インデックスファンド

インデックスファンドについてまとめます。この記事ではインデックスファンドの概要を説明し、そのメリット・デメリットを列挙します。

インデックスファンドとは?

概要

インデックスファンドは、指数と同じ値動きを目指す投資信託です。ファンドの構成銘柄は、連動を目指す指数の構成銘柄を強く意識しています。

インデックスファンドが連動を目指す指数には、多くの種類があります。例えば国内株式指数として、日経平均株価、TOPIXといったものが有名です。

インデックスファンドの対義語は、アクティブファンドです。多くのアクティブファンドは、指数を上回る運用成績を目指し、積極的な銘柄選定を行います。

 

指数への追随方法

インデックスファンドは、運用成績を指数に追随させるためにいくつかの方法をとっています。

  • 指数と同じ比率で銘柄を保有する伝統的手法(完全法・準完全法)
  • 指数と連動する運用成績となるような銘柄を抽出する方法(最適化法・層化抽出法)
  • デリバティブを利用し、連動させる方法(シンセティック・レプリケーション)

等があります。主にどの方法を採用しているかは、ファンドの運用規模と、連動の対象とする指数によって変わります。

 

インデックスファンドの特長

低コスト

多くのインデックスファンドは低コストです。信託報酬や売買手数料等、ファンド運用にかかるコストが低く抑えられています。運用コストの低さは、相対的な運用成績の向上の一因になります。低コストである事は、インデックスファンドのメリットです。

同じ指数に連動する、異なるインデックスファンドのパフォーマンスの差は、コストが決定的な要因になります。このため、競争原理が強く働き、インデックスファンドの運用コストを低くしています。

一方でアクティブファンドのパフォーマンスの決定的な因子は、銘柄選択です。コストの差は、銘柄選択によるパフォーマンスの差と比べて微々たるものです。このため、アクティブファンドのコストを下げる圧力はかかりにくくなっています。結果として、一般的にアクティブファンドの運用コストは高めになります。

 

運用方針がシンプルかつ一貫している

インデックスファンドの運用方針は、「インデックスに連動する事」です。シンプルかつ一貫しています。これにより、投資家はインデックスファンドの構成銘柄や運用成績について、よく理解する事が可能です。

 

資産回転率の低さ

インデックスファンドは、保有銘柄を指数に連動する事で、銘柄の売買を低く抑えています。これによりファンドは、売買に伴う売買手数料や税金の支払いが、低い水準に抑えられています。つまりパフォーマンスの低下要因が抑えられています。

 

分散投資の実現

一般的にインデックスファンドは、多くの銘柄で構成されます。この、よく分散されたポートフォリオは、リスクの低減に効果的です。

 

多くの人と比べて、負けにくい

インデックスファンドの利用者は、大多数の市場参加者と比べ、良い運用成績が残せると期待できます。なぜなら市場参加者は、

  • 多数の負組投資家
  • 少数の勝組投資家
  • ごく少数の大勝投資家

に分かれます。賢い人が市場から利益を吸い上げ、それを元手に更に利益を吸い上げるため、このような構造が生まれます。この詳細は、多くの市場参加者が、平均値に負ける仕組みと構造に記載しています。

市場平均に連動するインデックスファンドの保有は、この偏ったパフォーマンス分布の平均値を得る事ができます。この偏った分布において、平均値は最頻値や中央値よりも高くなります。これにより、インデックスファンドの利用者は、多数の負組投資家よりも、良い運用成績を得られる事を期待できます。

 

理論上の根拠

市場平均に連動するタイプのインデックスファンドを保有するのが、投資家にとって最も良いという理論もあります。

市場が効率的で、裁定取引の機会が存在しない場合を考えます。この時、最も良いポートフォリオは、時価総額加重平均型インデックスファンドと同一なものになります。もしもそれよりも良いポートフォリオが存在すれば、「裁定機会が存在しない」という仮定に反するためです。

このように市場が十分効率的である場合には、投資家はリスク許容度や理論上の資産成長性を考慮しながら、1つのインデックスファンドと、適当な比率の無リスク資産を持てば良いです。

 

インデックスファンドの不利な点

トラッキングエラー

信託報酬等のコストは、インデックスファンドの運用成績が指数と比べて悪くなる原因になります。また、指数に銘柄入れ替えがある場合にインデックスファンドは、先取りで売買行動する人やアルゴリズムに、利益を攫われる事になります。

このように、指数連動の阻害要因があり、インデックスファンドの運用成績は指数と乖離する事があります。トラッキングエラーの発生は、インデックスファンドでの運用の不利な点の一つです。

 

マーケットインパクト

多くのインデックスファンドが、同一の指数に連動した際に発生する問題です。特に大型IPOなどにおいて、投資するに値しない株式が上場され、指数に組み入れられるとします。この時、多くのインデックスファンドが、運用成績を指数の連動させるために、一斉に買い向かう事になります。

この時、需要と供給の関係から、投資に値しない株の価格が吊り上がる事があります。吊り上がった株価は、最終的には適切な価格(ファンダメンタルズ価値)近辺に落ち着きますが、この高値掴みの過程は、インデックスファンドのパフォーマンスの低下に繋がります。

 

リターンの追求が狙えない

インデックスファンドのリターンは、市場平均からコストを差し引いた程度の水準です。極めて大きなリターンは狙えません。

確かに市場は効率的だという仮説もあり、それを信じる人も少なくはありません。ですが、実際には季節性アノマリーや、バリュー株アノマリーは依然として存在しています。

これらの特長を活用できない、または活用しにくい点は、インデックスファンドのデメリットだと言えます。

 

個別株運用との比較

株式個別銘柄の保有との比較では、インデックスファンド利用の運用は不利な点もあります。個別株運用では、上記の信託報酬の支払いを回避出来る上、更に優待利回りを得る事が出来ます。

インデックス投資のデメリット(メリット風のまとめ)という記事に、これらの詳細を図示とともに掲載しています。

 

中身が雑多で、リスクの把握が難しい

インデックスファンドは多くの銘柄で構成されています。この事は、分散投資の視点ではメリットですが、一方で運用リスクの把握の観点では不利に働きます。インデックス投資が本質的にダメな4つの理由という記事に、リスクの把握(やコスト)についての議論をパロディとしてまとめています。

 

関連記事

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。