投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


2020年4月から実施される「電子申告の義務化」の 関連銘柄を解説! 「TKC」「日本オラクル」など、財 務・会計システムに強く、業績好調な銘柄はここだ! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「電子申告の義務化」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。2020年4月から大手法人に対する電子申告の義務化が実施されます。「電子申告の義務化」の対象となるのは、法人税、地方法人税、消費税、地方消費税で、対象法人はこれらの申告を「e-Tax」による電子申告で行う必要があります。対象の書類を電子的に提出しないと無申告となる場合もあるようです。電子申告は、従来の紙で申告を行う場合と比べ、「システム化することにより業務手続きをマニュアル化できる」「人的作業が軽減される」といった業務の合理化が可能となります。

今週から米国連邦政府機関が「一部閉鎖」されるが、 米国経済への影響は軽微! 絶好調の米国株式市場で 始まった第4四半期決算発表シーズンの行方は? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週金曜日、連邦政府機関を暫定的に開けておく「つなぎ法案」が上院で審議されましたが、法案通過に必要な60%の得票確保の見通しが立たず、連邦政府機関の一部が今週から閉鎖されることが確実となりました。これは2013年以来、四年ぶりの閉鎖です。ただ、政府機関の一部閉鎖と言っても、今週からお役所が全部休業になるわけではありません。その関係で、今回のシャットダウンが米国経済に与える影響は軽微だと思われます。マーケットとの絡みでは、経済統計の発表日がズレるなどの不都合が過去にはありました。しかし、これも殆ど心配する必要は無いでしょう。

クリスマス明けまで、日経平均は安定した値動きに! 「日替わりで材料の出た銘柄」をデイトレードするか 「直近IPOの人気銘柄」をスイングトレードで狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国での30年ぶりの税制改革の実現がほぼ確実となり、日米株式市場共に相変わらず強い動きが続いています。12月18日のNYダウ、ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数の主要3指数が連日で過去最高値を更新しました。この米国株高を背景に、12月18日の日経平均株価は、前週末比348.55円(1.55%)高の2万2901.77円でした。東京株式市場のメインプレーヤーの海外勢も、今週は本格的にクリスマス休暇入りです。こうなると、東京株式市場は国内勢が中心になります。

米国の「税制改革法案」可決により、投資家の資金は IT関連株から金融株にシフト! 「北朝鮮問題」などを 注意しながら「師走相場」の投資チャンスを狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:12月2日、米上院は、法人税減税の税率を現行の35%から20%に引き下げることなどを柱とする税制改革法案を、賛成51、反対49の僅差で可決しました。市場では、税制改革実現による米経済の成長加速に対する期待が盛り上がっています。ですが、トランプ米大統領周辺とロシアとの不適切な関係を巡る疑惑「ロシアゲート」に関して、モラー特別検察官が12月1日に、フリン前大統領補佐官をFBIに虚偽の供述をした罪で訴追しました。また、北朝鮮問題もきな臭くなっています。

米市場を押し上げる「税制改革法案」が可決されるも 「ロシアゲート事件」の進展で暴落リスクも増大!  今後の株式市場を左右する「2大材料」を解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週末の12月2日、米上院が税制改革法案を可決しました。この法案は、法人税を現行の35%から20%に引き下げます。また、多国籍企業が海外に貯め込んだ利益を米国に送金する場合、7%から14%の税金を課すことになります。これは企業にとり有利な税率であり、これを機会に米国に利益を戻す企業が増えることが予想されます。しかし、上院による税制改革法案可決のニュースがもたらされる直前の金曜日、ニューヨーク株式市場は一時急落しました。マイケル・フリン氏がロシアゲート事件に絡んで連邦捜査局(FBI)捜査官にウソの供述をしたことを認めたというニュースが出たためです

トランプ大統領が推すヘルスケア・プランの頓挫は マーケットが期待する税制改革法案にも影を落とす? 大型減税の前に、米好景気が腰折れするリスクも! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週金曜日にあたる3月24日、オバマケアに取って代わる医療保険制度となる下院共和党ヘルスケア・プラン(=略してAHCA)が、一度も投票に付されることなく、放棄されました。反対派の説得に奔走したドナルド・トランプ大統領にとって、これは面目丸潰れの展開でした。また、下院共和党議員の総元締めであるポール・ライアン下院議長にとっても、痛い敗北です。しかし、下院共和党ヘルスケア・プランが早々に挫折したことは、ある意味、市場関係者にとって「良いニュース」だと言えます。なぜなら、市場関係者が待ち望んできたことは、「オバマケアをどう変える?」ということではなく、あくまでも税制改革だからです

トランプ減税案の公表から連邦公開市場委員会、 オランダ下院選挙など、今週はイベントが目白押し! 税制改革法案を先読みした狙い目銘柄も紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今週は重要なイベントが目白押しです。具体的には、連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表されるほか、連邦債務上限の適用停止期限が到来します。さらに、ホワイトハウスからトランプ減税案が公表される予定であり、欧州ではオランダ第二院(=下院)選挙が執り行われます。これらのイベントは、すべて3月15日(水)に集中しています。3月14・15日の両日に渡って開催される連邦公開市場委員会(FOMC)は、15日に閉幕し、政策金利の発表があります。それに続きジャネット・イエレンFRB議長が記者会見します。

トランプの公約により強気相場が続く米国株だが、 来年以降の市況を決めるのは「あの政策」だった! 貿易問題や移民問題が優先なら、株価急落リスクも! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資家の物色は、これまでの金融、建設など、ドナルド・トランプが大統領になったことで直接恩恵をこうむる一握りのグループから、ハイテク、ヘルスケアなど幅広いセクターに広がっています。投資家のセンチメントを測るブルベア指数を見ると、直近では、ブル(強気)が58.8%、ベア(弱気)が19.6%でした。つまり投資家のセンチメント的には、かなり過熱感が感じられ始めているということです。

[働いたら負け?]弱者に優しい国、日本。これからは収入を増やすことより金の使い方や生き方が大切になるかも。

サイト「cubの日記 年収100万円の楽しい海外生活術・台湾編」のコンテンツが cubさん から公開されました。

概要:格差・格差と言われている格差大国日本。
実は日本は低所得者には様々な恩恵があり、それらを上手に利用すると無理に働かなくても生活できてしまう実態があります。
実は日本は隠れた弱者に優しい国。
日本...

タグ: ブログ更新 cubさん コラム 働いたら負け 税制改革
参考URL: http://www.cubmaga.com/column-34/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2016/09/14 23:11:19 投稿番号: 11929


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.