bashの再帰でフィボナッチ数を計算する

フィボナッチ数を計算するスクリプトを、bashで書きました。

整数を渡せばフィボナッチ数を返します。整数以外のものを渡せばエラーが出力されます。

以下、覚書です。

4行目:
if文の条件は[ ]内に記述します。
②11行目で関数に渡された引数は、$1で取り出せます。

5行目:
①関数の戻り値はechoで出力します。

7行目:
①関数fibの中で、再び関数fibを呼び出す再帰処理をしています。
②``は、内側に記述したコマンドの結果が入ります。
整数計算は、$(())で実行されます。

 

関連記事

タグ: , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。