Tag: 台風

台風通過1週間後の荒川河川敷

投稿:2019/10/20 22:06



台風が通過し1週間が経ったが、荒川河川敷には、今も台風の影響が色濃く残っていた。アスファルトの道路は、増水で運ばれた土が残って土色になっていた。写真の右側のように、普段は水に浸からない場所も、水浸しになっていた。

荒川に残る台風通過の跡

投稿:2019/10/20 21:54



猛威を振るった台風19号が通過して1週間が経過した。少なくとも私の家の近所では、人々は何事もなかったのように暮らしている。だが、少し遠出をすると台風の跡がまだまだ残っている。今日、荒川を自転車で走ったのだが、台風の痕跡がいたるところにあった。

例えば、普段濡れていない箇所が水浸しだったり泥だらけだったりした。アスファルトで舗装された道路も、黒ではなく、土色になっていた。台風の痕跡の中で、特に視覚的にインパクトがあったのは、写真のプレハブ小屋だ。

流れて来たのか、元々そこにあったものかは分からない。ただ、増水の影響を受けた事が良く分かる。45度傾いて立っている。

45度傾いて立っている!

台風上陸時の行動

投稿:2019/10/13 00:31

台風上陸時に、何が危険でどう行動すべきかをまとめておく。

風による被害には、とばされて怪我をする、飛んできたものに当たり怪我をする、壁や電柱等の建物が壊れて下敷きになり怪我をする等が考えられる。原則として家でおとなしくしなければならない。

また、用水路や川の様子を見に行って流されたというニュースは多い。危険な場所には近付いてはならない。

河川の増水時に、少しでも命が助かる可能性が高い行動をとる。具体的には、避難できる状態であれば、避難を行い、既に避難が困難な場合は、2階に移動したり、川や崖から離れた部屋に行く、といった行動をとると良い。

台風への備え(非常用品の準備)に関する覚書

投稿:2019/10/13 00:23

台風19号が通過していった。幸い、住処に特に大きな影響はなかった。今後の災害に向けて、台風の上陸が予想される際に、準備しておきたい事を書き留めておく。

一般的な非常用品は、tenki.jpで非常用品としてリストアップされている。懐中電灯(予備電池)、着替え、タオル、ライターやマッチ、救急薬品、携帯ラジオやワンセグ携帯、貴重品(公衆電話に使える10円玉も)、非常用食料、水となる。

台風上陸の直前には、皆が買い求めるため、近所のスーパーからカップ麺や水が売り切れる事がある。早めに備蓄した方が良さそうだ。

スマホやポータブルバッテリーの充電をしておきたい。スマホは停電時に懐中電灯になるし、基地局が壊れてなければ通常の通信ができる。

薬の準備は大切だ。今回、台風の低気圧で頭痛になって薬を買おうにも店が閉まっている事態を経験した。死にはしないので我慢すれば良いだけだが、備蓄を持っておこうと反省した。


参考・出典

台風の風が激しいので雨戸を閉めた

投稿:2018/10/01 01:24



-------------------------------------------------------------

【上図】台風24号の状況

台風24号が通過しており、風が強い。この台風の最大風速は40m/sらしい。

ガラスの窓に強く雨が打ち付けていた。何かモノが飛んできても不思議ではない。そして、この借家には雨戸が付いている。万が一モノが飛んできて窓が割れたら、私の不注意とされて自費で直す事になる気がする。そう思い、雨戸を閉めてみた。

雨戸の裏側は埃がつもり、ちょっと汚かった。

(ちなみに前の家には雨戸は無かった。ただ建物の間にあったので、風の直撃は無く、雨戸が必要だとは思わなかった。)


参考・出典

[MyTips Home]