投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


G20での米中首脳会談により、ファーウェイへの輸出 規制が解除! 株価が不調だった5G関連銘柄の中でも 「ザイリンクス」と「クアルコム」の上昇に期待! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:G20で行われたトランプ習近平会談で、ファーウェイへの輸出規制が解除! その影響を米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週、大阪で開催されたG20においてトランプ習近平会談が行われ、「対話を再開しよう!」ということが確認されました。また米国側は、3250億ドル相当の中国からの輸入品に対し10%の関税を課す、いわゆる第3ラウンドの関税の適用を当面見合わせると発表しました。さらに、最も重要な点として、ファーウェイに対して現在課している輸出規制を緩和することが発表されました。トランプ政権は、2つの方法でファーウェイを排除してきました。ひとつはファーウェイ製品をアメリカの通信会社が購入することを大統領令で禁止するという方法です。

トランプ・習近平会談では90日の「休戦」が発表され 最悪の事態を回避! 米国株の上昇トレンドラインは 堅持されているので、慎重に投資を再開してもOK! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、米国株式市場をわかりやすく解説! 12月1日、アルゼンチンのブエノスアイレスでのG20後に実施されたトランプ習近平会談では、アメリカが関税率を引き上げることを90日延期、その間、話し合いを続けることで合意しました。これは、交渉の決裂という最悪シナリオが回避できたことを意味します。すでに米国株式市場はトランプ習近平会談の成功を織り込むカタチで上昇してきたので、この良いニュースがマーケットに与える影響は限定的だと思います。ただ、1)今回のトランプ習近平会談の成果はアメリカでは必ずしも手放しに歓迎されていないということ、2)経済の先行きには陰りが見えていること、という2つの理由で、“かんかんの強気”になるのではなく、一歩一歩踏みしめながらゆっくり対応する必要を感じます。

日経平均は、依然として26週移動平均線が抵抗線に! ソフトバンクやレオス・キャピタルワークスなど、 12月のIPOラッシュを呼び水にした資金流入に期待! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の日本株市場を大胆分析! 日米株式共に冴えない動きが続いています。現時点での最大の理由は、米中首脳会談の行方が不透明だからです。11月30日~12月1日にアルゼンチンで開かれるG20首脳会議に合わせて、トランプ大統領と習近平国家主席が会談する予定です。ここで、貿易戦争が「いったん休戦」なら好感され相場は急上昇、しかし、「物別れ」なら嫌気され急落する可能性がある以上、リスク回避的な多くの投資家は株式を買うことを躊躇するのは当然です。

トランプが仕掛けた米中通商戦争に 市場開放で応じた習近平のしたたかさ - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中国の習近平国家主席が米国のトランプ大統領が仕掛けた貿易戦争の「対抗手段」に出ました。それは「国内市場のさらなる開放」と「輸入関税の引き下げ」というもの。世界の自由貿易を推し進める国は米国ではなくて中国!? その裏には習近平のしたたかな戦略が見えると、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が分析しています。

2018年はどんな年になるのだろうか? 欧米、中国、日本の政治、経済からひも解く [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年はイギリスのEU離脱(6月)とトランプ大統領の登場(11月)という2つの大きな事件があり、自由でゆたかな欧米先進国にポピュリズムの嵐が吹き荒れていることをひとびとは目の当たりにした。去年のいまごろは、フランス大統領選(5月)で“極右”FN(国民戦線)のマリーヌ・ルペンが当選するようなことになればEU(欧州連合)もユーロも崩壊し、世界は大混乱に陥るのとの重い不安が垂れ込めていた。

中国が腐敗の国有企業を公表、 習近平による政治闘争か!? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中国の審計署(日本の会計検査院に当たる)は大手国有企業20社に対する調査で、18社に不正計上が発覚したと公表しました。売上高の水増しは2015年までの数年間で日本円にして約3兆円に上るとのこと。中国共産党が所有する国有企業の腐敗を自ら公表したのにはどんな思惑があるのか、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が読み解きます。

中国のシャドーバンキング引き締めで、打撃を受ける セクターはここだ! シャドーバンキング問題が 短期間で解決すれば、絶好の買い場が到来か! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中国政府がシャドーバンキングを抑えるため、引締めに乗り出しています。シャドーバンキングは「影の銀行」と訳されます。その定義は、「お金を集めて融資をする」という、本来、銀行が行う金融仲介業務を、証券会社やヘッジファンドといった銀行ではない金融業者が行うことを指します。4月下旬に、習近平国家主席がシャドーバンキングのリスクを防ぐ指示を出しましたが、これを受けて短期金利は上昇しています。今回の措置は、将来に禍根を残すようなシナリオを未然に防ぐために打ち出された方針であり、それ自体は良いことだと思います。しかし、短期的に見れば、規制による引締めは中国経済の勢いを殺ぐ可能性があります。

トランプ大統領の貿易政策は「吠える」わりに軟弱? 米国に対する輸出国が再評価される可能性がある今、 狙い目銘柄はこの2つのETFだ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週、トランプ政権が、米国通商代表部(USTR)を通じ、議会に対して北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に関する書簡を送りました。その書簡は、驚くほど事務的で淡々としていました。普段、トランプ大統領がギャアギャアわめいている「アンフェアな貿易協定は破棄する!」、「メキシコ製品に35%の関税をかける!」、「米企業がメキシコに工場を建てるのは許せない!」というような過激なトーンはどこにも見当たりません。その代り、現行のNAFTAの規定を殆ど是認するような淡々とした内容になっており、あまりの軟弱さにメキシコ側もアメリカ側も拍子抜けしました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.