投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は、FRBや日銀の金融緩和により堅調 に推移! 好業績で信用倍率の低い大型株のほか、 「ディー・エヌ・エー」などのゲーム株が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 足元の日経平均株価は非常に強い動きを続けています。ECB、FRB、日銀といった主要中銀が金融緩和を強化、または超絶金融緩和が維持していることが主因です。ECBは、9月12日に中銀預金金利をマイナス0.4%からマイナス0.5%に引き下げると同時に、量的緩和を11月に再開すると決めました。また、FRBは17~18日のFOMCで、政策金利を0.25%引き下げ、7月に続く利下げに踏み切りました。そして、日銀は18~19日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和政策の現状維持を決めました。

日経平均株価の上値余地は最大で2万4448円! 物色 の流れが変わったことで、今後は「グロース」より 「バリュー」、「小型株」より「大型株が」狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 先週末(9月13日)の日経平均株価は、9日続伸、前日比228.68円高の2万1988.29円と、終値ベースでは4月26日以来4カ月半ぶりの高値となり、令和入り後の最高値を付けました。米中貿易協議の進展期待、米国での新たな景気刺激策の浮上、そして、ECB(欧州中央銀行)による金融緩和強化策実施など、外部環境の改善が日経平均株価上昇の背景です。まず、米中貿易協議に関しては、トランプ米大統領が9月12日、「暫定合意をたぶん検討している」とホワイトハウスで記者団に述べたそうです。

日経平均株価は2万500円を中心としたボックス相場 を継続! そんな閑散相場だからこそ「好業績」で 「株価モメンタムの良い」優良銘柄に資金が集中する - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日米株式市場は、あいかわらず米中貿易戦争絡みのニュースに一喜一憂して、右往左往しています。ただし、現時点において、その影響が株価バリュエーションを大きく上下させる状況ではないため、結局、日米共にレンジ取引(ボックス相場)になっています。日経平均株価については、足元では8月6日の2万110.76円が直近安値でありボックス下限です。一方、ボックス上限は、8月2日と2日とで空けた窓(2万941.83円~2万960.09円)です。買い方の拠り所は、各国中央銀行の超絶金融緩和が継続する、もしくはさらに強化されることへの期待感でしょう。

FOMCでの“利下げ”で値上がりが期待できるゴールド (金)に注目! 来るべき金融緩和局面に備えて金に 投資するには「SPDRゴールドシェア」がおすすめ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:利下げ局面に入っていく米国市場について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 7月31日(水)の連邦公開市場委員会(FOMC)では、0.25%の利下げが予想されています。これは、2015年12月以降3年半続いた利上げ局面が終了し、いよいよ金融緩和に入ってゆくことを意味します。ところで、利下げ局面ではゴールドが買われやすいと言われています。ゴールドには利子がつかないため、普通の状況では債券や預金に比べて不利だと考えられています。しかし、利下げ局面では、それらゴールド以外の投資先の利回りが低下するので、相対的に見てゴールドの魅力がUPするというわけです。

MSCIによる「中国A株」の指数構成比率引き上げで、 200億ドル相当の買い圧力が発生! 「中国A株」への 資金流入で恩恵をこうむるオススメ銘柄はこれだ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、最新の米国市場や世界経済の鋭く分析! 月28日にMSCIは、MSCI各指数における中国A株の比率を3段階のステップを経て引き上げてゆくと発表しました。現在、中国A株は、MSCIエマージングマーケット(EM)指数の僅か0.72%しか占めていません。しかし、今年5月、8月、11月の3回にわけてその比率をアップしてゆき、最終的には3.33%へもってゆくと発表しました。これにより、11月までに、中国A株には少なくとも200億ドル相当の買い圧力が生じるというのが市場関係者の見方です。

3月後半までの1カ月間は「リスク回避」を徹底せよ! 「円高」「決算対策売り」「持ち合い解消売り」など しばらくは日本市場の需給は良くない状況が続く!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元の世界の株式市場では、世界的な景気回復というポジティブ材料と、景気回復が顕著だから世界的に金利が上昇するというネガティブ材料が綱引きしている感じです。1月29日の10年物の米国債利回りが、2014年4月下旬以来、3年9カ月ぶりの水準である2.72%まで一時上昇しました。また、黒田日銀総裁が1月26日のダボス会議で「ようやく2%の物価目標に近づきつつあると思う」と述べたことを受け、日銀の金融緩和政策の正常化が想定よりも早まるとの見方が強まっています。米国と日欧との早期の金利差縮小観測を受け、外国為替市場では、ドルが対ユーロ、対円で売られ易くなっています。

2017年最大の「灰色のサイ」が再浮上!? 世界的株価上昇の根拠がいよいよ消滅か - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:本連載では先週、金融市場に群れをなす「灰色のサイ」(今は問題視されていないがいつか大暴落を引き起こしかねない懸念材料)について取り上げました。高値更新を続ける好調な株式市場で注意しておくべきポイントとは!? 刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では、今週も「灰色のサイ」の動きを監視しています。

世界の株式時価総額が史上最大だが、不安点も。 日銀の異次元量的緩和の限界が近づいてきた!? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:世界の株式時価総額が史上最大の76兆ドルに達しました。日経平均も先週末に久々の2万円台を回復しています。刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」最新号では、米国、欧州、日本、中国、新興国の各市場それぞれに、好調な株式市場の「死角」となり得る要素をチェックしています。今回の本連載はその中から、日本の株式市場で気にしておくべきポイントについて、闇株新聞の見方をご紹介します。

日銀のETF買い入れにより、今や日銀が仕手本尊に! 新興市場の人気低迷がこのまま長期化しそうな今、 日経平均株価などの指数採用銘柄を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日銀は7月28日および29日の両日、金融政策決定会合を開催し、ETFについて、保有残高が年間約6兆円に相当するペースで増加するよう買い入れを行うことを決定。物色面では、日経平均株価は単純平均型の株価指数なので、日経平均採用銘柄のうち指数寄与度の大きい値嵩株を集中的に買うトレードも加速している。日銀砲により流動性が供給され、流動性が向上する指数採用銘柄は魅力が増している。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.