投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価やNYダウが暴落する中、買うべき銘柄 はこれだ! 「テレワーク」や「治療薬」「金」など 「新型肺炎の逆風が追い風になる銘柄」をチェック! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 本日2月25日前場の日経平均株価は、前週末比700.13円安の2万2686.61円と大きく下落しました。新型コロナウイルスの感染者がアジアのみならず欧州でも急増したことから、世界的なサプライチェーンの混乱が起きる可能性が高まったことが売り材料です。このような状況を受け、2月24日のNYダウ(ダウ工業株価平均指数)は3日続落し、前週末比1031.61ドル安の2万7960.80ドルでした。下げ幅は、2018年2月8日の1033ドル安以来、過去3番目の大きさでした。また、ナスダック総合株価指数も、同355.310ポイント安の9221.280ポイントと3日続落しました。また、2月21日に発表された2月の米国の総合購買担当者景気指数(PMI)の速報値は、前月比で3.7ポイント低下し49.6でした。

調整が進む米国株に代わって、ゴールド(金)が上昇 中! 金鉱株・ETFを買って、世界中の中央銀行や 機関投資家から買いが集まるゴールドに投資しよう! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週は、アップルの利益警告とPMI速報利の急低下のダブルショックで米国株は軟調でした。私の考えでは、新型コロナウイルスは一過性の材料であり、それが一巡すればマーケットはまた買って行けると思います。つまり、3月くらいから再び市場は上昇に転じるというわけです。その前に、目先は主要株価指数がもう少し軟化して、50日移動平均線を試す展開になることが予想されます。投資家がリスク回避姿勢を強める局面では、ゴールドがアウトパフォームしやすいです。近年、ゴールドは世界の中央銀行が買いの本尊となっており、需給に影響を与えています。具体的な投資方法としては、以下の銘柄が良いでしょう。

4月に入って海外投資家が「買い越し」に転じれば、 日経平均株価の強力な追い風に! ただし、GW中は リスク回避のため、ポジションを持つの避けよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、最新の日本市場をするどく分析! 米中株式市場が非常に強い動きとなっています。4月1日の上海総合指数は、前週末比79.6030ポイント(2.57%)高の3170.3610ポイントと、節目の3100ポイント台を回復し、昨年2月22日以来およそ10カ月半ぶりの高値となりました。また、1日のNYダウは3日続伸、前週末比329.74ドル(1.3%)高の2万6258.42ドルと昨年10月上旬以来、ほぼ半年ぶりの高値で取引を終えています。米中両国の景気指標が改善傾向を示したことで、市場では世界経済の減速懸念が大幅に後退しています。このため、世界的に、景気敏感株を中心に幅広い銘柄に買いが入っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.