シェルスクリプトで自作コマンドを利用するには?

シェルスクリプトで自作コマンドを利用するには、パスの通った場所に実行ファイルを置けば良いです。具体例として、hello world!を出力するコマンドを作成してみます。

自作コマンドの作り方(具体例)

自作コマンドの例として、端末でhと打てば、hello world!が出力されるようにしてみます。

 

実行ファイルを作り保存する

例えば、h というファイル名で、

なるファイルを、/usr/local/bin に置き、実行権限をつけておきます。

chmod +x h で実行権限がつきます。

 

どうなるか?

その後は、どのディレクトリからでも、h と打てばすぐに、hello world! が出力されるようになります。

hello world! の出力に特化した、ジョークのプログラミング言語(HQ9+)がありますが、こちらも h コマンドによって、出力の手早さが、対抗できるようになりました。

 

参考

なお、この記事は自作コマンドの作り方(Qiita)を参考にして書きました。リンク先には、コマンド作成方法や、パスについて、より詳しく書かれています。

 

 

関連記事

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。