人工知能のロボットトレーダーは、人間の個人投資家を滅ぼすか?

金融商品の取引は、人工知能が活躍しやすい領域の1つです。株価や企業業績は、データ化・数値化しやすく、コンピューターの強みを活かしやすいためです。

人工知能が発達すれば、人間の個人投資家が利益を得られる余地は無くなって行くでしょうか。私はそうは思いません。数十年後も依然として、活躍する人間のトレーダーは存在すると予想しています。

勿論、コンピューターが有利な領域は存在します。特に株価情報や決算情報を素早く取り込み、売買に反映させる短期トレードは、人間には分が悪そうです。機械の方が早くて正確でしょう。この領域は、機械を利用する立場を取りたいですが、難しいかも知れません。賢いAIは馬鹿なAIと取引して、お金を毟りとります。コンピュター同士の厳しい戦いで、淘汰されないようにするのは大変です。

一方で、常識や体験を利用した連想ゲームは、人間に分があります。コンピュターは人間と比べて常識が欠如しています。会社の発展性などの未来予想(数値を伴わない定性的なもの)は、AIにはまだまだ難しいはずです。ロボットトレーダーと比べ、自分が有利な点はどこですか?こういった問いを持ち、賢くなる事で相場に残り続けたいものです。

 

関連記事

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。