投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(4/27~5/1)の日経平均株価の予想レンジは、 1万9000~1万9800円! GWを控えて底堅い値動き となる見通しだが、連休前に「意外高」となる可能性も - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/27〜5/1)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週は4月29日が祝日で休場となるほか、実質的に、ゴールデンウイークに突入します。東京都が企業に対して、4月25日から5月9日までの12日間を連続休暇にするよう促していることもあり、商いは膨らみづらいと考えられます。多くの投資家は積極的にポジションを取ることを避けると思われるので、結果的に売りを仕掛けてくる流れにもなりづらく、底堅い値動きになるでしょう。ただし、ゴールデンウイーク中に、新型コロナウイルスの感染拡大がピークアウトするとの思惑から、先回り的な買いが集まり、相場が予想以上に高くなる「意外高」となる可能性も意識しておきましょう。

日経平均株価やNYダウの暴落を止めるには、日銀や FRBによる「金融政策」だけでは不十分。次は企業へ の支援など、実体経済を支える「財政政策」が必要! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米連邦準備理事会(FRB)は、3月15日に緊急の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開いて1.0%の大幅利下げに踏み切りました。政策金利は0~0.25%と、リーマンショックのあった2008年の金融危機以来となる「ゼロ金利政策」に回帰しました。また、今後数カ月で米国債を少なくとも5000億ドル買い入れ、住宅ローン担保証券(MBS)を2000億ドル購入する量的緩和政策も復活させます。そして日銀も、3月18日~19日に予定していた金融政策決定会合を前倒しして、16日に緊急で会合を開き、株価指数連動型上場投資信託(ETF)の保有残高の増加額を年12兆円増と、従来の年6兆円増から倍増させました。

来週(1/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3800~2万4200円! 決算発表で株価が急落した 銘柄は、冷静に「押し目買い」のスタンスで狙おう! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(1/20~24)の日経平均株価の予想レンジを発表! 来週(1月20日〜24日)は、国内でも決算発表が増えてきますので、米国同様、決算を手掛かりとした物色が中心になりそうです。商いが低水準の中で決算に対して過剰に反応しやすくなっているので、イレギュラー的に下げてくる銘柄へは、冷静に押し目を拾うスタンスになりそうです。た、ゲーム株の決算が1月後半にかけて相次ぐので、ゲーム株の動向にも注目したいところです慎重な決算が続く局面においては、テーマ株にシフトしやすいと思われます。具体的なテーマとしては、TSMCの設備投資計画にから再び「5G」への関心が高まりやすい状況の中、ハイテク企業のほか、「ローカル5G」など今後本格化するサービスの関連銘柄へ物色に向かいやすいでしょう。

来週(12/16~20)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4500円! 2万4000円を上値とする 「ダブルトップ」を突破できれば、さらなる上昇も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/16~20)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週は重要なイベントが目白押しだったため、様子見ムードからこう着感の強い相場展開が続いていました。しかし、米連邦公開市場委員会(FOMC)が、金利を維持したことに加えて来年の金利据え置きを示唆したことから、先行きの不透明感が後退しました。さらに、米国による対中関税発動が12月15日に迫る中、トランプ米大統領が中国との第1段階の貿易合意を承認したとの報道を受け、金曜には500円を超えて大幅に上昇。寄付で一気に年初来高値を更新すると、その後も強い値動きが続き、昨年10月以来の2万4000円を回復しました。

来週(10/28~11/1)の日経平均株価の予想レンジは 2万2500~2万3000円! 約850社が中間決算を発表 する予定なので、“出遅れ銘柄”を見直す動きに注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/28~11/1)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(10月28日~11月1日)は、米国では連邦公開市場委員会(FOMC)、国内では日銀の金融政策決定会合が予定されているので、金融政策に市場の関心が集まるでしょう。FOMCは、10月会合で今年3度目となる0.25ポイントの利下げが予想されています。

来週(9/24〜27)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1900~2万2400円! 2万2000円を維持すれば、 次は「年初来高値(2万2362円)」が意識される展開に! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(9/24〜27)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(9月24日〜27日)の日経平均株価は、節目の22000円を回復しましたが、短期間で上昇したことで、テクニカル面では過熱感を警戒する声も聞かれてきます。いったんは達成感からの利益確定の売りも出やすいでしょう。そんな中、まずは2万2000円を固める展開が意識され、その後は4月24日に付けた年初来高値(2万2362.92円)が意識されてくる相場展開が予想されます。

日経平均株価が堅調な一方、マザーズ指数は低迷中! 決算ギャンブルは避けて、期初計画に対する進捗率や 米国株との連動性などを意識して優良銘柄を選ぼう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 7月1日以降、29日までの20営業日のうち、東証1部の売買代金が活況の目安となる2兆円を上回ったのは、1日の2.2兆円、18日の2.1兆円のわずか2日だけでした。残念なことに、東京株式市場には一足早く夏が到来し、「夏枯れ相場」が既に始まっています。7月30~31日の日程で米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。このFOMC後に公表される声明文やパウエルFRB議長の会見を見極めたいとのムードが、目先は継続する見通しです。

来週(6/17~21)の日経平均株価の予想レンジは、 2万900~2万1400円! 来週は「FOMC」や「日銀 金融政策決定会合」などの重要イベントを見逃すな! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(6/17~21)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週の日経平均株価は上昇しました。トランプ米大統領が、不法移民対策に関してメキシコと合意したことを明らかにし、メキシコ製品への制裁関税発動を無期限で停止すると表明したことが好感。週明けの日経平均株価は、2万1000円を回復しました。来週の日本市場は、引き続き方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。

日経平均は3/26以降、機関投資家からの7000億円 規模の買いにより「上方ブレイク」する可能性が! 今のうちに「押し目買い」を狙って仕込んでおこう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:人気アナリストの藤井英敏さんが、日本市場を分析! 中国、欧州のみならず、我が国の足元景気も減速・悪化しています。しかし、これだけマクロ指標が悪化しているのに、足元の日経平均株価は底堅い動きを続けています。「なぜ、不景気なのに日経平均株価は強いのか?」―――その答えは、やはり、現在は、「不景気の株高」が発生していると考えるのが妥当でしょう。また、日経平均株価の当面の下値メドは3月11日安値の2万0938.00円です。一方、上値メドは4日高値の2万1860.39円です。そして、3月のSQ値2万1348.40円が、「強気」「弱気」を判断する基準値です。

2019年3月の住宅ローン金利を大胆予想! 変動、3年、10年、20年、35年固定金利の動向と 各銀行のオススメ住宅ローンを紹介します - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今日は、主要銀行の2019年3月の金利動向を予想したいと思います。変動、3年、10年、20年、35年固定金利の動向と、オススメの住宅ローンを紹介しましょう。また、2019年3月には、新築マンションの引き渡しを受ける人が多いと思いますので、住宅ローンの申し込み方から借り方まで、併せて解説しましょう。

住宅ローン借り換えで注意したい「担保不足」とは? 物件価値の下落などにより、審査で落ちるケースも - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ここ最近、日銀の政策修正によって大手銀行が軒並み当初固定金利を上げたため、「いよいよ金利が上がるのでは?」というムードに包まれています。借り換えを検討している人にとっても、気になるところですよね。そこで今回、借り換えの際に担保不足など審査で注意すべきポイントを解説します。

2018年7月の日銀政策修正で金利は底を打つ! 住宅ローン借り換えの最後のチャンスで、 おすすめの変動金利、長期固定金利は何か? - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年7月31日に日銀が公開した金融政策の修正により、「いったい、いつまで下がるのか?」と言われていた住宅ローンの金利の底が見えたのではないかと思っています。そこで千日なりの、変動金利、長期固定金利を予想して、「最後の借り換えチャンス」と言える今、何に借り換えればいいかを検討しましょう。

"臆病で保守的"な日本人が 金融リスクを回避する方法とは? [橘玲の日々刻々] - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』は2013年3月に発売されたが、今回、文庫化と同時に電子版も改定し、タイトルも『国家破産はこわくない 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル改訂版』となった。

再び「2万円台回復」を果たした日経平均株価は、 堅調に推移するも力強いトレンドの見えない状態! 今は上昇トレンドを描く「マザーズ市場」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月13日~14日のFOMC、15~16日に開かれた日銀金融政策決定会合という2大重要イベントを無事に通過したことで、イベントリスクが大幅に低下しました。この結果、多くの投資家が動きやすくなり、リスクオンになりました。FRBは6月13日~14日のFOMCで、0.25%の利上げを決めました。また、量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小にも着手することを表明しました。日銀は、長短金利操作付きの量的・質的金融緩和政策の維持を決めました。これら日米中央銀行の決定は、市場の事前予想通りでした。

日経平均株価は、先週に引き続き「カンカンの強気」 年末に向けた「仕込みのチャンス期間」到来の中、 11月8日投票の米大統領選挙の結果に注目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は堅調に推移しています。やはり、従来の上値のレジスタンスの52週移動平均線を超えて推移しているため、東証1部の主力株の株式需給は、劇的に改善しています。今週に関しては、11月1日に日銀が金融政策決定会合を開き、2日はFRBがFOMCを開き、そして、3日には英中央銀行イングランド銀行が金融政策委員会の結果を公表します。さらに、4日に10月の米雇用統計が発表されます。重要イベントが目白押し。しかし当面の重要イベントは米大統領選挙の結果であり、それさえ無事に通過すれば、クリスマス&年末ラリーの助走が始まることでしょう


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.