銀行員が投資信託を勧めてきた場合は、断るのが良い

銀行員が投資信託を勧めてきた場合、断るのが無難な選択です。

銀行の本来の主要な業務は、預金(預金者の資産の保管)を受付け、貸付(個人や企業への資金の貸出)をする事です。ところが、預金者が投資信託を購入すれば、預金額が減ります。銀行の本来の業務を考えると、投資信託の販売はおかしな事です。

もしも確かな貸付先・投資先があれば、銀行は貸付を行い、利益を得ます。逆に考えれば、銀行が預金者に勧める投資信託は、その残滓です。つまり、投資家の利益が期待できないもしくは著しくハイリスクな金融商品です。銀行が販売する投資信託は、高い信託報酬・販売手数料で知られおり、購入者から銀行へお金が流れる仕組みになっています。

銀行員は、誤解を招く表現をし、判断力と理解力の衰えた高齢者を中心に、低品質の投資信託を売りつけます。銀行の勧める投資信託は、不利な金融商品です。原則として断るのがよいでしょう。

最近はマイナス金利の影響で、銀行は預金の残高を減らしたいと考えるようになります。銀行の投資信託販売は、更に加速すると予想しています。尚一層の注意が必要です。

 


タグ: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。