お金の教養 効率的にお金を得る・使う・変化させるには?

お金の教養について考えます。お金の教養は、

  1. お金を得る方法
  2. お金を使う方法
  3. お金を変化させる方法

の3種類に大別されます。これらお金の利用の効率についてをまとめ、投稿します。

お金の教養

効率的にお金を得るには?

仕事を行い、給与としてお金をもらう事は、多くの人にとってお金を得る原則的な方法になっています。

モノやサービス等、有形・無形の富と、お金は交換されます。より効率的にお金を得る原則は、多くの富を生む事です。それは労働時間を長くする事で実現するかも知れません。または希少性の高いものを作ったり、新しい物、高い付加価値を持つ物を作る事で実現する事もあります。

いずれにしても、知恵をつけてよく働く事は、お金を効率的に得るために重要です。お金を得る方法を知る事は、人が社会生活を営む上で大切な教養の一つです。

 

効率的にお金を使うには?

お金を将来のために保持・保存するのは大切ですが、効率的に使う事も重要です。お金はモノやサービスと交換するためにあります。効率的な交換方法は、大切なお金の教養の1つです。

価値のあるモノを安く手に入れる事は、お金を得るための取り組みに匹敵する重要性を持ちます。

コンフォート原則は、お金の使い方に多くの示唆を与えます。生活の中で、最も使うもの・重視するものに多くのお金をかける事は、豊かに生きるために大切です。

 

効率的にお金を変化させるには?

お金の流れを変化させる各種方法が存在します。ローン・保険・資産運用がこれに該当します。これらの方法を、目的に合わせて適切に利用すれば、望ましい生活に近づきます。

ローン

ローンの利用で、最初に多額のお金を得て、後で少額のお金を何度かに分割して支払う事が可能になります。大きな買い物をする際に役立ちます。適切なローンの利用は、人の生活を有利な状態に変化させます。

保険

保険は、少額のお金を支払い続ける代わりに、後で必要になった局面で、多額のお金が得られる仕組みです。適切な保険の利用は、最悪な状況の回避に効果があります。

資産運用

資産運用は最初に有価証券購入代金として多額のお金を支払い、後で少額のお金(配当金・利金)を得たり、多額のお金(売却代金)を得たりします。資産運用を行う投資家は、長期的には支払い金額より多くの受け取り金額を得る事を目論みます。

 

まとめ

以上のように、お金の利用は、「お金を得る局面」「お金を使う局面」「お金を変化させる局面」で効率を考える事ができます。

そしてそれぞれのバランスも重要です。お金を得られても使えないならば働き過ぎで、逆に支払えないならば使い過ぎです。

望ましい生き方をするために、お金の効率とバランスを考える事は重要です。

 

 

関連記事

タグ: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。