投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


積水化学工業(4204)、11期連続「増配」を発表し、 配当利回りが3.39に! 2021年3月期の年間配当額は 11年間で4.7倍、前期比1円増の「1株あたり47円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:積水化学工業(4204)が11期連続の「増配」を発表し、配当利回りが3.39%に! 積水化学工業は2021年3月期の配当(予想)を発表し、前期比「1円」の増配で「11期連続増配」の見通しとなった。今回の増配により、配当利回りは3.39%となった。積水化学工業の2021年3月期の業績予想は、新型コロナウイルスの感染症拡大による影響について、「現在(4月中旬)の状況が6月まで継続し、その後徐々に回復するが、上期は大きく影響を受ける」という前提で「減収減益」としている。なお、積水化学工業は2020年度以降の配当については「配当性向35%以上」、「DOE(自己資本配当率)3%以上」という数値目標を掲げている。(積水化学工業、コード:4204、市場:東証1部)

沖縄セルラー電話、19期連続となる「増配」を発表、 配当利回り3.9%にアップ! 2021年3月期の配当額は 19年前の35倍、前期比9円増の「1株あたり154円」に - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:沖縄セルラー電話(9436)が19期連続の「増配」を発表し、配当利回りが3.91%に! 沖縄セルラー電話は2021年3月期の配当(予想)を発表し、前期比「9円」の増配で「19期連続増配」の見通しとなった。2020年3月期の配当についても「1株あたり136円」から「1株あたり145円」に増配されている。一連の増配により、配当利回りは3.46%⇒3.91%にアップ。沖縄セルラー電話の2021年3月期の業績予想は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を織り込んでいないという前提で「増収増益」としている。なお、現時点では新型コロナウイルスの感染拡大による「業績や事業活動への過大な影響はない」としている(沖縄セルラー電話、コード:9436、市場:東証JASDAQ)

“コロナ・ショック”でも株価の下落率が小さく、回復力 も強かった「安定配当株」とは? 守りに強く、配当利 回りも高い情報通信セクターの「日本電信電話」に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“コロナ・ショック”でも株価の下落率が小さかった「安定配当株」とは? 業種別に値動きを比較して検証! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」をランキング形式で紹介! さらに、業種別で注目の「高配当株」や、大型安定株の配当利回りランキングなども掲載しているので、銘柄選びの参考になるはずだ。今回は特集の中から、業種別に見た「コロナ・ショック」時の株価の“下落率”と、その後の“回復力”を示す一覧表を抜粋! 相場が急落している中で「高配当株」を狙うときは、減配したり、赤字転落から無配になったりするリスクをはらんだ銘柄は、極力避けたい。業種別の値動きの推移を見れば、安定感のある業種やテーマが見えてくるので、ぜひチェックを!

JFEシステムズ(4832)、7期連続「増配」を発表し、 配当利回りは3.54%にアップ、株価はストップ高に! 2020年3月期は前期比35円増で「1株あたり120円」 - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:JFEシステムズ(4832)が増配を発表し、配当利回りが3.54%に! JFEシステムズ(4832)は、2020年3月期の配当予想を前回予想比で「20円」の増配となる「1株あたり120円」と発表した。前期比では「35円」の増配予想で、7期連続増配を達成した。年間配当額は9年前の8.5倍となる。JFEシステムズは今回の「増配」と同時に「2020年3月期決算」も発表。業績予想を上回る着地だったことと、「配当性向30%を目安に配当すること」を基本方針としていることから、今回の増配が決まった形だ。ただし、2021年3月期の配当予想・業績予想については、「現時点では合理的な算定ができないため未定」となっている。(JFEシステムズ、コード:4832、市場:東証2部)

「連続増配株」の株価は“コロナ・ショック”でどう動いた のか? 30年連続増配の花王、21年連続増配の小林製 薬など、歴史的暴落でも強かった連続増配株を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:花王(4452)や小林製薬(4967)など、「連続増配株」5銘柄の「コロナ・ショック」時の株価の“下落率”や“回復力”を調査! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」をランキング形式で紹介! さらに、業種別で注目の「高配当株」や、大型安定株の配当利回りランキングなども掲載している。今回は特集の中から、投資家からの注目度が高い「連続増配株」の株価の“下落率”や“回復力”にスポットを当てたコラムを抜粋! 銘柄選びの参考にしてほしい。

株価下落に強い「高配当株」の3銘柄を紹介! 外出自 粛でも影響を受けにくいセブン&アイHD、リーマン・ ショック後も増収だったセンコーグループなどに注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アナリストが注目する「高配当株」は、セブン&アイ・ホールディングス(3382)とセンコーグループホールディングス(9069)、ライト工業(1926)の3銘柄! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」をランキング形式で紹介! さらに、業種別で注目の「高配当株」や、大型安定株の配当利回りランキングなども掲載しているので、銘柄選びに役立つはずだ。今回は特集の中から、底値が堅い「高配当株」ランキングに入った銘柄のうち、アナリストなどの相場のプロが「特に有望」と太鼓判を押す銘柄を抜粋してお届け! ダイヤモンド・ザイ6月号の誌面では15銘柄紹介しているが、ここではそのうちの3銘柄を取り上げる!

ダイヤモンド・ザイ6月号は急落に強い【高配当株】を 大特集! コロナ・ショックから反発必至の株主優待株、 人気投資信託の急落防御力など、今必見の記事を満載 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:4月21日発売のダイヤモンド・ザイ6月号は、「【大特集】全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 「底値が堅く今がチャンスの株主優待株」など、この時期に読みたい特集が満載です! 株式市場は「コロナ・ショック」の影響から、先行きが読みづらい状況が続いています。巻頭特集は「大暴落を見抜いた人に聞いた! ここからの投資戦略!」。ひふみ投信の藤野英人さんらが今度の投資戦略を詳しく解説! 大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面になっても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」を厳選! ダイヤモンド・ザイが独自にスコア化して割り出しました! そのほか、特集「底値が堅く今がチャンスの株主優待株」では、株主優待名人・桐谷広人さんが「コロナ・ショック」後の1カ月間に買った67銘柄を独占公開! さらに「人気投資信託TOP50の急落防御力」など、ダイヤモンド・ザイでしか読めない注目記事が盛りだくさんです!

急落相場でも底値が堅い「高配当株ランキング」ベスト5 を発表! リーマン・ショック直後でも増益達成のKDDI など、収益力や財務基盤が盤石な5銘柄がそろい踏み! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:配当利回りが高いだけでなく、相場の急落局面にも強い「底値が堅い【高配当株】ランキング」ベスト5を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」を紹介。ひと口に「高配当株」といっても、今は株価が暴落したせいで「高配当株」が急増し、玉石混交の状態になっている。特集では、買っていい「高配当株」と、避けるべき「高配当株」も解説しているので、銘柄選びのヒントになるはずだ。今回は特集の中から、ダイヤモンド・ザイが独自にスコア化して割り出した、「底値が堅い【高配当株】ベスト70」の上位5位までを抜粋! 業績に安定感があり、ある程度安心して保有できる銘柄ばかりなので、ぜひチェックを!

「高配当株」を選ぶときに知っておきたい“新常識”を 解説! コロナ・ショックで急増している「高配当株」 に投資するなら「利回り+α」がある銘柄を選ぼう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」で急増している「高配当株」の中でも、“買っていい銘柄”の見極め方をアナリストが解説! 4月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、今後再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」を113銘柄紹介。ひと口に「高配当株」といっても、今は株価が暴落したせいで「高配当株」が急増し、玉石混交の状態になっている。特集では、買っていい「高配当株」と、避けるべき「高配当株」も解説しているので、投資先選びのヒントになるはずだ。今回は特集の中から、急落に強い「高配当株」の選び方を、Q&A方式で紹介した記事を抜粋。アナリストなどの相場のプロが、初心者にもわかりやすく解説しているので、ぜひチェックしてほしい!

リバーホールディングス(5690)、配当利回り6.6%! 上場(2020年3月24日)後の初めての配当は、記念配当 も実施され、前期比で“8.7倍”の「1株あたり35円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:リバーホールディングス(5690)の配当利回りが6.67%に! リバーホールディングス(5690)は、2020年6月期の配当予想を上場前の前期(2019年6月期)から「31円」の増配となる「1株あたり35円」と発表した。内訳は、普通配当「25円」、記念配当「10円」。これにより年間配当額は前期の8.75倍となり、配当利回りは6.67%(普通配当のみでも4.77%)となった。リバーホールディングスは2020年3月24日に東証2部に上場しており、今回の記念配当は「東京証券取引所市場第二部上場」を記念したもの。なお、リバーホールディングスの配当政策には「積極的に配当を実施していく方針」という文言が掲げられている。(リバーホールディングス、コード:5690、市場:東証2部)

アイチコーポレーション(6345)、増配を発表して、 配当利回り4.1%に! 2020年3月期は減収減益ながら 配当性向の引き上げで年間配当は「1株あたり24円」に - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アイチコーポレーション(6345)が増配を発表し、配当利回りが4.13%に! アイチコーポレーション(6345)は、2020年3月期の配当予想を前回予想比で「2円」の増配となる「1株あたり24円」と発表した。前期比でも「2円」の増配予想となり、年間配当額は5年前の2.4倍となる見込み。配当利回りは3.78%⇒4.13%にアップした。アイチコーポレーションは今回の「増配」と同時に「2020年度から2022年度の3カ年は、連結業績を基準に配当性向50%を目安」という株主還元方針を設定した。この株主還元方針に基づき、前期比で減収減益予想でありながら、今回の「増配」発表となった模様。(アイチコーポレーション、コード:6345、市場:東証1部、名証1部)

北越メタル(5446)、年間配当額が前期の“5倍”になる 増配を発表し、配当利回り6.6%に! 2020年3月期の 配当は前期比で「48円」増の「1株あたり60円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:北越メタル(5446)が前期比「増配」を発表して、配当利回りは6.6%に! 北越メタル(5446)は、2020年3月期の配当予想を、前回予想の「未定」から「1株あたり60円」へと修正した。前期比では「48円」の増配予想で、増配率は5倍に達する。今回の配当予想修正の理由は、「2020年2月4日に公表した業績予想を確保できる見通しとなったため」とのこと。なお、北越メタルは利益還元の目標を「連結配当性向30%程度」としており、その期の利益状況によって配当額が上下することになる。今回の増配発表を受けてか、SBI証券の夜間取引(PTS取引)では一時、当日の終値908円より32円高い940円(+3.52%)を記録している。(北越メタル、コード:5446、市場:東証2部)

フリュー(6238)、増配+記念配当の実施を発表し、 配当利回りは3.7%⇒4.9%に! 2020年3月期の年間 配当額は前期比10円の増配で「1株あたり40円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フリュー(6238)が増配+記念配当を発表して、配当利回りが4.95%に! フリュー(6238)は、2020年3月期の配当予想を、前回予想比で「10円」の増配となる「1株あたり40円」と発表した。前期比でも「10円」の増配予想となり、配当利回りは3.71%⇒4.95%にアップした。普通配当の増配「5円」に加えて「上場5周年記念配当」の上乗せ「5円」があり、合計で「10円」の増配となる。2015年12月に東証1部へ上場したフリューは、2020年12月に上場5周年を迎えるが、フリューは上場をしてから一度も減配をしておらず”非減配”を継続中。前回の増配は2017年3月期で、今回の増配は3年ぶりとなる。(フリュー、コード:6238、市場:東証1部)

あかつき本社(8737)、期末配当の「増配」を発表し、 配当利回りは8.5%超に! 2020年3月期の配当額は 「1株あたり20円」で、前期比でも「2円」の増配! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:あかつき本社(8737)が増配を発表して、配当利回りは8.58%に! あかつき本社(8737)は、2020年3月期の配当予想を前回予想比で「2円」の増配となる「1株あたり20円」と発表した。前期比では「2円」の増配予想となる。配当利回りは7.72%⇒8.58%にアップした。あかつき本社は2020年3月期の当期利益を2020年2月14日に上方修正しており、それを受けて今回の増配が決まった形だ。あかつき本社は今回の増配発表と同時に自己株式の取得も発表しており、SBI証券の夜間取引(PTS取引)では一時、当日の終値233円より48円も高い281円(+20.6%)を記録している。(あかつき本社、コード:8737、市場:東証2部)

横田製作所(6248)、5期連続の「増配」を発表して 配当利回り3.97%⇒4.54%に! 年間配当額は前期比 5円増の「1株あたり40円」になり、5年で1.9倍に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:横田製作所(6248)が増配を発表し、配当利回りは4.54%になり、”5期連続増配”も達成する見通しに! 横田製作所(6248)は、2020年3月期の配当予想を前回予想比で「5円」の増配となる「1株あたり40円」と発表した。前期比では「5円」の増配予想となる。配当利回りは3.97%⇒4.54%にアップした。横田製作所は2016年3月期以降、増配を続けており、2020年3月期の配当が予想通り実施されれば”5期連続増配”となる見通し。横田製作所は今回の増配の理由を「通期業績及び財政状態等を踏まえ検討した結果」としているほか、「今後も配当水準の引き上げに努めてまいります」とも述べている。(横田製作所、コード:6248、市場:JASDAQスタンダード)

大豊建設(1822)、期末配当の「増配」を発表し、配当 利回り5.4%にアップ! 配当額は7年前の20倍となる 「1株あたり100円」で 、前期比でも「20円」の増配! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大豊建設(1822)が増配を発表し、配当利回りは5.47%に! 大豊建設(1822)は、2020年3月期の配当予想を前回予想比で「25円」の増配となる「1株あたり100円」と発表した。前期比では「25円」の増配予想となる。配当利回りは4.10%⇒5.47%にアップした。大豊建設の年間配当額は、増配傾向が強まる直前の2013年3月期から2020年3月期までの7年間で、「1株あたり5円」から「1株あたり100円」まで、なんと20倍にまで増えることになる。なお、今回の増配の理由は「現状の財務状態および今後の成長投資を勘案」した結果とのこと。(大豊建設、コード:1822、市場:東証1部)

中国工業(5974)、前期比「5円」の増配を発表して、 利回り2.6%⇒3.9%に! 同時に「株主優待の新設」と 「自社株買い」も発表し、株価はストップ高まで上昇! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中国工業(5974)が期末配当の「増配」を発表して、配当利回り3.96%に! 中国工業(5974)が、2020年3月期の期末配当予想を「1株あたり10円」から「1株あたり15円」に増額修正すると発表した。2019年3月期の配当は「1株あたり10円」だったので、前期比でも「5円」の「増配」となる。なお、中国工業は中間配当を実施していない。今回の増配により、予想配当利回りは2.64%⇒3.96%にアップした。中国工業が増配を実施する理由は、「創立70周年を迎えられたことへの感謝」と「多くの方々に株式を中長期的に保有してもらうため」とのこと。また、中国工業は「増配」の発表と同時に「自己株取得」と「株主優待新設」も発表しており、株価はストップ高となった。(中国工業、コード:5974、市場:東証2部)

植木組(1867)、「記念配当」の実施で配当利回りが 3.63%⇒4%超にアップ! 2020年3月期の配当額は 普通配当80円+記念配当10円の「1株あたり90円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:植木組(1867)が記念配当の実施を発表して、配当利回り4.09%に! 植木組(1867)は、2020年3月期の期末配当で「1株あたり10円」の「新本社完成記念配当」を実施すると発表した。普通配当は前期(2019年3月期)と同額のため、記念配当が実施される分、前期比で10円の「増配」となる見込み。記念配当を加味することで予想配当利回りは3.63%⇒4.09%に上昇。好調な業績を背景に「非減配」は11期連続となる見通しで、年間配当額も過去11年で3倍にまで増加した。なお、植木組はクオカードがもらえる株主優待を実施しており、100株保有の場合の配当+株主優待利回りは4.5%を超える。(植木組、コード:1867、市場:東証1部)

丹青社(9743)、8期連続となる「増配」を発表して、 配当利回り4.4%にアップ! 年間配当額は連続増配が 始まった2012年の20倍に増えて「1株あたり42円」に - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:丹青社(9743)が増配を発表し、配当利回りが4.41%に! 丹青社(9743)は、2020年1月期の配当予想を前回予想比で「2円」の増配となる「1株あたり42円」と発表した。前期比では「4円」の増配予想となる。配当利回りは4.20%⇒4.41%にアップした。丹青社は今回の増配の理由を、「2020年1月期の通期連結業績予想が利益面において前回予想を上回る見通しであるため」としている。丹青社は連続増配を続けており、2020年1月期の段階で8期連続増配を達成する見通しだ。また、年間配当額は8年前の「1株あたり2.05円」から「1株あたり42円」へと、約20倍にまで増加する見込み。(丹青社、コード:9743、市場:東証1部)

積水ハウス(1928)、"9期連続増配"予想を発表して、 利回り4%超に! 2021年1月期は前期比6円の増配で 「1株あたり86円」、配当額は9年前の4.3倍にアップ! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:積水ハウス(1928)が増配予想を発表して、配当利回り4.07%に! 積水ハウス(1928)は、2021年1月期の配当(予想)を発表し、前期比「6円」の増配で「9期連続増配」の見通しとなった。配当利回りは3.83%⇒4.07%にアップ。積水ハウスの2021年1月期の配当予想は「1株あたり86円」で、2020年1月期の「1株あたり81円」より「5円」の増配となる見込み。積水ハウスは「第5次中期経営計画」の中で、「中期的な平均配当性向を40%以上とし、継続的な配当成長を目指すとともに、機動的な自己株式取得の実施により株主価値向上を図ります。」と述べており、引き続き増配路線を維持していく構え。(積水ハウス、コード:1928、市場:東証1部、名証1部)

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.