投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


KOA(6999)、2020年3月期の「無配」を発表、配当 利回りが4.1%⇒2.0%に大幅ダウン! 2020年3月期 は前期比で18円の減配となる「1株あたり18円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:KOA(6999)が2020年3月期の期末配当を「無配」とすることを発表し、配当利回りが4.10%⇒2.05%に! KOAは2020年3月期の配当を発表し、前期比「18円」の減配で「連続増配期間」は”6期”でストップとなった。配当利回りは4.10%⇒2.05%にダウン。KOAの2020年3月期の配当は「1株あたり18円」で、2019年3月期の「1株あたり36円」から「18円」の減配となる。KOAは期末配当を無配とした理由を「新型コロナウイルスの感染拡大によって連結業績が大幅に悪化する可能性があるため、現時点では手元資金を確保し、不測の事態が生じた場合の経営と雇用の安定化に備えるため」としている。なお、KOAの2021年3月期の業績予想および配当予想は「未定」。(KOA、コード:6999、市場:東証1部、名証1部)

KOA(6999)の株価は高値から3分の1も、 EVや自動運転の普及で業績拡大が期待。 短期は厳しいが1年以内に底打ちし、長期で買いか - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回は、KOA(6999)を分析しました。

【2019年・夏】理論株価の“割安度”が急上昇した銘柄 ベスト10! 1位の「エス・ディー・エス バイオテック」 は、わずか3カ月で割安度が5%⇒59%に大幅アップ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「理論株価の“割安度”が3カ月前より増大した3月決算株」のベスト10を発表! 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号には、別冊付録「全上場3736銘柄の理論株価 ─ 儲かる株を発掘! 3大ランキング」が付いてくる!「理論株価」とは、その銘柄の業績予想から導いた”3つの価値”(資産・利益・成長)を基に算出した理論上の株価のこと。理論株価と実際の株価を比較して、株価が理論株価よりも安ければ「割安」、高ければ「割高」と判定できる。別冊付録では、全上場3736銘柄の理論株価を算出したうえで、それに基づいた各種ランキングを発表している。今回はその中から、「理論株価の“割安度”が3カ月前より増大した3月決算株」のランキングを抜粋してみよう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.