検索キーワードに対する回答(資産運用編)

検索キーワードに対する回答(資産運用編)

資産運用に関わる、ブログの検索キーワードに対して、考えた事を記述します。

投資理論編

リバランス 特定口座 NISA

不要な資産が特定口座にもNISA口座にもある場合、リバランスでどちらを売るかは悩ましいです。リバランスで悩むということは、含み益がある事が前提だと思います。私だったら課税されないNISAから売ります。

理由は、2つです。

  1. 税金支払い不要のNISA口座からの売却は、そこで支払わなかった税金分の複利的利益を享受できる
  2. NISA口座の有利な運用は、含み益のある間に売却する事で実現する。このため儲かっている内に売却しておきたい。

 

ドル・コスト平均法 応用

積立時点の基準価額や損益を、投資額に組み入れる方法があります。

  1. 含み損がある時に投資額を増やす「変則型ドル・コスト平均法」
  2. 例えば2万円買って1万口売る(正確にはその差額を売買する)「金買口売法」
  3. 目標とする運用額を目指して投資額や売却額を調整する「バリュー平均法」

等は、ドル・コスト平均法よりも逆張り性向が強く、一般的に勝率を高めます。

またドル・コスト平均法の理屈は、売却時にも応用できます。積立時の逆が有利になります。すなわち等口数売却は、等金額売却と比べ、平均売却価格の観点で有利です。等口数売却では高い時に多く売り、安い時にはあまり売らないためです。もちろん現実的には相場次第です。

 

投資ツール編

アセット・アロケーション アプリ

英語が読めて個別銘柄投資をしているならば、Bloomberg Businessがお薦めです。保有銘柄を登録しておけば、アセットクラス別・地域別・業種別の円グラフを確認できます。

 

資産管理 Excel

管理は面倒くさいです。私は最近は、Bloombergのアプリの表示と、ネット証券の口座管理画面しか見ていません。ポートフォリオが見れて、損益や詳細が表示できれば良いと考えているため、それで十分です。

もしもExcelでマニアックな事をしたい場合は、mochiさんのブログで勉強をします。

最狂の株式・投信管理ツール誕生!! 画像と音声で楽しめる。エクセルVBAで最新株価&投信基準価額を自動取得Ver2は、株価や投信基準価額を自動取得するツールです。更に損益を画像で表現し、音声を流すこともできます。応用範囲がとても広いツールです。

 

投資思想編

含み益 投資信託 解約すべきか

個人の好みと予測の問題です。

今後値下がりすると思えば解約すべきです。値上がりすると思えば保有を続けるべきです。分からないが上がったり下がったりすると考えるのであれば、一部売却をし、下がった時に購入するためのキャッシュを確保するのが良いでしょう。

 

株 負け続け

資産運用はその構造上、確率分布として理論的に

  1. ごく少数の大儲けをする者
  2. 少数の勝者
  3. 多数の敗者

が生まれます。

負けると思うのであれば撤退すべきです。

 

お金 有効活用

得たお金は、富との効率的な交換で価値が増します。良い買い物をしたいものです。個人的にコスパの良い買い物は、

  1. パソコンを買う→Ubuntuのような無料OSの導入でいろいろ楽しめます
  2. 本を買う→結構長い時間楽しめます。数学等の専門書は読むのに時間がかかるのでなおさらです。

あたりを考えています。

 

 

関連記事

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。