果まとめ】PERは割高だが、配当利回り5%は十分魅力的、初値予想は公募価格+10~20%、初値公募割れリスクは低く、仮に公募割れしても大きくは下げにくい、通常のIPOと比較して当選確率が高く、複数当選も十分ありうる。

"IPOから3年以内の株"を買って"株価10倍"を狙え! 「ロコンド」「ブティックス」「エーアイ」など、 高い利益率と"3つの条件"を兼ね備えた銘柄に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:IPO(新規上場)株で「株価10倍」を狙うワザを紹介! 短期間&低リスクで大幅な利益が狙えることから、IPO株の人気がますます高まっている! そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ2019年1月号の特集「IPOで株価10倍を狙え!」では、IPOで大きく儲けるための”3つのワザ”を紹介している。今回は3つのワザの1つ、「株価急騰の材料を持つ高成長株から選ぼう!」を抜粋。IPO株はそもそも当選しないと買うことができないが、上場した後にもチャンスは転がっており、銘柄選び次第で「10倍株」を掴めることも! ここでは、株価急騰の材料を持つIPO株の見極め方を、具体例を挙げつつ紹介するので、参考にしてみてほしい。

ソフトバンクのIPO(新規上場)の初値は+10〜20% 上昇する! フィスコのアナリストの初値予想から 上場スケジュール、主幹事証券会社まで詳しく解説! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年12月19日に東京証券取引所への上場が決定したソフトバンク。そのスケジュールや公開価格、取り扱い証券会社など、ソフトバンクのIPOに関する情報をまとめて紹介。さらに、投資情報サービス会社・フィスコでIPO銘柄の分析を行っている小林大純さんによるソフトバンクの業績分析から公開価格の評価、初値予想まで、徹底解説! 上場までのスケジュールから想定発行価格、公開株式数、公開規模、主幹事証券といった、ソフトバンクのIPOに関する基本的な情報は以下の通りだ。

「メルカリ(4385)」は上場後の今も「買い」か!? 2期連続「最終赤字」の見通し&自己資本比率1桁台と 経営リスクはあるが、米国事業の今後の成長に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「メルカリ(4385)」をダイヤモンド・ザイの

ソフトバンクのIPO(新規上場)は10〜11月上場で、 主幹事は野村證券!? NTTを超える超大型IPOの 上場日や主幹事、初値をフィスコのアナリストが予測 - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年7月9日、東京証券取引所に上場予備申請を行ったことを発表したソフトバンクのIPOについて、フィスコのアナリストが徹底解説! 最新の報道によると、SBグループが100%保有するソフトバンク株の3割強を売り出すと見られている。吸収金額(公開規模)は2.5兆円程度、上場後の時価総額は7〜8兆円になるとのことだ。まず、気になるのは上場スケジュールだろう。通常のIPOでは、証券取引所に本申請をしてから約3〜4カ月後に上場承認というケースが一般的だが、規模が非常に大きく、予備申請から行ったソフトバンクの場合、通常のパターンに当てはめて上場承認日や上場日を読むのは難しい。しかし、小林さんは「10〜11月に上場する可能性がある」と予測する。

メルカリのIPO(新規上場)、主幹事は大和証券で、 初値予想は+50%値上がり! IPOの専門家である フィスコのアナリストが「メルカリ」のIPOを分析! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年4月18日、フリマアプリを提供するメルカリが、6月にも東京証券取引所のマザーズ市場に新規上場(IPO)する見通しと、複数の報道機関が報じた。それによると、時価総額2000億円超で、今年一番の大型IPOになるとのことだ。フリマアプリ「メルカリ」は、日本人ならほとんどの人が知っていると言っても過言ではないほど人気のネットサービスだ。そんなサービスの運営会社が本当に新規上場するのであれば、盛り上がることは間違いないだろう。今回は、そんなメルカリの将来性から初値予想、主幹事証券まで、メルカリのIPOに関して小林さんに解説してもらった。

2017年の「IPO(新規上場)株」上昇率ランキング! 大幅に上昇した上位10銘柄の中から、業績が好調で、 2018年以降もさらに値上がりが狙える銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年に新規上場したIPO株から、「株価上昇率ベスト10」を発表!発売中のダイヤモンド・ザイ2月号の特集「2018年『株』全予測」では、今後の日本株の動きをプロ100人が大予測! 為替や注目業種、投資信託についても徹底分析し、2018年に「買い」の株&投資信託を大公開している。今回はその中から、2017年に新規上場し、その後値上がりしたIPO株のランキングベスト10をピックアップ! IPO株も玉石混交ではあるが、その中で2018年も「買い」の銘柄を探してみよう!

上場する「SGホールディングス」の株は買いか? 「佐川急便」を傘下に持ち、2017年12月13日に 東証1部に新規上場をする大型IPOの株価をプロが予測! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「佐川急便」を中核会社とする「SGホールディングス」が12月に上場見通し! 2017年最後の大型IPOは「買い」なのか?発売中のダイヤモンド・ザイ1月号では、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを2本紹介している。今回はその中から、年内最後の注目IPO「SGホールディングス(9143)」の検証記事を紹介! 一般的にIPOと言えば、当選すると利益を出しやすいイメージが強いが、果たして「SGホールディングス」にもその法則が当てはまるのか、プロの意見を聞いた。

新規上場して2年以内の成長銘柄で株価10倍を狙え! 上場直後ではなく、株価&注目度の過熱感が消えた 「長期成長が続く銘柄」を発掘する方法を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:急成長中の「新規上場株」で株価数倍を狙う方法と、株価アップが期待できる有望株を3銘柄紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ8月号では、「株で1億円を作る!」と題し、株価が数倍になる可能性を秘めた銘柄のさまざまな発掘法を特集している。今回はそのなかから、株価がダイナミックに上昇しそうな、上場2年以内の株の狙い方を紹介! 最近、新規上場株の株価好調が続いているが、事前の注目度が高い分、伸び悩む銘柄もたくさんある。上昇しそうな銘柄、そうでない銘柄の見極め方を押さえて、株価の10倍増を狙おう!

「ほぼ日」や「一風堂」は株価上昇が期待できるか? 2017年に上場して初値が2倍以上になった人気IPO株の 今後の値動き(上値・下値)をアナリストが予想! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ほぼ日」や「一風堂」といった、今年新規上場を果たした注目の銘柄を人気アナリストが激辛診断! 2017年の株式市場はIPO(新規株式公開)ラッシュで幕開けた。1~3月に新規上場を果たした企業は前年同期より約2割多い27社。そのうち25社の初値が公開価格を上回り、平均2倍以上もの上昇率を記録している。では、そのなかでも特に注目を集めた「ほぼ日」や「一風堂」を運営する「力の源ホールディングス」の新規上場後の株価の上昇について、アナリストはどう評価するのか?

「ほぼ日」「一風堂」「スシロー」の運営会社など、 3月上場のIPO株とその中の注目銘柄をズバリ解説! IPO数の多い今年3月は、新規公開株で儲けよう! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年の3月は、IPO市場がこれまでになく盛り上がりそうだ。ひとつは、新規上場するIPO株の数が22社と非常に多いこと。さらに、人気ネットメディアの「ほぼ日刊イトイ新聞」、有名ラーメン店「一風堂」、業界最大手の回転寿司チェーン「スシロー」と、非常に知名度の高いサービスを展開している会社の上場が決まっている。今回は、投資情報サービス・フィスコのアナリスト・小林大純(こばやし・ひろずみ)さんの解説を交えながら紹介していこう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.