dynabook 2010夏モデルに初めての不具合(バッテリーの問題)が出ました

サブPCの dynabook は今まで特に不具合なく頑張ってくれていました。dynabook 機は、安くて頑丈で高性能、かつ高温多湿な日本の夏にも耐えられる、良いブランドだと思います。

ですが5年も使いましたので、流石に不具合がでました。バッテリーの問題です。充電できなくなりました。他の部分に問題はなく、電源につないでいる限り、困りません。とはいえ、今まで大丈夫だったものが大丈夫で無くなったため、少々ショックです。

リチウムイオンバッテリーの寿命を伸ばすためには、下記のような対策があります。ですが、私は特には実行していませんでした。

 

  • パソコンとACアダプターをコンセントに接続したままの状態で、パソコンを長時間使用しないときは、ACアダプターをコンセントからはずしてください。
  • 1ヶ月以上の長期間バッテリーを使わない場合は、パソコン本体からバッテリーをはずして、風通しの良い涼しい場所に保管してください。

(中略)

  • おもにACアダプターを接続してパソコンを使用し、バッテリーパックの電力をほとんど使用しないなど、100%の残量近辺で充放電をくり返すとバッテリー機能低下を早める場合があります。
  • 1ヶ月に1度は、ACアダプターをはずしてバッテリー駆動でパソコンを使用してください。

引用元:リチウムイオンバッテリ(バッテリパック)の寿命を延ばすには(dynabook.com)

 

そういえば2004年モデルの dynabook もバッテリーから不具合が出ました。バッテリーは、不具合の出やすい部分のようです。今後ノートPCを使うときは、バッテリーにも気を遣おうと思います。

 


タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。