投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


2020年にIPOが予想されるのは「スカイマーク」や 「ハウステンボス」! 2020年のIPO市場の予測と、 初値騰落率など「2019年IPOランキング」も発表! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2020年にIPO(新規上場)する注目銘柄を専門家が予想! 2020年に入り、早くもコーユーレンティア(7081)、ジモティー(7082)と2つのIPOが予定されているが、IPO投資を行う個人投資家にとって、2020年のIPO市場の動向は気になるところだろう。今回は、投資情報サービス会社・フィスコで長年IPO銘柄の分析を行っている小林大純(こばやし・ひろずみ)さんに、2019年のIPO市場を総括してもらうとともに、2020年のIPO市場の動向を分析し、今年IPOが期待できる銘柄をズバリ予想してもらった。

日経平均株価が2万4091円を突破したら、そのまま 2万9947円まで上昇する!? 日米欧の中央銀行が金利 引き締めに動くまで、上昇トレンドに乗り続けろ! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 2020年の年始相場は、米国とイランとの対立激化を受け、波乱のスタートとなりました。週後半にかけて落ち着いたのは、米国とイランとの緊張が緩和したからです。ご存じの通り、米国防総省は1月2日、イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官を空爆で殺害したと発表しました。その後、イランは、米国への報復として、イラクにある米軍の駐留基地に十数発の弾道ミサイルを撃ち込みました。これを受け、多くの投資家は、米国とイランとの大規模な軍事衝突の発生を危惧したため、リスクオフムードが強まったのです。

日経平均株価の上昇基調は、2020年に入っても継続! 仮に米中貿易協議で揉めても、12月に閣議決定した 「大型経済対策」の効果により、下落余地は限定的! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 2019年の日本株は、終わってみればいい相場でした。日経平均株価は、2018年12月26日の1万8948.58円で底打ち、年初からこれを1回も割り込むことなく推移しました。その後、4月24日の2万2362.92円でいったんピークアウトし、調整入りしました。この調整は8月まで続き、8月6日の2万0110.76円でようやく底打ちしました。その後、8月中は冴えない動きでしたが、9月に入ると上昇ピッチが加速し、10月29日には遂に2万3000円大台を回復するにいたったのです。そして、12月17日は年初来高値の2万4091.12円をつけ、2万4000円大台をも回復する場面がありました。

米国株は2020年も上昇トレンドが継続! 「PER+ インフレ率」で見ると、今は「バブル相場の入り口」 に過ぎず、これからさらなる上昇相場が期待できる! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 2019年10月以降、米国株式市場は息もつかせぬ上昇をしてきました。このため、「ひょっとして、今のアメリカ株はバブルではないの?」という声が聞こえ始めています。今日はこの問題を検証したいと思います。2020年のS&P500の1株当たり利益(EPS)は、178.21ドルだと予想されています。12月27日現在のS&P500指数は3240ですので、これを178.21で割り算することで求められる株価収益率(PER)は18.18倍になります。過去5年間の向こう12カ月のEPS予想に基づいた平均PERは16.6倍です。すると、現在のPER18.18倍という数字は、やや割高と言えます。

2020年の日経平均株価の予想レンジは、2万~2万 6000円! 市場全体の上昇機運が高まる中、「5G」 「国土強靭化」「東証再編」などのテーマ株に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来年2020年の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 2020年の日本市場は、引き続き米中貿易問題の進展を見極めながらの相場展開が続きそうです。一方、国内では東京オリンピック・パラリンピックという一大イベントが開催されます。お祭りムードになりますが、過去の株価動向から、五輪閉幕後には景気減速からの下落が警戒されています。また、キャッシュレス還元終了後の消費増税の景気への影響も改めて警戒されてきます


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.