投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


“巣ごもり消費”関連銘柄の「ビーグリー(3981)」や 「ネクソン(3659)」に注目! 新型肺炎の影響でゲー ムやマンガなど、自宅で楽しめるサービスが人気に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「巣ごもり消費」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。いったんは新型コロナウイルスへの警戒感が和らぐ局面も見られた株式市場でしたが、足元では再び下落しています。今後、感染者数がピークアウトしたタイミングで、ヘッジファンドなどが押し目買いの好機と見て買いポジションを積み上げてくる可能性はあるものの、一方で、新型コロナウイリスの企業業績への影響が顕在化してきたことが警戒されます。そうした状況の中で、新型コロナウイルスの感染拡大によって需要が見込まれる新たな関連銘柄に物色が広がっています。

アメリカで保守派のほうがリベラル派より 幸福度が高いというのは真実なのか? 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大統領選に向けてアメリカでは保守派(共和党支持)とリベラル(民主党支持)が憎み合っていますが、反トランプのリベラルにとって「不都合な事実」は、さまざまな調査で保守派の方がリベラルより一貫して幸福度が高いことです。

「テレワーク」の関連銘柄を紹介! 東京オリンピック 期間の混雑緩和策、新型コロナウイルスの感染予防策 として注目される「テレワーク」関連のおすすめ5銘柄 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「テレワーク」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。政府は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会時の交通混雑緩和を目的に、自宅など職場以外で働く「テレワーク」の普及拡大を目指しています。その具体的な施策として、1月29日に「テレワーク・デイズ2020」の実施方針を発表しました。最近になって、新型コロナウイルスによる肺炎感染への警戒感が高まっていることから、この「テレワーク」への関心が高まってきています。新型コロナウイルスの感染拡大が不安視される中、企業では通勤ラッシュや人混みでの感染を防ぐため、「テレワーク」導入に向けた企業の取組みが増えてくるでしょう。

リベラル化する世界の中で 日本の危機は「男女格差が大きく移民に不寛容」なこと、 世界の危機は「核兵器」と「気候温暖化」への対応 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:昨年末に相次いで刊行された話題の翻訳書から、これまで2回にわたってスティーブン・ピンカー『21世紀の啓蒙』(草思社)とユヴァル・ノア・ハラリ『21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考』(河出書房新社)を紹介してきた。

映画『スター・ウォーズ』のシリーズ完結編の ラストの描かれ方から考える 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:1977年にスタートした『スター・ウォーズ』シリーズが、42年の時を経て「スカイウォーカーの夜明け」で完結しました。

“新型コロナウイルス”収束後に株式市場で注目される のは「高配当株」だ! 「ソフトバンク」「あおぞら 銀行」など、高配当&好業績のおすすめ銘柄を紹介! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「高配当銘柄」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大のグローバル経済への影響を見極める段階は変わらずとはいえども、金融市場が冷静に戻り、国の経済全体の動きを示す統計などマクロ面に再び焦点が向かうような状況にも備えておく必要があるでしょう。市場が正常化してくるにつれ、決算発表が一巡した後には次のイベントに関心が集まりやすいと考えられます。その際は3月末を意識した「高配当銘柄」への関心が改めて高まってくるでしょう。

海外ではヒジャブをはずす世俗化した中間層がいる イランはアメリカと戦争をしないだろう 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:昨年11月はじめに1週間ほどの日程でイランを旅しました。ドバイからのテヘラン便には女性客も多かったのですが、ヒジャブ(ベール)姿はほとんど見かけませんでした。飛行機がテヘラン空港に着くと、女性たちはカバンからスカーフを取り出して髪の毛を隠しました。

新型コロナウイルス関連として「医療廃棄物処理」の 関連株を5銘柄紹介! 「東陽テクニカ」「出光興産」 など、まだ注目度の低い“隠れた関連企業”を発掘! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「医療廃棄物処理」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。中国の新型コロナウイルスの感染拡大が警戒される中、日経平均株価は1月27日に今年最大の下落幅を記録しました。さらに、28日には一時2万3100円台まで下落するなど、不安定な相場展開が続いています。新型コロナウイルスの鎮静化が見えづらい状況で、引き続きリスクオフムードが高まっています。そんな相場環境の中、物色の流れとしては、先週に引き続いて「マスク」関連銘柄が急騰しているほか、「治験」「臨床検査」「医薬品」「バイオ」など、注目される対象が拡大しています。今後も新型コロナウイルスの感染拡大が続く場合、関連銘柄に関する連想がさらに広がりが見せることになりそうです。

グローバル化とテクノロジー革命によって国境がなくなり 「上級国民(適正者)」と「下級国民(不適正者)」に二極化していく 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:昨年末に話題の翻訳書が相次いで刊行された。前回はスティーブン・ピンカーの『21世紀の啓蒙』(草思社)を紹介したが、今回は世界的ベストセラー『サピエンス全史』で知られるイスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリの『21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考』(河出書房新社)を見てみよう。

【北海道上士幌町】ふるさと納税の返礼品ランキング 「ふるさと納税」の受入額が全国30位の上士幌町で、 もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「北海道上士幌町」の「ふるさと納税」で、みんなに人気の返礼品をランキングで紹介! さらに、自治体のふるさと納税担当者に、それぞれの返礼品の「おすすめポイント」や「おいしい食べ方」のほか、「寄付金の使い道」なども聞いてみた!「ふるさと納税」で「上峰町」に寄付をして、人気の返礼品をお得にもらおう!

【福岡県春日市】ふるさと納税の返礼品ランキング! 「ふるさと納税」の受入件数が全国25位の春日市で、 もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「福岡県春日市」の「ふるさと納税」で、みんなに人気の返礼品をランキングで紹介! さらに、自治体のふるさと納税担当者に、それぞれの返礼品の「おすすめポイント」や「おいしい食べ方」のほか、「寄付金の使い道」なども聞いてみた!「ふるさと納税」で「福岡県春日市」に寄付をして、人気の返礼品をお得にもらおう!

団塊ジュニア世代の男性の貧困問題は 女性の貧困よりももっと悲惨になる - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:書籍『幸福の「資本」論』で幸福を具体的に定義づけた橘玲氏が幸福から一番遠く、避けなければならないと指摘している「貧困」。ジャーナリストとして貧困の現場を身をもって取材し、書籍『東京貧困女子。』『日本の貧困女子』などを著している中村淳彦氏。風俗嬢さえもデフレ化により、ワーキングプアとなった現代。それよりも悲惨なのが団塊ジュニア世代の男性の貧困だという。

「新型コロナウイルス」の感染拡大で注目されるのは 「臨床検査」関連株!「シメックス」や「みらかホー ルディングス」「ビー・エム・エル」など5銘柄を紹介 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「新型コロナウイルス」で注目を集める「臨床検査」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。中国の武漢市で相次いでいる「新型コロナウイルス」による肺炎の問題で、株式市場では、川本産業(3604)、ダイワボウホールディングス(3107)、シキボウ(3109)などの「マスク」関連銘柄が賑わったほか、「産業用マスク」関連銘柄の興研(7963)、重松製作所(7980)、「防護服」関連銘柄のアゼアス(3161)や、「クリーンルーム」関連の日本エアーテック(6291)、「サーモグラフィー」関連銘柄の日本アビオニクス(6946)などが物色されています。今後も感染拡大への警戒が続く場合、次第に他に銘柄への波及が意識されてくるでしょう。そこで今回は、新型コロナウイルスの関連銘柄の一角として「臨床検査」に注目してみました。

【山形県河北町】ふるさと納税の返礼品ランキング! 「ふるさと納税」の受入件数が全国24位の河北町で、 もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「山形県河北町」の「ふるさと納税」で、みんなに人気の返礼品をランキングで紹介! さらに、自治体のふるさと納税担当者に、それぞれの返礼品の「おすすめポイント」や「おいしい食べ方」のほか、「寄付金の使い道」なども聞いてみた!「ふるさと納税」で「山形県河北町」に寄付をして、人気の返礼品をお得にもらおう!

風俗嬢さえもワーキングプアとなった 現代日本の「貧困」事情とは? - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:書籍『幸福の「資本」論』で幸福を具体的に定義づけた橘玲氏が幸福から一番遠く、避けなければならないと指摘している「貧困」。ジャーナリストとして貧困の現場を身をもって取材し、書籍『東京貧困女子』『日本の貧困女子』などを著している中村淳彦氏。初対面のお二人が現代社会の「貧困」とその先にあることについて対談した。

【福岡県新宮町】ふるさと納税の返礼品ランキング! 「ふるさと納税」の受入件数が全国21位の新宮町で、 もっとも申込数が多かった、おすすめの特典を発表! - ふるさと納税おすすめ特産品情報

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「福岡県新宮町」の「ふるさと納税」で、みんなに人気の返礼品をランキングで紹介! さらに、自治体のふるさと納税担当者に、それぞれの返礼品の「おすすめポイント」や「おいしい食べ方」のほか、「寄付金の使い道」なども聞いてみた!「ふるさと納税」で「福岡県新宮町」に寄付をして、人気の返礼品をお得にもらおう!

カルロス・ゴーン国外逃亡でわかった 「超富裕層はなんでもできる」という不都合な真実 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カルロス・ゴーン日産元会長の国外逃亡は、スパイ映画のような鮮やかな手口で世界じゅうを驚かせました。レバノンで行なわれた記者会見では4カ国語を巧みに操りながら自らの無実を“プレゼンテーション”し、まさに悲劇のヒーロー気取りです。

「M&A」関連株から、株価上昇が期待できる5銘柄を 厳選! 中小企業の「後継者不足」が問題化する中、 「事業継承手段としてのM&A」は確実に増加する! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「事業承継手段としてのM&A」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。与信管理を支援する東京商工リサーチが1月14日に発表した「全国企業倒産状況」によると、2019年(1~12月)の全国企業倒産(負債総額1000万円以上)の件数は、前年比1.79%増の8383件でした。さらに細かく見ると、「人手不足」に関連する倒産件数が、2013年に調査を開始以来、過去最高を記録しています。このうち、全体の6割を占めているのが「後継者不足」です。こうした「後継者不足」の増加を一因として、最近では中堅・中小企業における事業継承手段としてのM&Aが増加しています。

「世界がどんどん悪くなっている」というのはフェイクニュース。 先進国の格差拡大にも関わらず 「公正なルール」のもとでの不平等は受け入れられる 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2004年に『タイム誌』の「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれた進化心理学者のスティーブン・ピンカーは、『暴力の人類史』(青土社)につづいて2018年に“Enlightenment Now(いまこそ啓蒙を)”を上梓し、日本でも『21世紀の啓蒙』(草思社)として昨年末に発売された。上下巻で1000ページちかい大部の本で、とてもそのすべてを紹介できないが、かんたんにいうなら「18世紀の“啓蒙の時代”以降、世界はますますゆたかで平和になり、人類は幸福になった(人口が増えたにもかかわらず平均寿命・健康寿命や教育年数が延び、1人あたりGDPが増え戦争や殺人事件が減った)のだから、「反知性主義」に陥ることなく、「理性、科学、ヒューマズム、進歩」を信じて啓蒙をより先に進めていこう」と説く本、ということになるだろう。

2020年は米大統領選挙に注目。若者の絶望により 「AIに政治を託す」未来像が見えてくる 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2020年の日本は56年ぶりのオリンピックで(おそらく)盛り上がるでしょうが、世界的に注目されるのはなんといってもアメリカの大統領選挙です。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.