投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


“じぶん年金”を運用するためのベストな金融機関は? 「一般NISA」「つみたてNISA」「iDeCo」の投信の充実度 や手数料などを比較して「おすすめ金融機関」を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“じぶん年金”を有利に運用できる、おすすめの金融機関は?「一般NISA」「つみたてNISA」「iDeCo」の3つの口座の金融商品の充実度、手数料を比較して、おすすめの金融機関を解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、特集「つみたてNISAとiDeCoだけ!【じぶん年金】計画」を掲載! この特集では、「45歳から2000万円を作る」パターンと、「60歳から手持ちの1000万円の資金を長持ちさせる」パターンを想定し、節税効果がある「つみたてNISA」と「iDeCo(個人型確定拠出年金)」を活用して、無理なく“じぶん年金”を準備する方法を紹介している。今回は特集の中から、ネット証券など、金融機関9社の「一般NISA」「つみたてNISA」「iDeCo」の商品充実度・コスト・サービスを比較した一覧表を抜粋! これから「NISA」や「iDeCo」を始める人は参考にしてほしい。

「新NISA」と「つみたてNISA」の3つの変更点を解説! 2024年以降の「制度の5年延長」「一般NISAが2階建て に」「ジュニアNISA廃止」など、NISAの変更点を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2024年に制度が始まる「新NISA」や、期間延長の「つみたてNISA」など、「NISA」制度の変更点を3つのポイントに絞って解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、特集「つみたてNISAとiDeCoだけ!【じぶん年金】計画」を掲載! この特集では、「45歳から2000万円を作る」パターンと、「60歳から手持ちの1000万円の資金を長持ちさせる」パターンを想定し、節税効果がある「つみたてNISA」と「iDeCo(個人型確定拠出年金)」を活用して、無理なく“じぶん年金”を準備する方法を紹介している。今回は、特集の中のコラム「『NISA』&『iDeCo』の制度変更をわかりやすく解説!」を抜粋。2019年の年末に発表された「令和2年度税制改正大綱」によると、「一般NISA」や「つみたてNISA」「iDeCo」は、一部制度が変更となる見通しだ。コラムでは、変更のポイントをわかりやすく解説しており、「NISA」などを活用して投資している人、これから投資したい人なら必見。ここでは、「一般NISA」と「つみたてNISA」の変更点を紹介していこう!

「令和2年度税制改正大綱」のポイントをFPがわかり やすく解説!「新NISA」導入や「つみたてNISA」の 延長、「iDeCo」加入年齢の変更が検討されることに - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「令和2年度税制改正大綱」の重要ポイントを、ファイナンシャル・プランナーの風呂内亜矢さんがわかりやすく解説! 税制改正大綱とは、翌年度以降の税制の改正点や新たな税制について取りまとめたもの。今後の私たちの生活に大きく関わってくる可能性があるので、最新の情報をチェックしておこう!

2018年度の税制改正で、増税になるのはどんな人? 給与所得控除の縮小で「年収850万円超」の会社員の 負担が増加し、出国税や森林環境税も新設・徴収へ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:平成30年度税制改正で、増税になってしまうのはどんな人?ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを毎号2本紹介している。今回はその中から、最近方針が固まった「平成30年度税制改正」に関する記事をピックアップ。税制は毎年少しずつ改正されているが、平成30年度(2018年)は個人の負担増が目立つ内容に。私たちの家計にもダイレクトに影響する可能性があるため、見逃すことはできない。ここでは具体的な増税の内容を取り上げるので、自分の負担が増えそうかどうか、一度きちんと確認してみてほしい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.