バファリンでハイになった原因

朝から頭痛があり、風邪気味だったため、昼過ぎに市販薬のバファリンを飲みました。用法・用量を守り、2錠をお湯で飲みました。しばらくすると頭痛も治り、効果がありましたが、その後テンションが上がりハイになりました。理由はないけれども楽しくて仕方ない状態です。

どうしてそうなるのか調べてみました。バファリンそのものには痛みや熱を抑える効果しかなく、ハイになる薬ではないようです。

実は、バファリンを飲んでしばらく後に私が飲んだ、コーヒーに含まれるカフェインとの相乗効果、つまり飲み合わせの問題のようです。コーヒーのカフェインの効果が、バファリンで増幅されたと考えると辻褄が合います。

更に、私は普段は薬を飲みません。このため薬に耐性が無く、効果が大きくなってしまったようです。

この度、結構楽しくなったので、中毒が心配です。今後バファリンとコーヒーとは、併せて飲まないように注意していこうと考えました。

関連記事

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。