買ってはいけない投資信託は?

「唯一買ってはいけない投資信託は、その全て」と言って、決して過言ではないと考えています。基本的に投資信託に分類される全ての金融商品は、買うべきではありません。

投資信託は買ってはいけない

アクティブファンドの場合

多くのアクティブファンドのパフォーマンスは芳しくありません。アクティブファンドはプロが運用しますが、プロの実力は大した事がありません。

一昔前と異なり、情報化社会がプロと素人との情報格差を減らしている事も一因だと考えます。そもそもプロは、自分の資産を運用するより、人の資産から信託報酬を徴収した方が儲かる人々です。

アクティブファンドに、良い投資成果を期待するのは難しくなっています。アクティブファンドは、買わない方が良い金融商品です。

 

インデックスファンドの場合

投資環境が良くなり、最近は多くのインデックスファンドを購入できます。

このうち、信託報酬が高いインデックスファンドは、同一のインデックスに追随する、低い信託報酬のファンドと比べてパフォーマンスが低くなります。そのため、投資する価値がありません。

他方、最低水準の低コストのインデックスファンドといえど、個別株の組み合わせと比較すれば、信託報酬と優待利回りの期待値の分だけ不利になります。このように、インデックスファンドは、買わない方が良い金融商品です。

 

以上のように、アクティブファンド・インデックスファンド関係なく、原則として投資信託は購入しない方がよいでしょう。

 

例外的に買いたくなる投資信託

そうは言っても、例外的に買いたくなる投資信託もあります。

 

本当に良いと考えられるアクティブファンド

著しく高いパフォーマンスを示す投資信託(小型株ファンドに多い)がありますが、それが確率要因でなくファンドマネージャーの腕によるものだと考えられるのであれば、今後も良いパフォーマンスが期待できそうです。この手の投資信託には投資する価値があります。

 

手間が減る場合・結果的に安く済む場合

自前だと手間がかかるか手数料が高くなる場合も、投資信託を利用する方が良い時があります。例えばバランスファンドはリバランスの手間が減りますし、外国株ファンドの一部は、個別株で類似ポートフォリオを作るよりも低コストです。(個人投資家にとって外国株の売買手数料は高めです。)

効率的市場仮説を信奉するのであれば、市場平均(時価総額加重平均)と連動する買い方をすべきですが、運用規模などの制約でこれが難しい場合ば、投資信託を使わざるを得ない状況も起こりえます。

また、そもそも投資信託経由でなければ投資できないような金融商品もあります。この場合も、仕方ないので投資信託の利用します。

 

このように、どうしても利用したいときのみ投資信託を利用するのが良いと考えています。

 

 

関連記事

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。