Firefoxに広告ブロックのアドオンを導入

Firefoxに広告ブロックのアドオンを導入

普段使っているブラウザ「Firefox」に広告ブロックのアドオンを導入しました。

導入したアドオン

私が導入したのは、Bluhell Firewallというアドオンです。シンプルで使いやすいと紹介されていました。Firefoxの再起動は不要です。インストールすれば、すぐに広告が消えて無くなります。

このアドオンは【Firefox】 おすすめアドオン・拡張機能 2015 【火狐】で知りました。記事では、他にも便利なアドオンが多く載っています。

 

アドオン導入の効果

導入のメリット

この広告ブロックアドオンの導入により、webの世界がシンプルで綺麗に見えてきました。特にいままで広告だらけだったサイトも、コンテンツが部分がよく読め、読み込み速度も早くなりました。

今まで多くの不要な情報に晒され、不愉快な思いをしていた事を知りました。このアドオンによって、今までと比べて、webを快適に楽しめるようになりました。

 

デメリット

サイトによってはレイアウトが少々崩れます。

ただ、もしもサイトのレイアウトの崩れが気になる場合は、Bluhell Firewall の機能をOFFにしてから、そのページを再読み込みをすれば解決です。

機能のON・OFFを切り替える方法は簡単です。Firefox のツールバーにある、下図の鬼をクリックすればON・OFFが切り替わります。

BluhellFirewall2.5.2

↑ Firefoxのツールバーの一部です。鬼が青くなっていれば、Bluhell Firewall の機能がONの状態です。

 

余談:私が広告ブロックを始めた理由

動的に生成される広告の多くは、その広告効果を高めるために、ブラウズをしている人の属性を判断した上で、最も需要がありそうな広告を出します。

結果として、人々がwebサイトで見せられる広告は往々にして、似通っているか、もしくは同一の広告になります。こうして繰り返し見せられる広告は、情報としては新鮮ではなく、無意味どころか不愉快です。

この不愉快の度合いが臨界点を超えました。そしてブラウザに広告ブロック機能を追加した次第です。

 

 


タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。