4Kディスプレイ導入までの問題解決

画面に多くの情報を出力し、快適なPCライフを送るために4Kディスプレイを購入しました。4Kディスプレイとは、解像度が3840×2160のディスプレイで、フルHD(解像度1920×1080)の4倍の情報を出力できる優れものです。

うきうきしながら家に帰り、PCに繋ごうとした所までは良かったです。ところがPCが古かった事が主な原因で、その後、実際にPCから4Kの出力を得るまでに、多くの問題がありました。同じように困る人は多いと思うので、これらの問題と解決方法を列記しておきます。

HDMIケーブルがディスプレイに同梱されている

4KディスプレイとPCを繋ぐために、HDMIケーブルを購入しました。ところが、私が買った4Kディスプレイの箱の中にもHDMIケーブルが同梱されていました。結果としてHDMIケーブルが重複し、1つ不要になりました。

ディスプレイを買う際に、ケーブルの有無を確認すべきでした。

HDMI端子とminiHDMI端子は異なる

私のPCに付いているのは、HDMI端子だと思っていました。大抵の新しいPCに付いているのはHDMI端子です。ところが、私のPCに付いていたのは、miniHDMI端子でした。miniHDMIはタイプCと呼ばれる規格で、普通のHDMI端子(タイプA:横幅13.9mm)と比べて、一回り小さい横幅10.42mmの端子です。

miniHDMI端子には、HDMI端子は入りません。PC側がminiHDMIで、ディスプレイ側がHDMIのケーブルが必要になりました。

PCについている端子の大きさを正しく把握しておくべきでした。HDMIとminiHDMIの形はよく似ているので、判別のためには大きさの情報が必要です。

VGA端子やDVI端子からは4K出力は出来ない

HDMI端子が繋がらないので、VGA端子やDVI端子からモニターに出力できないかと調べましたが、これらの端子で実現する解像度は良くても、2560×1600のようで、4Kの出力はできません。

そもそも、私が買ったディスプレイはVGA端子が接続できませんでした。一方でDVI端子とHDMI端子のアダプターは持っていたので、PCのDVI端子からアダプターを介して繋いでみましたが、フルHDより少し良い程度の解像度にしかなりませんでした。

4Kディスプレイを最大限使うには、HDMIかDisplayPortでの接続が必要です。

PCが4K出力に対応していない

グラフィックボードの型番を調べて分かったのですが、HDMIで繋いだとしても、そもそも私のPCは4K出力が出来ないものでした。

私のPCはデスクトップ型なので、PCを買い換えるか、グラフィックボードを交換するかの選択が出来ました。私はグラフィックボードを交換する事にしました。グラフィックボードを買ってきて、交換しました。思いの他簡単で、一言で言うと差し替えるだけでした。(強いて言うなら古いグラフィックボードを外すところが難しかったです。グラフィックボードの外し方は検索して見つけました。新しいグラフィックボードは挿すだけで、外すよりも簡単でした。)

グラフィックボードの交換が完了して、ようやく4Kディスプレイの高解像度出力を利用できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。