IT系の会社への転職は、やめた方が良いと考えました

私はITとは無縁の会社にいます。ただ、自宅にサーバーを持っているくらいですし、コンピューターには相対的に詳しい方だと思います。

そこでその強みを活かして転職を検討してみましたが、少し考えたり調べたりした後、止めました。

仕事をするにおいて、この程度の専門性の高さは強みにはならないと考えたからです。今の強みを敢えて弱みにするのは、賢くはありません。

英語がちょっと話せるだけの本当に無能な人々に、良い仕事は無いです。これと同様に、プログラミング言語がちょっと出来るだけでは、良い仕事は無いと考えました。

結局の所、「何をやりたいか?」が重要で、「どうやるか?」は選択肢の1つに過ぎません。目的意識が無いのであれば、言語の修得は時間の無駄か、ただの趣味でしょう。

現在の仕事を辞めてまで、IT系の会社への就職を志す動機は不十分でした。コンピューターも音楽も、趣味として行い、ちょっとした強みとして留めようと、今は考えています。

 

関連記事

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。