「鉄道員(ぽっぽや)」を読みました

「鉄道員(ぽっぽや)」を読みました

小説「鉄道員(ぽっぽや)」を読みました。感想や関連項目を書き留めておきます。

書籍の構成

短編小説集です。「鉄道員」を含む、全8話で構成されています。

1話1話の長さは、それほど長くはありません。このため時間があまりなくても、1日1話を読み切ってしまう事ができてしまいます。

続きが気になってしまい困る事がないので、本を読むのが得意でない人にもお薦めできます。

 

涙を誘う作品群

泣ける話が多いです。この作品では不器用だが誠実な人々が多く登場します。「鉄道員」の駅長や、「ラブレター」の手紙の送り主などがそうです。

そういう人々が引き起こす奇跡の描写が読者の心の内にある弱さと共鳴します。それが感動の涙を誘うのかと思います。

 

名高い一冊

第117回直木賞受賞作品です。「鉄道員」は映画化もされています。私は小説に詳しくないためよく知らなかったのですが、よく売れた有名な作品です。

確かに良い本だと思いました。名高さも納得の一冊です。

 

リンク・参照

Amazonリンクを貼っておきます。私が読んだのは下記の作品です。

 

関連記事

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。