Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 米中貿易問題

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(9/9〜13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万700~2万1500円! 米中貿易問題や香港デモなど 外部環境の不安が減少して、一段上のレンジに移行! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(9/9〜13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(9/9〜13)の日経平均株価は、底堅い展開が見込まれます。米中協議再開については、結果的に、9月に行う予定だったものが10月に先送りされた格好です。また、香港におけるデモは改正案撤回後も継続すると伝えられており、混乱は長引く見通しです。その為、楽観視はできない状況ではありますが、センチメントが弱気に傾く中で、今回、外部環境の不安要因が改善したことにより日経平均株価は2万100〜2万700円のもち合いレンジを突破しました。

日経平均は「ファーウェイへの輸出規制解除」により 2カ月ぶりの高値をつけるも、当面はボックス相場を 継続! 「ドル建て日経平均」のレンジも要チェック! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 「トランプ・プット」が炸裂して、日米株式市場は非常に強い動きになっています。7月1日の日経平均株価は、前週末比454.05円高の2万1729.97円と、5月7日の2万1923.72円以来、約2カ月ぶりの高値でした。この株高は、6月29日の米中首脳会談で、対中制裁関税「第4弾」の先送りや貿易協議の再開が決まったことに加え、米国政府が米企業によるファーウェイへの部品販売を一部認める方針に転じたことが主因です。特に、米中首脳会談でファーウェイについて言及されるとについて事前の市場予想が少なかったため、市場にとってはポジティブ・サプライズになりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.