Google AdSenseの最適化 収益改善を目指すレイアウト・設定・コンテンツ変更とは?

Google AdSenseの最適化について扱います。最適化の手法として、「レイアウトを変更する」「設定を見直す」「コンテンツを見直す」等の工夫が考えられます。

Google AdSenseとは?

Google Adsenseはクリック課金型のアフィリエイトサービスです。

Google AdSenseを設置するブログ運営者は、ブログの読者が広告をクリックすれば、それだけで広告料収入を得られます。AdSenseでは自動的に効果的な 広告が選択・表示される等、ブロガーにとってのメリットは大きいです。そのため、多くのブログで採用されているアフィリエイトサービスになっています。

Google AdSenseで小銭を稼げるようになったブロガーは、もっと多くの収益が欲しくなります。AdSense収益はブログの閲覧数(PV)に概ね比例して大きくなる事が知られています。つまりPVを増やせば広告料増加が期待できます。とはいえ、もう少し手早く収入を上げるには、設定が不可欠です。

 

広告のレイアウトを最適化する

配置とサイズ

広告の配置は、広告料収入の大きさに影響します。

一般的に、記事下の広告が最もクリック率が高く、重要であると言われています。記事下は、記事コンテンツを読み進めた読者が、最も注目する場所だからです。

広告のサイズも重要です。特に、大きめのサイズの広告が推奨されます。大きな広告は読者から注目されやすく、高いクリック率を通してブログ収益に貢献する事が期待されます。

更に、大きい広告のスペースに敢えて小さめの広告が表示される事があります。大きな広告スペースは、多様な広告の表示を可能にします。つまり、広告単価の競争率が上がり、有利な広告を表示できる可能性が上がります。

一方で、全く逆の戦略もあります。珍しいサイズの広告は、広告主との競争が少なくなります。これを利用し、有利な広告を表示させる目論見を考える事ができます。

 

他の広告の配置

例えばAmazonの本のリンク等、AdSense以外の広告の配置も重要です。

他の広告は、AdSenseとの相対的な収益率の高低に応じて設定します。

私の場合は、かつてAmazonのお薦め書籍をサイドバーに設定していました。ところがこれは、あまり売れず、売れたとしても収益は少額です。もしもその収益が、AdSense広告収入とは独立に得られるのであれば、Amazon広告を設置し続けるのが適切でした。

一方で、Amazon広告をクリックしていなければAdSense広告をクリックしている読者も少なからずいるはずです。このAdSense収入の機会損失の期待値が、Amazon収益の期待値と比べて大きくなってしまうと予想するならば、Amazon広告の設置を取りやめるのが適切です。

このように、他の広告も、その収益の期待値に応じて、設置と撤去を検討する事が、最適化の1つの手法です。非効率な広告は、ブログを雑多で見栄え悪いものにしてしまうというデメリットもあるため、撤去を積極的に検討すべきです。

 

広告の設定を最適化する

Google AdSenseには、いくつか設定可能なパラメータがあります。適切な設定により収益が向上するかも知れません。ただ、個人的にはデフォルトのままの状態が最も高収益だと考えています。

 

テキストのみ or 画像とテキスト表示

まず、テキスト広告のみを表示するか、それとも画像とテキストを表示するかは、選択・設定可能です。一昔前ですと、テキスト広告はクリック率が高く、テキストのみの設定が収益には有利な印象がありました。

ところが現在は、魅力的な画像・動画広告が増えました。テキストのみより画像・テキスト広告を両方許可した方が、有利だと考えられます。

 

広告のブロック

設定で、不採算広告のブロックができます。

「広告の許可とブロック」の設定画面で、「一般カテゴリ」または「デリケートなカテゴリ」をクリックします。すると、カテゴリ毎に広告表示回数の割合と、収益額の割合を確認する事ができます。この2つのパラメータから、表示回数の割に収益に貢献しない広告カテゴリを見つける事ができます。そのカテゴリをブロックしてしまえば、収益性の高い広告の表示比率が増え、収益が改善すると期待できます。

ところが、実際にブロックしてみると逆効果な気がします。統計が足りず、直感的ではありますが、ブロックはしない方が良いと私は考えています。広告ブロックを設定するブログは、AdSenseを提供するGoogle側にとって、望ましくはありません。そのため、極端な広告ブロックに対しては、何らかのペナルティが課される気がしています。

 

ブログコンテンツを最適化する

記事の内容を広告に合わせる

本来Google AdSenseは、記事に適した高収益広告を表示する機能が含まれます。一方で、逆にAdSense広告に合うブログコンテンツを充実させるのは、収益向上に効果的です。

AdSenseには、よく見る広告があります。よく見る広告は、よく表示されている広告です。そしてよく表示されている広告は、クリック単価が高いために表示されています。つまり、推論は「よく見る広告は高収益な広告である」を導きます。

この事を利用し、AdSense広告によく合う記事を書けば、高い広告収益が期待できるようになります。AdSenseがお題を提供しているために、ブログのネタ切れにも効果的で、一石二鳥です。

 

記事のボリュームを短めに調整する

記事のボリュームが大きい方が、SEO的には有利だとされます。一方で、長すぎる記事は、相対的に広告面積比率を引き下げます。これはブログ収益にはマイナスとなります。

ブログコンテンツは、適切な長さにとどめておく事は、収益化には大切です。

 

まとめ

Google AdSenseの収益改善のための取り組みには、いくつかの種類があります。

レイアウトに関して、広告は記事下へ設置するのが効果的です。また、一般的には大きめの広告が良いとされています。AdSenseの設定には、広告ブロック等の手法がありますが、ペナルティを避けるためにも、Googleにお任せして初期設定で行くのが良いと考えています。

ブロクコンテンツを広告に合わせて充実させるのは、収益化に効果的です。

 

注意: 以上の内容は、私が私のブログでの運用結果を元に考え、投稿しています。他のブログでも同じ事が成り立つ保証はありません。

関連記事

タグ: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。