投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「JPモルガンチェース」が過去最高値を更新して 一段上の「新波動」に突入! 買いのチャンスを迎え る注目銘柄の事業内容や業績、注意点を徹底解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:過去最高値を更新したJPモルガンチェースについて、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週、JPモルガンチェース(ティッカーシンボル:JPM)の株価が一時120.40ドルの過去最高値を更新しました。JPモルガンチェースの株価が最高値を更新している理由は、業績がすこぶる良いことに起因しています。JPモルガンチェースの売上高成長率は、メガバンクの中で最も高いです。JPモルガンチェースには、大きく分けて一般の消費者を相手にした「商業銀行部門」と機関投資家や企業を相手にする「投資銀行部門」があります。そのどちらも好調です。

不動産を買い取ってもらうなら「一括査定サイト」を活用しよう!主要4サイトを、対応する不動産の種類、運営会社などで比較! - 不動産を高値で売却する方法[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を早急に売りたい人にとって必要不可欠なのが、不動産の買取業者だ。しかし、多くの人は不動産の相場をよく知っているわけではなく、慌てて売ったことで損をしてしまうケースも少なくない。そこで便利なのが、買取価格を査定してくれる「不動産一括査定サイト」だ。一回の登録で複数の会社から買い取り価格を査定してくれる。今回は、ベンチャー企業が運営する注目の4サイトを「メリット、デメリット」「掲載している不動産仲介会社」「運営会社」「運営開始年」「対応できる不動産の種類」などで徹底的に分析した。

「タワーマンション」や「一般社団法人」を使った 相続税対策は今後どうなる? - 不動産を高値で売却する方法[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2015年、相続税の基礎控除引き下げ(課税強化)が行われた頃から、「タワーマンション」や「一般社団法人」を活用した相続税の節税対策が俄然、注目されるようになった。しかし、国としては行き過ぎたやり方であるとして、さまざまな規制を強めている。その経緯と影響、今後について考えてみる。

不動産の相続時の諸費用(登録免許税、司法書士報酬)と 税金(譲渡益課税など)の計算方法は? - 不動産を高値で売却する方法[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:亡くなった人(被相続人)が所有していた不動産は、有効な遺言があればその内容に沿って相続される。遺言がない場合や、遺言があっても相続人全員が話し合って同意に至れば、「遺産分割協議」によって、誰が相続するかが決まる。その次に問題となるのが、不動産を相続した際の「諸費用」や「税金」だ。順を追って説明していこう。

2019年の日経平均株価の値動きをプロ32人が予測! 年末に2万3000円以上の高値をつける予想が多く、 株価が軟調になる「2019年前半」は絶好の仕込み時! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価の2019年初から12月末までの見通しを、専門家が予測!2018年10月にバブル崩壊後の高値2万4448円を記録したものの、12月末には一時1万9000円を割り込むなど、激しく乱高下している日本株。だが、最強株が相場全体の下落に巻き込まれたときこそ絶好の買いチャンスだ。そこで1月21日発売のダイヤモンド・ザイ3月号は、恒例の大特集「最強”日本株”番付」の「2019年初場所」を掲載! 新登場の割安株や高配当株、10万円株など6つの「最強”日本株”番付」を発表している。今回はその中から、プロ32人による「2019年の日本株予測」についての記事を抜粋して紹介しよう!

不動産を相続した際の「相続税の計算方法」を解説! - 不動産を高値で売却する方法[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:相続が発生したら相続財産の評価を行い、相続税がかかるかどうかを相続人が計算・確認した上で、もし相続税がかかるようなら10ヵ月以内に、税務署へ申告・納税する必要がある。ここで問題になるのが、不動産の評価だ。相続税の計算において不動産の評価は意外に難しく、相続税額を合理的に減らせるかどうかにも大きく関わる。相続税の計算方法から順に見ていこう。

買主から価格交渉が入った時、どうすればいい? 納得のいく不動産売却へ、不動産会社との相談の秘訣を伝授! - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売却する際、買主から価格交渉(値引き要請)が入ることは多々あります。その際、受け入れるのか、断るのか、それとも値段を引き上げて再交渉するのか、悩む人は多いでしょう。そこで正しい対応策を伝授いたします。結局、不動産会社と相談することになるのですが、その聞き方を間違わなければ、納得のいく売却が実現できるでしょう。

相続の相談先は税務署、税理士、弁護士…どれが正解? - 不動産を高値で売却する方法[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「相続」にあたっては、遺産の分割や相続税の申告・納税など、さまざまな手続きが必要となる。しかし、相続は人生においてそう何度もあることではなく、相続人だけで処理するのは難しい。いろいろな専門家に相談したり、サポートを受けたりしながら行うのが一般的だ。相続の相談相手にはどのような専門家がいるのか、それぞれのメリット・デメリットは何か、まとめてみた。

「相続」で必要な書類、手続きのスケジュールを解説! - 不動産を高値で売却する方法[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「相続」において大きな問題となるのが「不動産」の扱いだ。亡くなった人(被相続人)が所有していた自宅をはじめとする「不動産の相続」を巡っては、遺産分割の難しさや評価方法による税額の違いなど、さまざまなポイントがある。そこで、このシリーズでは相続と不動産に関わる基礎知識を整理してみたい。今回は、相続の手続きと必要な書類について、わかりやすく解説しよう。

不動産屋さんってどのくらいのお給料を貰っているの? 不動産業界に就職する人ってどんな人が多いの? - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産業と聞いてどのようなイメージを持たれますか? ネットで不動産業に関するイメージについて検索すると「怖い」とか「騙されそう」とか「忙しそう」なんてネガティブなもの多い中に、「お給料が高そう」という意見もチラホラ見かけました。そこで、不動産会社の社員の給料や、どんな人が社員になっているのかを、中小の不動産会社さんを中心に明らかにしましょう。

不動産仲介手数料が割安な「マンションマーケット」に売却を依頼しても大丈夫? サービス品質、手数料の実態を記者が覆面取材! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「不動産仲介手数料が49.8万円(定額)」と、割安な手数料設定をしている不動産仲介会社「マンションマーケット」を利用して、不動産を売却しても大丈夫? こんな疑問に答えるために、本編集部記者が実際に、自分の住んでいるマンションを売却の相談をしながら覆面取材を行った。価格査定の品質や広告方法、そして気になる手数料などもレポートする。

売れる戸建て、売れない戸建ての差は? 旧耐震、違反建築、既存不適格、徒歩15分超の戸建ては、価格下落しやすいので早期売却の検討も! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「売れる戸建て/売れない戸建て」を判別できる5つのポイントを紹介! 「戸建てを売りたい」「将来、売るかもしれない」と考えているのなら、「売れる戸建て/売れない戸建ての差」を知っておいたほうがいい。特に、建築基準法に違反していたり、古い耐震基準で建てられていたりすると、将来どんどん売りにくくなっていくので、できるだけ早く売却してしまったほうがいいのだ。

不動産仲介手数料を割引する「カウル」に、売却を依頼しても大丈夫? 手数料割引の実態と、広告方法などを覆面調査! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:スマホを使って不動産売買が簡単にできる不動産仲介会社「カウル」に、不動産売却を依頼しても大丈夫なのか? こんな疑問にこたえるために、記者が実際に自分の住んでいるマンションの売却相談をするという覆面取材を行った。売却にあたっての広告方法や、仲介手数料の割引などについてレポートする。

仲介手数料最大無料の「REDS」で、不動産を売っても大丈夫? 記者が実際に査定を依頼してみた結果は? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の仲介手数料割引をセールスポイントにしている不動産仲介会社「レッズ(REDS)」に不動産売却を頼んでも大丈夫なのか? こんな疑問に答えるために、本編集部記者が実際に、自分の住んでいるマンションの売却の相談をしながら覆面取材を行った。売却にあたっての価格査定や広告方法、そして気になる手数料などもレポートする。

「不動産売買手数料は最大ゼロ円」などと宣伝する 「手数料割引」の不動産仲介会社を使って大丈夫? 安くできる仕組みと、優良業者の見分け方を解説! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最近、不動産売買の仲介手数料を割引する不動産仲介会社が増えている。売主と買主の仲介をすることで売買を成立させる不動産仲介会社にとって、仲介手数料は大きな収益源であることを考えると、「安かろう悪かろう」になっていないのだろうか。また、手数料割引業者はどうやって見分ければいいのか。業界における仲介手数料の実態も紹介しながら解説しよう。

売れるマンション/売れないマンションの差は? 「耐震性」「立地」「規模」「管理費」に問題があれば価格下落リスクが高いので、売却を急ごう! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションの価値は住み続けるほど下がっていくものだが、なかには将来的に価格が大きく下落する可能性が高いマンションもある。売却を迷っているうちに、大損する可能性があるのなら、今すぐ売りに出したほうがいいだろう。そこで、「今すぐ売るべきマンション」の特徴について考えよう。

土地の売却時に起こる「境界問題」とは? 隣家との間に塀があっても、油断は禁物! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の売却にあたって、直面しやすいトラブルのひとつに、隣地との境界線があいまいなために起こる「境界問題」がある。境界問題を抱えた土地は隣家とトラブルになりやすいことから敬遠される。仮に買い主が現れても、境界が不明確だと売却できなかったり、買いたたかれたり……といったリスクを抱えることになる。そんな羽目には陥るのはぜひとも避けたいところだが、どうすればいいのか。東京都土地家屋調査士会に聞いた。

「分筆」「合筆」を巡る、よくあるトラブルとは? 浄化槽が隣地にはみ出していたらどうすべきか - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:土地を分けて登記し直す「分筆」や、大きな土地を一つにまとめるという「合筆」という手続きが、思わぬ隣人トラブルを招くこともある。東京土地家屋調査士会に、分筆にまつわるトラブル事例と解決策について聞いた。

家を売るのに、リフォームすべきではない理由は? 買い主の趣味に合わないリフォームは単なる無駄! - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:築年数の経った不動産を売却する際、「リフォームしてピカピカにした方が売れやすいかな?」と思われる事もあるでしょう。ネット上で「売却時はリフォームするべきか、現状のまま売るべきか」という記事を見ると、そのほとんどが「現状のまま売却すべきで、リフォームすべきではない」という結論に落ちついているようです。この「リフォームすべきではない」という意見に、私も賛成です。今回はその理由を説明しましょう。

不動産がなかなか売れないとき、不動産会社を変える時期、最適な方法は? 契約解除のリスクとペナルティも確認を - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の売出価格は妥当であるにも関わらず、売却が長期化しているのであれば、不動産仲介会社の乗り換えも選択肢の一つとなる。ただし、乗り換えにはデメリットもあるため、乗り換えの判断のポイントやタイミング、契約上の注意点などを確認しておこう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.