投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジは、 1万6800~1万8200円! 二番底が警戒される中、 「マスク」「医療設備」「テレワーク」などの物色が継続! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(4月6日〜10日)の日経平均株価についても、方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、特に東京都の感染者数が増えていることから、非常事態宣言の発動や、それに続くロックダウンが警戒されています。日経平均株価は、今週の値下がりによって再び下落への警戒感が高まってきていることもあり、二番底を探る動きが意識されるでしょう。一方で、3月半ばに見られたパニック的な乱高下については、その原因のひとつとなっていたAIアルゴリズムによる機械的な売買は一巡したようです。

来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジは、 1万7500~2万500円! “ロックダウン”が実行されて 東京が封鎖されれば、株価は二番底を目指す展開も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月30日〜4月3日)の株式相場については、慎重な見方が大勢のようです。3月27日が3月決算企業の権利付き最終日なので、配当落ち分を先物でカバーする“配当再投資”による需給が、27日から週明けの30日辺りで終了します。期末にともなうGPIFの買いが一部で見られそうですが、今週のような強い押し上げ要因にはなりづらいでしょう。さらに、この週末に感染者が爆発的に増えるようだと、週明けの波乱展開が警戒されます。

日経平均株価のリバウンドが本格化すると2万542円 まで上昇する可能性も!? 日本独自の「好需給要因」 により、日本株は米国株の下落に連動しない相場に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株は相変わらず下落に歯止めが掛かっていませんが、日本株はここにきて下げ渋っています。日本では、日銀とGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による官製相場の様相が強まり、米国株が下がってもほとんど影響を受けない状況になっています。さらに、TOPIXや日経平均株価に連動した運用を目指すパッシブファンドが、3月の権利付き最終売買日である3月27日以降にファンドが将来受け取る配当金の分だけ、TOPIXや日経平均株価の先物などに買いを入れる、「配当金の再投資の先物買い」が今週末から来週初にかけて買いが入る見通しです。市場推計では約8000億円で、これも短期的な好需給要因です。

来週(3/23~27)の日経平均株価の予想レンジは、 1万5000~1万8500円! 日銀やGPIFのTOPIX買い により、日経平均株価よりTOPIXのほうが強い流れに - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/23~27)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月23日~27日)の日本市場ですが、欧米市場では外出禁止令の広がりが見られており、世界の経済がストップする格好となりますので、景気後退懸念が一段と警戒されやすいところです。一方で、GPIFや日銀のETFによるTOPIX買いが見られており、これによりNT倍率(日経平均株価÷TOPIX)が急低下しています。

日経平均株価やNYダウの暴落を止めるには、日銀や FRBによる「金融政策」だけでは不十分。次は企業へ の支援など、実体経済を支える「財政政策」が必要! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米連邦準備理事会(FRB)は、3月15日に緊急の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開いて1.0%の大幅利下げに踏み切りました。政策金利は0~0.25%と、リーマンショックのあった2008年の金融危機以来となる「ゼロ金利政策」に回帰しました。また、今後数カ月で米国債を少なくとも5000億ドル買い入れ、住宅ローン担保証券(MBS)を2000億ドル購入する量的緩和政策も復活させます。そして日銀も、3月18日~19日に予定していた金融政策決定会合を前倒しして、16日に緊急で会合を開き、株価指数連動型上場投資信託(ETF)の保有残高の増加額を年12兆円増と、従来の年6兆円増から倍増させました。

日銀緩和策 市場ゆがめる懸念

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:日銀は金融政策決定会合で、約3年半ぶりに追加金融緩和を決めた。ただ、金融政策で金融不安を抑えられても、新型コロナ拡大は防げず、金融緩和策が長期化すれば、株価形成をゆがめるなど市場機能を損なう恐れも。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 日本銀行(日銀)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6354298
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/03/16 21:45:06 投稿番号: 43135

日銀総裁 リーマン級ではない

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:日銀の黒田総裁は16日の会見で、景気の先行きについて述べた。「一定期間、低成長が続く恐れがある。ただ、それがリーマン・ショックのようになるかと言われると、現時点ではそういう風には見ていない」。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 日本銀行(日銀)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6354275
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/03/16 17:43:22 投稿番号: 43132

日銀 金融緩和の強化を決定

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 日本銀行(日銀)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6354256
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/03/16 14:11:36 投稿番号: 43126

日銀 正午から臨時の決定会合

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:日銀は、臨時の金融政策決定会合を16日正午から開くと発表。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済の急速な悪化を受け、18~19日に実施予定だった会合を前倒しする。日銀が臨時で決定会合を開くのは異例。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 日本銀行(日銀)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6354230
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/03/16 09:38:32 投稿番号: 43123

来週(3/16~19)の日経平均株価の予想レンジは、 1万6000~2万円! 波乱相場が続く中、FOMCや日銀 の金融政策決定会合など、日米の金融政策に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/16~19)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月16日~19日)も引き続き波乱の相場展開が警戒される中、17日~18日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)と、19日に開催される日銀の金融政策決定会合に関心が集まるでしょう。FOMCでは、3月3日に0.5ポイントの緊急利下げが実施されましたが、今回のFOMC前後にも1.0ポイントの追加利下げが予想されています。また、日銀の金融政策決定会合では、現在約6兆円としているETFの年間保有残高増のターゲットを引き上げると予想されています。

日経平均株価の大暴落は、下値メドが見えない“フリー フォール”状態! 3年4カ月ぶりに1万7000円を割った 今回の暴落を止めるには、大規模な財政出動が必要! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日米の株式市場が急落を続けています。3月12日、NYダウは大幅続落し、前日比2352.60ドル(9.99%)安の2万1200.62ドルに。下げ幅は9日の2万13.76ドルを上回って過去最大で、下落率は1987年10月19日のブラックマンデー(22.61%安)以来の大きさでした。この3月12日のNYダウの大幅下落を受け、13日前場の日経平均株価も大幅に続落しました。2016年11月以来、実に3年4カ月ぶりに1万7000円を割り込みました。

来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万~2万2000円! 米国の渡航規制が警戒される中、 「アゼアス」「東京ドーム」などの決算内容に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月9日〜13日)の株式市場も不安定な状況が続きそうです。各国の中央銀行による協調姿勢は評価できますが、米国でカリフォルニア州が非常事態宣言を発動させるなど、新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する各国の混乱により、積極的な売買は手控えられます。米国による日本からの渡航規制の動きも警戒されています。中国に次いで、米国でも日本に対する規制措置が取られるようだと、産業の依存度の高さから考えても日本経済への影響は計り知れないでしょう。

日経平均株価の当面の下値メドは2万460円! 各国の 政府や中央銀行が本格的に景気対策を始めた今、株価 の下落局面は長期的に見て「押し目買い」のチャンス! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日米株式市場ともに物凄い値動きになっています。ただし、一応、米国株式市場ではNYダウが2月28日の2万4681.01ドルで、東京株式市場では日経平均株価が3月2日の2万0834.29円で、それぞれ目先の底入れを果たした感じになっています。それにしても、2月最終週の日米株式市場はまさに「急落」でした。「急落」の主因は、新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な景気後退懸念の強まりです。なお、底打ちのきっかけは、やはり、日米欧の政策当局が景気・株式相場底割れ回避に向けて具体的に動き出したことです。

来週(3/2~6)の日経平均株価の予想レンジは、2万円 ~2万2000円! 新型コロナで「株価急落」が続く中、 米国の“雇用統計”や“スーパーチューズデー”に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/2〜6)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月2日~6日)の日経平均株価も、波乱含みの展開になりそうです。そのカギを握るのは、米国市場の動向でしょう。来週は、米国においてISM製造業景気指数やISM非製造業景気指数、雇用統計などの需要な経済指標の発表が予定されています。さらに、大統領選に向けた「スーパーチューズデー(予備選挙・党員集会)」が開かれる予定です。

日銀「弾切れ」見透かす市場

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:新型コロナウイルスの感染拡大で大荒れとなった金融市場で、日本銀行の「弾切れ」観測が再び円高ドル安の一因となっている。日銀は市場の期待感をどうつなぎ止めるのか対応を求められそう。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 日本銀行(日銀)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6352369
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/02/27 07:43:58 投稿番号: 42726

来週(2/25~28)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万4000円! 引き続き「テレワーク」や 「アニメ」関連銘柄、「高配当株」を要チェック! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/25〜28)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月25日〜28日)の日経平均株価は、2万3000〜2万4000円レベルでの「レンジ相場」が続きそうです。引き続き新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めの進展が注目されます。また、2月22日〜23日に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、新型肺炎を巡る成長リスクが議論さるので、財政支援など各国の姿勢が注目されそうです。

最強の金融緩和4年 遠い2%

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:日銀がマイナス金利政策を始めて16日で4年。日銀は導入当初、「最強の金融緩和」(黒田東彦総裁)と自賛したが、目標とする2%の物価上昇はいまだに実現できず、「出口」は見えない。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 日本銀行(日銀)
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6351371
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/02/16 17:32:59 投稿番号: 42557

来週(2/17~21)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4000円! 新型コロナウイルス収束後 の買い戻しを見越して、今は「押し目買い」を狙え! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/17~21)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月17日~21日)の日経平均株価は、引き続き新型コロナウイルスの感染状況を睨みながらの、方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。ただし、株式市場は、当初のパニック的な状況に比べると冷静さが戻り、押し目を拾うタイミングを窺っていると考えられます。

来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4200円! 積極的に上値を追う展開が 難しい中、決算内容を手掛かりとした物色が活性化! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月10日〜14日)の見通しですが、日経平均株価は今週の上昇で再び昨年来高値水準に接近してきました。直近では2万3000〜2万3500円でのもち合いが続いていたこともあり、2万4000円に接近する局面では“戻り待ち”の売りが出やすいと思われます。

来週(2/3〜7)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2500〜2万3700円! 再開する上海証券取引所の 株価の動向や、日米の主要企業の決算内容にも注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/3〜2/7)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週は中国の上海証券取引所が再開されます。1月30日に台湾の株式市場が再開したときは6%近く急落しており、現在の新型コロナウイルス関連銘柄の強さを見る限り、春節明けの上海市場でも大きな値下がりが想定されます。WHOが緊急事態を宣言したことによって、来週以降、感染の恐れのある海外からの入国者を調べる検疫態勢が強化されることは必至です。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.