転職よりも、まずは異動を志向する方が低リスク・高リターンで良くは無いか?

新しい季節になると、世の中には転職する人が多くいます。私自身も転職したいと考える事があります。人々が、転職を検討するに値する理由は多様です。上司や労働環境に対する不服、人間関係や仕事に対するやりがい、給与水準等、列挙すれば多く出てきます。

ところで、これらの問題は本当に転職しなければ解決しないものなのでしょうか。私は「そうでもない」と考えています。異動は多くの問題を解決します。同じ会社の違う部署へと異動すれば、上司も環境も人間関係も一新されます。また新しい仕事は、新しい刺激と新しいやりがいの発見に繋がります。

更に異動であれば、転職と比べて使い回せるスキルが多くなります。会社や業界に関する知識はそのままです。異動では過去の実績や評価もある程度引き継がれ、1から出直しの転職と比べて有利な点も多いと考えられます。業務に関する視野も広がります。

このように、異動は転職と比べて、低リスク・高リターンである可能性が高いです。

勿論、異動よりも転職をした方が良い場合もあります。社風が合わない、異動するには小さすぎる会社だ、成果物に比べて給与水準が絶望的に低い、等は転職に値する理由です。

もしも現在の仕事が不適切だと考えるのであれば、まずは不服の内容を正しく吟味し、それを解決する異動を試みます。異動で解決しない場合に、初めて転職を検討します。これが社会人として今より幸せになるための、正しく合理的な順序だと考えています。

 

 

関連記事

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。