米国利上げとバランスファンドの利用

米国利上げが決まり、バランスファンドの利用を検討しています。

 

利上げと世界経済

2015年12月に米国の利上げが決まり、世界経済へ影響が出ています。メキシコを始めとして、米国に追随して利上げを実施する国々も出てきました。米国利上げを発端として、世界中のお金の流れが一変しそうな雰囲気です。

日本への影響はどうでしょうか。一般的には米国利上げでドル高円安になるはずです。ところがその一方で、この円安による輸出企業の業績向上を見越した海外マネーによる日本株買いの集中と、そのための為替取引により、円高に進む可能性も指摘されています。

いずれにしても市場の方向性が定まらず、多少の乱高下があるかも知れません。

 

バランスファンドの利用

このような不安定な局面において、バランスファンドは使い勝手がいい金融商品だと言えそうです。

バランスファンドは複数のアセットクラスを持つために、リスクの分散に効果的にです。また、乱高下はバランスファンドの成長に有利です。

多くのバランスファンドでは、アセット・アロケーションが一定に保たれます。そのために、高くなった資産クラスを売り、安くなったクラスを買い増しています。

一方的な値動きに弱いバランスファンドですが、このようなボラティリティが大きい相場局面では、リバランス操作を通して、資産成長に良い影響を与えます。なお、バランスファンドを利用すれば、アラカルトで各クラスの資産を持ち、手動でリバランスする場合と比べ、リバランスのコストを低く抑えられます。

 

 

関連記事

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。