Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 非常事態宣言

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「食品容器」関連銘柄の業績が“非常事態宣言”発令で アップする!? 「外出自粛」で利用が急増するテイクア ウトやデリバリーに欠かせない「食品容器」に注目! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「食品容器」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。4月8日午前0時から5月6日までの期間、東京や大阪などの7都府県を対象として「緊急事態宣言」が発令されました。これに関連して東京都の小池知事は、一足先に緊急事態宣言の発令時における都の対処方針案を明らかにしました。厳しい状況に置かれた飲食店が取れる対策のひとつとして一段と広がりを見せているのが、弁当や持ち帰り用惣菜の販売、つまり「テイクアウト」や「デリバリー」です。今回は少しだけ発想を飛ばして、テイクアウトやデリバリーの際に必須となる弁当容器やフードパックといった使い捨ての「食品容器」関連の銘柄に焦点を当てたいと思います。

日経平均株価は「6月のメジャーSQ」まで上昇基調!? その後、7~8月にかけて「二番底」を目指すが、新型 コロナの感染状況次第では下落が早まるので要注意! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 欧米で、新型コロナウイルスの感染拡大の勢いが鈍っているとの見方が強まっています。こうしたコロナ情勢の改善期待を背景に、4月6日のNYダウは急反発し、前週末比1627.46ドル(7.73%)高の2万2679.99ドルでした。東京株式市場は、週明けの4月6日から好調です。週末に新型コロナ感染拡大の鈍化期待が高まっていたことから、6日の日経平均株価は前週末比756.11円高の1万8576.30円でした。前日の米国株の大幅高と、安倍首相の表明した大型経済対策、そして円安が好感された結果です。円相場に関しては、株高を受けて、世界で運用リスクをとる動きが広がっているため、安全資産の円が売られているようです。

来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジは、 1万6800~1万8200円! 二番底が警戒される中、 「マスク」「医療設備」「テレワーク」などの物色が継続! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(4月6日〜10日)の日経平均株価についても、方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、特に東京都の感染者数が増えていることから、非常事態宣言の発動や、それに続くロックダウンが警戒されています。日経平均株価は、今週の値下がりによって再び下落への警戒感が高まってきていることもあり、二番底を探る動きが意識されるでしょう。一方で、3月半ばに見られたパニック的な乱高下については、その原因のひとつとなっていたAIアルゴリズムによる機械的な売買は一巡したようです。

来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万~2万2000円! 米国の渡航規制が警戒される中、 「アゼアス」「東京ドーム」などの決算内容に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月9日〜13日)の株式市場も不安定な状況が続きそうです。各国の中央銀行による協調姿勢は評価できますが、米国でカリフォルニア州が非常事態宣言を発動させるなど、新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する各国の混乱により、積極的な売買は手控えられます。米国による日本からの渡航規制の動きも警戒されています。中国に次いで、米国でも日本に対する規制措置が取られるようだと、産業の依存度の高さから考えても日本経済への影響は計り知れないでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.