Ubuntuでコマンドのソースコードを確認するには?

この記事は、Linuxコマンドのソースコードの確認方法についての投稿です。Ubuntuなど、apt-getによるパッケージ管理システムを採用している環境で利用できます。

sl コマンドを例にし、ソースの取得方法をまとめます。

コマンドのソースの取得方法

パスを調べる

まずは、コマンドのパスを調べます。

slコマンドは、/usr/games/sl にあると分かります。

 

パッケージ名を取得する

ファイルがどのパッケージからインストールされたか検索します。

slコマンドのパッケージ名もslであると分かります。

※コマンド名とパッケージ名は、必ずしも一致しません。

 

ソースを取得する

apt-get source [パッケージ名] でソースを取得します。

上の例では、sl パッケージのソースを取得しています。

 

ソースを確認する

新しくできたディレクトリ(slコマンドの場合は、sl-3.03)を確認すれば、ソースが見つかります。パッケージによっては、サブディレクトリ「src」にソースが入っている事もあります。

 

参考

ソースの取得方法について、Ubuntu/コマンドのソースコードを取得する方法・apt-getという記事を参考にさせて頂きました。記事では、lsコマンドのソースの確認方法を例に、取得方法が掲載されています。

 

所感

ソースコードの確認が出来るようになりました。

プログラミングスキルの上達には、プログラムを実際に書いて動かす事の他に、「良質なプログラムを読む事」が大切だと聞きます。

面白いプログラムは、どのような人が、どのようにして作ったのかの勉強を通して、いろいろなアイデアを手に入れていきたいと考えています。

 

 

関連記事

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。