投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


業績がV字回復を見せる「エヌビディア」に注目! “映画並みの迫力映像”をゲーム内でもリアルタイムに 描画できる新技術「レイトレーシング」が高評価! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 12カ月の予想1株当たり利益(EPS)に基づいたS&P500指数の株価収益率(PER)は18.9倍となっています。これは、過去5年間の平均の16.7倍を上回っています。しかし、「低金利」と「企業業績が好調」という2つの好条件に照らして、現在のやや割高なバリュエーションは十分正当化できると思います。新型コロナウイルスが今後の決算に与える影響に関してですが、決算カンファレンスコールを行った364社のうち、38%に相当する138社が新型コロナウイルスについて言及しました。特に工業セクターとハイテクセクターの企業が、新型コロナウイルスに言及するケースが多かったです。

キティは限界? サンリオ苦境

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:「ハローキティ」などのキャラクタービジネスで知られるサンリオの業績下降に歯止めがかからないという。国内での物販やテーマパーク事業は好調に推移したが、海外のライセンス事業からのロイヤルティー収入が減少。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 決算発表
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6351420
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/02/17 09:34:01 投稿番号: 42563

来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4200円! 積極的に上値を追う展開が 難しい中、決算内容を手掛かりとした物色が活性化! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月10日〜14日)の見通しですが、日経平均株価は今週の上昇で再び昨年来高値水準に接近してきました。直近では2万3000〜2万3500円でのもち合いが続いていたこともあり、2万4000円に接近する局面では“戻り待ち”の売りが出やすいと思われます。

“新型コロナウイルス”収束後に株式市場で注目される のは「高配当株」だ! 「ソフトバンク」「あおぞら 銀行」など、高配当&好業績のおすすめ銘柄を紹介! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「高配当銘柄」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大のグローバル経済への影響を見極める段階は変わらずとはいえども、金融市場が冷静に戻り、国の経済全体の動きを示す統計などマクロ面に再び焦点が向かうような状況にも備えておく必要があるでしょう。市場が正常化してくるにつれ、決算発表が一巡した後には次のイベントに関心が集まりやすいと考えられます。その際は3月末を意識した「高配当銘柄」への関心が改めて高まってくるでしょう。

来週(2/3〜7)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2500〜2万3700円! 再開する上海証券取引所の 株価の動向や、日米の主要企業の決算内容にも注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/3〜2/7)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週は中国の上海証券取引所が再開されます。1月30日に台湾の株式市場が再開したときは6%近く急落しており、現在の新型コロナウイルス関連銘柄の強さを見る限り、春節明けの上海市場でも大きな値下がりが想定されます。WHOが緊急事態を宣言したことによって、来週以降、感染の恐れのある海外からの入国者を調べる検疫態勢が強化されることは必至です。

新型コロナウイルスによる米国株の下落は、一時的な 押し目! 再度の上昇局面に備え、要注目の「アトラ シアン」「インテル」の決算と今後の見通しを解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説!  中国の武漢市で新型コロナウイルスが発生し、これまでに患者数が1200人を超え、死者も41人に上っています。そのため、世界の投資家は、この新型肺炎が世界経済に与える影響を懸念しています。米国市場も、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が-1.2%、ナスダック総合指数が-0.8%、S&P500指数が-1%下落しました。もっとも、米国株式市場は去年の10月以降、息つく暇もなく一本調子に上昇してきましたので、どこかで小休止する必要がありました。

来週(1/27~31)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4200円! 米国の「所得税の還付」で 需給が良くなれば、日本のハイテク株にも好影響あり - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(1/27~31)の日経平均株価の予想レンジを発表! 来週(1月27日〜31日)は、国内の約700社の決算が発表されるほか、「新型コロナウイルス」関連のニュースに要注意。ただし、米国で「所得税の還付」が実施されることから、需給が良くなり米国の株式市場が堅調に推移すれば、日本の株式市場も底堅い展開に!

来週(1/14~17)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4100円! 中東情勢への警戒は必要だ が、大きく調整する場面では「押し目買い」を狙え! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(1/14〜17)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 米国とイランの対立については、ひとまず戦争にまで発展する流れは避けられ、今後は対立の行方を見守ることになりそうです。来週(1月14日〜17日)の日経平均株価については、さまざまな報道に振り回される展開には警戒したいところですが、今回のようなボラティリティの大きい状況からは落ち着きを見せてくるでしょう。また、大きく調整する局面においては、買い戻しの需要が依然として存在すると考えられます。そのため、上値追いは慎重さが必要ですが、大きく調整する局面においては押し目買いを狙いたいところです。

来週(11/18~22)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万35000円! 決算への過剰反応の修正や 足元で下落している「中小型株」の見直しに期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11/18~22)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月18日~22日)の日経平均株価は、2万3000円を下値支持線とした底堅い相場展開が意識されそうです。ただし、米中貿易交渉の行方に神経質になっているほか、香港デモの影響が金融市場へ影響を与える可能性が警戒されており、これらに関する報道には敏感に反応しやすいでしょう。

上場企業 2年連続減益見通し

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:上場企業の2020年3月期の純利益合計が前期比4.9%減の27兆7656億円と、2年連続で減益になる見通し。米中貿易摩擦に伴う世界経済の減速が響いた製造業は14.7%低下し、苦境が鮮明になった。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 決算発表
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6342552
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/11/15 17:02:20 投稿番号: 41047

来週(11/11~15)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万4000円! 底堅い動きで押し目買いの 意欲も強く、物色対象は大型株⇒中小型株にシフトか - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11月11日~15日)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月11日~15日)の日経平均株価も底堅い展開が予想されます。現在、日経平均株価は強いリバウンド基調が継続しており、短期的には過熱警戒感が意識されています。しかし、先高期待が高まる中で新規買いのポジションが積み上がっているわけではなく、これまでの弱気のセンチメントによる巻き戻しの流れが中心であると考えられますので、押し目での買い意欲は強いでしょう。

来週(11/5~8)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2500~2万3000円! 決算発表がピークを迎えて “模様眺めムード”が強まることで相場は膠着状態に! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(11/5〜8)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(11月5日〜8日)の日経平均株価は、値動きの少ない相場展開が見込まれます。来週・再来週には決算発表がピークを迎えるので、決算内容を見極めたいとする“模様眺めムード”が強まると思われます。決算を手掛かりとした個別の物色が中心になると考えられますが、出来高が膨らみづらい状況が続いていることもあり、決算を手掛かりとしても一部の人気銘柄に資金が集中しやすいでしょう。

今期の「増配」が期待できる12月決算の企業を5つ 紹介! 前期に「復配」や「初配当」を行った自己 資本比率50%以上の銘柄なら「増配」の可能性は高い - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「増配が期待できる12月決算の企業」について、アナリストの村瀬智一さんが解説。今週10月30日から11月1日までに決算発表を予定している企業は約700社、翌週(11月4日~8日)には約1100社、再来週(11月11日~15日)には約955社が決算発表を予定しています。現在の市場は決算発表に振り回されている状況ですが、逆にピークを過ぎると決算への関心が薄れやすく、その後の決算企業を見逃しがちになりやすいです。そこで今回は、今のうちから年末を意識して12月期決算の企業に注目したいと思います。足元で決算を発表している3・9月期決算の企業では、配当の増額修正や自社株買いなどの株主還元策の発表が目立っています。

来週(10/28~11/1)の日経平均株価の予想レンジは 2万2500~2万3000円! 約850社が中間決算を発表 する予定なので、“出遅れ銘柄”を見直す動きに注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/28~11/1)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(10月28日~11月1日)は、米国では連邦公開市場委員会(FOMC)、国内では日銀の金融政策決定会合が予定されているので、金融政策に市場の関心が集まるでしょう。FOMCは、10月会合で今年3度目となる0.25ポイントの利下げが予想されています。

2020年3月期の中間決算で「業績上振れ」が期待できて 株価が上がりそうな銘柄を発掘! 第1四半期の進捗率 が高かった「カプコン」や「コメリ」などが狙い目! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「業績上振れが期待される銘柄」について、アナリストの村瀬智一さんが解説。10月10日から始まり、その動向が注目されていた米中閣僚級協議ですが、トランプ米大統領と中国の劉鶴副首相はホワイトハウスで会談した後、「非常に重要な第1段階の合意に達した」と述べ、通商協議で部分合意したと表明しました。いったんは米中貿易戦争が深刻化する事態がひとまず回避されたことで、市場の関心は、今週から本格化する米国の決算発表シーズンに移るでしょう。国内でも、10月下旬から決算発表が本格化します。

来週(10/15~18)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1400~2万2200円! 米国による「対中追加関税」 が延期されれば、日経平均株価のさらなる上昇も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/15~18)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(10月15日~18日)の日経平均株価ですが、まずは米中の閣僚級協議で部分的な合意がみられるかが重要視されるでしょう。もし、10月15日からの対中追加関税の延期が示されるようだと、リバウンド基調が強まることが期待できます。

米国の決算発表シーズンの中でも「コカコーラ」と 「スターバックス」が絶好調! 特に新興国を中心に 売上増を見せる「コカコーラ」の株価上昇に期待! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国市場ではじまった2019年第2四半期の決算発表シーズンについて、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 2019年第2四半期の決算発表が相次いでいます。これまでに、S&P500に採用されている大型株の44%が決算発表を終え、そのうち77%の企業でEPSが事前のコンセンサス予想を上回りました。過去5年の平均は72%ですから、これは良い成績です。一方、売上高を見ると、61%の企業が事前のコンセンサス予想を上回りました。過去5年の平均は60%ですので、こちらも平均以上です。さらに売上高は、平均するとコンセンサス予想より1.2%高い数字でした。これは過去5年間の平均である0.8%よりも良い数字です。ただし、今回の決算発表シーズンで残念な面もあります。それは第3四半期の会社側ガイダンス(利益予想)です。

来週(7/29〜8/2)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1450~2万1950円! 日米で本格化する決算発表 や米国のFOMCなど、重要イベントが盛りだくさん! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(7/29〜8/2)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週(7/22〜26)の日経平均株価は上昇しました。日米で決算発表が本格化する中、決算内容を手掛かりとした半導体関連株を中心に、買い戻しとみられる流れが強まりました。来週(7/29〜8/2)は、日米で決算発表がピークを迎えます。特に日本では、来週に980社、その翌週には1500社ほど決算発表が予定しているため、機関投資家は動きづらく、個人投資家についても個別の決算を手掛かりとした日替わり的な物色になりそうです。

ルノー利益半減 日産不振響く

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:仏自動車大手ルノーが、2019年1~6月期決算を発表。純利益が前年同期比50%減の9億7千万ユーロ(約1170億円)となった。約43%出資し企業連合を組む日産自動車の決算が振るわず、足を引っ張った。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 決算発表
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6331339
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/07/26 18:41:32 投稿番号: 39259

来週(7/22~26)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1100~2万1700円! アマゾンやフェイスブック 信越化学工、日本電産など、注目銘柄の決算に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(7/22〜26)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週は日経平均株価が週後半に下振れる格好になりましたが、金曜日には下落部分を埋めてくるなど、薄商いの中で外部環境に大きく影響されやすい状況が続きました。2万1000円を割り込んだことでいったんは底打ちも意識されますが、これまで下値支持線として働いていた25日移動平均線、75日移動平均線の2本が上値抵抗線に変わっていますので、“戻り待ち”をしている投資家の売り圧力には警戒が必要です。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.