インデックス投資と、そうでない投資の境界線は無い 区別は投資家それぞれ異なります

インデックス投資とは何でしょうか。文字通りに考えるのであれば、インデックス投資は、インデックス・ファンドへ投資を行う投資手法です。

ところが、インデックス・ファンドと直接関係しない投資手法が、インデックス投資の一部分だと考えられ、扱われる事が多くあります。例えばドル・コスト平均法やコンスタント・ミックス型のアセット・アロケーションの構築です。これらの投資手法は、典型的なインデックス投資家が採用しており、インデックス投資と相性が良い投資手法です。そのため、あたかもインデックス投資の一部分だとして扱われる事があります。

実際には、ドル・コスト平均法は、リスク資産の定額積み立てを意味します。インデックス・ファンドだけではなく、個別株でも通貨でも、定額買い付けを行えばドル・コスト平均法です。また、アセット・アロケーションは、インデックス・ファンド以外の有価証券の分類にも利用できます。必ずしもインデックス投資家だけがアセット・アロケーションを構築しているわけではありません。

逆のパターンもあります。インデックス投資家によっては、普通はインデックス投資と呼ぶものを、アクティブ投資に分類する事があります。例えば、日経平均株価連動投信への投資です。時価総額型のインデックス・ファンドとは異なり、日経平均株価は、日本経済新聞社が独自基準で作成したポートフォリオです。日経平均株価へ連動する投信は、かなりの低コストで投資が可能です。にもかかわらず、市場平均とは異なるという理由で、日経平均株価連動投信への投資を、インデックス投資と呼びたがらない立場の人がいます。

また、インデックス投信を激しく売買しながら利益を目論む手法は、インデックス投資と呼ばない人がいます。つまり売買手数料や信託報酬を抑えた低コストの投資手法である事を、インデックス投資の必要条件だと考える投資家がいます。

他にも、パッシブ運用をインデックス投資と呼ぶ事もあります。ところがその反面、タクティカル・アセット・アロケーションや、ダイナミック・アセット・アロケーション、リスクパリティ法は、たとえパラメータに基づき受動的にインデックスファンドの売買を行っていたとしても、インデックス投資とは呼ばれない事があります。

インデックス投資の概念はあやふやです。一般的に共有される定義はありません。比較的多数派の区別の基準として、市場平均を意識するかどうか、低コストがどうか、パッシブ運用かどうか、がポイントとして意識されます。

 

関連記事

タグ: , , ,
インデックス投資と、そうでない投資の境界線は無い 区別は投資家それぞれ異なります” への1件のコメント
  1. タカちゃん より:

    インデックス投資かどうかは、指数に連動させる投資かどうかだと考えています。
    それはCAPMでもAPTでも同じで、例えばAPTならば「ファーマ=フレンチの3ファクターモデル」を使う場合であっても、小型株インデックス(ETF)、バリュー株インデックス(ETF)をバイ&ホールドで使う場合も広い意味ではインデックス投資と言えそうです。

    指数に連動させるかどうかは、そのETFがどの目的なのかが分かれば、インデックス運用なのかアクティブ運用なのかの判断ができそうです。

    例えばGURU(グローバルXグルインデックス)への投資はベンチマークは「SOLACTIVE GURU INDEX」への連動を目指すETFなのでインデックス運用で、単にGURUを買ってバイ&ホールドをする分にはインデックス投資と言えそうです。
    ただ、GURUは今年に入って配当込S&P500に負けています。

    その他にもセクターインデックスETF、高配当インデックスETFなどがあり、これらをバイ&ホールドをする分にはインデックス投資と言えそうです。

    • Kapok より:

      > タカさん

      ご指摘の通り、伝統的資産クラスの指数へ連動させた投資をインデックス投資と呼ぶのが多数派でしょうね。

      逆に、例えばボラティリティ・インデックスと連動する投資(伝統的資産ではない)や、ダイナミックアセットアロケーション(指数には連動しない)での運用をインデックス投資と呼ぶ人は少数派だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。